hiiroさんの映画レビュー・感想・評価

hiiro

hiiro

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.4

最初のトランプのマジックには驚いたが、マジックがCGっぽくてがっかり
全体的にキャラや話の内容が薄かった

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

最初はやたら説明っぽいが及第点
一人一人の描写が少なく、ディレクターズカットも観たいと思った
アクアマンのwhite stripes のBGMがかっこよかった

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.7

実話じゃないと知ると急に話のテイストが変わる

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.6

移民の歌バックの戦闘シーンはかっこよかった
終わり方がなんとも言えない

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.7

スケール感がアップしていたが一作目の方がまとまってて好き
ちっちゃいグルートかかわいい

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.5

ミニオンズはかわいいが寄せ集め感があった。何を描きたいのかよくわからなかった

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.1

人生をただまっすぐに走る
出会いや別れがあって、決められ運命と自分で決る運命があるのが人生だと考えさせられた

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

3.6

推理が少なくて逆におもしろい
ラスト近辺がなんかむちゃくちゃ

ウエスタン(1968年製作の映画)

3.8

なぜハーモニカを吹いているのか…その理由がかっこいい

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.7

王道!アナ雪より話の起承転結があり、おもしろい
ディズニープリンセスではラプンツェルが一番好き

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

4.0

『憎しみは耐えがたいほど重い荷物。怒りにまかせるには人生は短すぎる』ラストのこの言葉が刺さった。

人種差別はよくわからないけど、とにかく考えさせられる作品

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.7

ヘロインまみれの映画
エンドロール前のセリフはずしっときた

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

情熱に触れた映画
オマージュされた作品やjazzにも触れたくなる

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.3

みんな以外といいやつで普通
ハーレークイーンの一人勝ち

>|