FluffyFoxさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

FluffyFox

FluffyFox

映画(189)
ドラマ(0)

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.5

3作の中で最も被害が大きかったが、悪役はベインよりもジョーカーの方が好き。
色々な人が複雑に絡んでるストーリーが面白い。ラストをはっきりさせない所はズルい。
バットマンが素手かバットで戦う事がほとんど
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

今までにないくらいの全面戦争。ほぼ内部の話で、地上戦が多い。へんな生き物もあまり出ない。
パルパティーンが連れ去られ、ドゥークー伯爵をアナキンが打ち負かし、救出するがパルパティーンは暗黒卿だった。パド
>>続きを読む

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

3.6

いくつもの努力と偶然が積み重なって、やっと運命の人と出会うストーリー。出会うまでのもどかしさ、出会った瞬間の安堵感を味わうことができた。
婚約破棄は可哀想だが、世界中でこういう出会いがたくさんあるとい
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

3.2

旅行が逃亡になる話。罪から逃げるには罪を重ねていくしかないのだと分かった。悪くないラストだった。
かなり迷惑をかける二人だが、憎めない。プロでない一般人が仕出かす罪は歯止めが効かない。
ブラッドピット
>>続きを読む

幸せへのキセキ(2011年製作の映画)

3.1

動物園の再建があっさりと出来るように見えた映画。
マットデイモンの格好良さはほぼ消えてしまっていた。スカーレットヨハンソンがサバサバしていて、他作品と比較してギャップがあって可愛かった。
動物園と関係
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

2.8

青春時代で、転機に抱える孤独感と先行き見えない感が伝わる。だが、非現実的なラストには惹かれない。イーニドが迷惑かけてばかりの話。
レベッカとのダブル主演のようでイーニドが中心の映画。二人の毒舌が面白か
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

3.4

社会を変えるためには、まず誰かが立ち上がって行動を起こさないといけないのだと分かる映画。犠牲が出ることを覚悟して、それでも闘う勇敢さが良かった。
それにしても、南部では60年代でもここまで黒人差別があ
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

3.7

登場人物が綺麗に繋がってくれるストーリー。無駄なキャストが居ない。
景色が綺麗な所へ行く為、壮大さが気持ちいい。
夢オチが嫌いだから、夢オチでないことを祈り、ヒヤヒヤしながら観た。
主人公のはっきりし
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.1

映画の主なストーリーが、グランドブダペストという本の内容の、その作家がゼロ・ムスタファから聞いたムッシュー・グスタヴの事柄という面倒くさい構成。
題名からホテルの中の話だと思っていたが、そこで働く一人
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.8

マットデイモンがひたすら格好いい。
記憶喪失の中逃亡する部分が半分以上を占めている。ボーンへの同情心がある分、アクションシーンではさらに彼を応援したくなる。
種明かしの内容が思った以上に薄かった。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アナキンが成長し、命を狙われるパドメの護衛になる。暗殺者を追ったオビワンがクローントルーパーを発見。オビワンとアナキンでドゥークー伯爵と戦い惨敗しアナキンは右手を失う。ヨーダは互角。アナキンとパドメが>>続きを読む

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

4.7

とにかく、音楽音楽音楽。
オーガストの才能と次々に起こる奇跡は、現実ではありえないだろうが、映画の世界では許容範囲内。
音楽に導かれる姿がロマンチックで素晴らしい。
奇跡を願いながら観て、結末のシーン
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ダースベイダーがルークを必死になって探す、ルークはヨーダから修行を受ける、ダースベイダーと戦うが右手を失い事実を告げられる。ハンソロが連れ去られる。
アクションシーンが多かった。個人的にはもう少しスト
>>続きを読む

恋人はゴースト(2005年製作の映画)

3.9

純愛さにうっとりする映画。
展開はオーソドックス。
この時代では最先端な音楽も、今聴くと古く味が出ていて好きだった。
マークラファロが若い頃の作品は観たことがなかったが、適役だった。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

スターウォーズシリーズの冒頭の説明がほぼ全てを占めている印象を受けた。
クワイガンとダースモールが戦い、クワイガンが亡くなる。
前作と比べて映像のクオリティが急に上がった。C-3POとR2-D2の出会
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.4

トニーとドクターの友情物語。
色々正反対の二人が出会うことで、自分が持っていない良い部分を互いに吸収し合う所が良い。友情は尊敬から生まれることが分かり、人生が豊かになるとはこういうことだと思った。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.3

VRの最先端映画。自分もゲームに参加してみたくなる。ストーリーは大体予想していた通り。CGのシーンの割合が高い。
登場人物とそのアバターの名前を両方覚えないといけないから大変。会話の中で第三者の名前を
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

夢に生きる女の話。
ビョークが自分勝手にしか思えなかった。せっかく周囲が優しくしてくれているのに、遠慮しているのかそれに全然応えずかえって迷惑をかけてばかり。
裏切られたのに約束を守ろうとする変なこだ
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

現実味がない部分が多いのに、ジョージクルーニーと離れ離れになって彼が助からないという部分だけは何故かやけに現実的。二次災害は恐ろしいと思った。
宇宙ものの映画を作れば何でも面白くなるわけではない。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

ヨシカの恋愛物語。
感性のまま生きる良さを見れた。
もう少し衝撃的なラストを期待していたから残念だった。歌うシーンは好きじゃない。特にグッとくる部分もない。
とにかく松岡茉優が可愛いかった。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ハンソロを救出、ヨーダが亡くなる、ルークはアナキンとレイヤとの関係を知る。ルークとレイヤとハンソロと原住民族たちでデススターを破壊、ダースベイダーがルークを助けて亡くなる。
エピソード4、5と同じく今
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

3.4

残虐。事実としては知っていた時代だが、映像で観ると衝撃が突き刺さる。同じ地球上で実際に起こった事だと信じられない。
シンドラーが最初から善良な人でなかった事が意外だった。普通は残酷さに慣れていってしま
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

4.4

戦闘で攻撃されて死にどんどん近付いていく姿や、一人のために大勢が立ち向かう姿で、戦争で命を守る事がどれ程大変かを知った。
短期間の出来事を事細かに記していて、緊迫感や残酷さがよく伝わる。
また、差別と
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.0

ルークがジェダイになる決心をして、オビワンとダースベイダーが戦う話。
古い作品ということもあり、クオリティが低い。時代を考慮すれば完成度は高いと思う。
物語や感情の表現がシンプルで、物足りなさを感じて
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

2.6

差別問題か恋愛かブロークバックマウンテンの美しさか、何を一番伝えたいのかがいまいちよく分からない。生きにくい状況で不幸だなと思った。感動するような話ではなかった。
物語がゆっくり進む為、観ていて飽きて
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

3.7

前半はじめっとしたミステリーで、後半に急にSF映画になるから戸惑う。一貫性がない。
デンゼルワシントンが無茶苦茶だが、ストーリーは面白い。
ただ、ラストが少し腑に落ちない。ハッピーエンド感を出している
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.2

二人の恋愛物語だと思っていたが、序盤でそうでないとナレーションに否定された。
恋は盲目、好きになってしまったら誰にも止められないということがよく伝わる。
サマーのデリカシーがなさすぎてトムが可哀想だっ
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.7

第二次世界大戦が舞台という設定から興味深い 。スティーブロジャースの元のスペックがあまり高くないという所が良い。また、彼の感情の変化がストーリーを面白くさせる。
アベンジャーズを観る欲をかき立たせるラ
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.3

良い意味で、72年の映画のクオリティではない。
これぞアメリカのマフィアという感じがかなり伝わってくる。人の繋がりを大切にするゴッドファーザーの偉大さに感心。個人的にはもう少し彼の仕事が見たかった。
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

2.6

設定の時点で衝撃的な為、そこからどんなストーリーになっても驚きがない。残酷な世界に心を痛める。
主人公が割と冷静で「わたしを離さないで」感があまり伝わらなかった。多分原作の小説を読んだ方が面白い。
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.6

前作よりもハイテクさが増した。戦う度に新たな武器や戦術が出る為、アクションシーンが面白い。前作と異なるタイプの悪と戦うストーリーも良かった。
様々な部分で変化が連続して起こり、内容をかなり詰め込んでい
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

2.9

この辺りのアメリカ歴史に興味が無いと、楽しく観ることはできない。
メリルストリープが見どころをほとんど持っていってしまい、トムハンクスの影が薄く感じる。
ラストのウォーターゲート事件を示唆するシーンは
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

想像していた、ありがちな走り屋の話ではなかった。主人公の心情とその変化が見られて面白かった。守りたい人がいて、その人の為にする行動は格好良い。
ドライブや乱闘のシーンが、ベイビーの聴く曲と合う作りが観
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

5.0

好きな人を幸せにする為に、最善の策を取ったラストの切なさが良かった。映像特典で、他の2パターンのラストも観たが、オリジナルのもので良かった。
人生を何度やり直すことができても、希望していた通りには進ん
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.0

かなりのメンヘラ。落ち込んでいる時に観ると心が保たなくなりそう。
第1章が一番好き。無知で、ただ好きという想いだけで行動する所が良い。再会のシーンは涙無しでは見れない。
第2章は切なすぎて辛い。
第3
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.6

長すぎて疲れるが、飽きずに観れた。
よくこれで映画が成り立ったなと思うくらいくだらないシーンだらけ。
ストーリーは重たい。子供は愛情を持って育てないといけないと思う映画。
俳優たちの本気の演技が見れる
>>続きを読む