HirokoShiraishiさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

HirokoShiraishi

HirokoShiraishi

映画(222)
ドラマ(5)

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.5

「君の名は。」のときは気づかなかったけど風景めちゃめちゃきれいすね…。

プロメア(2019年製作の映画)

3.0

話題のようなので観てみた。
悪役の見た目の印象に比べて声が高いのが気になったけど、声が低いからああやって首を太くしたという話もあるらしく、劇場の音声の問題なのか私の耳の問題なのか…?

アラジン(2019年製作の映画)

3.5

絵本も読んだことないのに観てみた。
なんかちょっと不思議な感じ??

HOMIE KEI チカーノになった日本人(2019年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリー作品としておもしろいのかよくわからないけど、笑顔で話される内容がすごかったですね…。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.1

痛快クライムエンターテイメントかと思ったら痛烈な現実を突きつけてくるやつだった。
他人ごとじゃないぞという厳しい姿勢と、それでも人生は続くという包容力を感じる。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.1

“過失”の責任、チーム内での衝突。相変わらずすごいテーマ扱うなあ…。
エンドゲーム以後、遡ってシリーズを見返してる中でどんどんキャップに思い入れが強くなっていくなー。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

-

2回目。音楽のことしか覚えてなかったな…。
最後の踊るグルートに泣いちゃう。

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.5

おもしろかった!
最後の歌謡曲みたいなのなんだろ〜と思ったら、ジャッキーはいつも歌うのかー。

RBG 最強の85才(2018年製作の映画)

4.0

映画として良いのかどうかわかんないけど とにかくこの人がすごい。

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

-

2回目。でもこれもさっぱり覚えてなくてビビる。何を観てたんだろう…。

ある日どこかで(1980年製作の映画)

-

エンドゲームでキャプテン・アメリカの関連と聞いて。

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

-

2回目鑑賞。ブラックウィドウの椅子のとこしか覚えてなかったな…。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

-

人の顔がいまひとつ見分けられないので、途中でブルーさんとグリーンさんはどちらがどちらだかわからなくなりましたね…。

シャザム!(2019年製作の映画)

4.0

別人になりたい願望って、今の自分ではいなくなりたいってことなんだよなー。
シャザムにはどんな力があるのか、それをどうコントロールするか試すふたりが愛くるしい。
シャザムが大人の姿なのは、いま鬱々と暮ら
>>続きを読む

スプリング・ブレイカーズ(2012年製作の映画)

3.0

犯罪者に犯罪を犯す前の話を聴く本があったような覚えがあるけど題名がわからない。その本のことを思った。
思い出作りのつもりだったのに、束の間でなく それが生活になる。戻れないところに行ってしまう。
映像
>>続きを読む

レゴ(R)ムービー2(2019年製作の映画)

3.5

シリアスではないアプローチで争いを描くの、それはそれで知性〜〜という感じ。

岬の兄妹(2018年製作の映画)

4.5

この内容の作品を、ショッピングモール併設の映画館がかけてることにも感動する。

テキサスタワー(2016年製作の映画)

4.0

しんどいドキュメンタリーばかり観ていたので、この切り口に驚いた。他のドキュメンタリーも根本はこういう気持ちの上に、それぞれのやり方なんだろうな。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.5

めっちゃおもしろかったスゲーわ そりゃグリーンブック受賞にキレるわ。
でもどちらの切り口も好きだよ。

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.5

意思の疎通ができない前提の関係性で、意思の疎通をはかろうとするものが好きなんですよね…。
バンブルビーかわい〜い!!

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.6

評判がいいのでちょっと期待値あげすぎたかなーと思ってたら、何かのラストについてた予告のとこになってからどんどんおもしろくなった。
Netflix「ラブ、デス&ロボット」同様、今のアニメの最先端という感
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

4.0

VRか?ってくらいの臨場感。
すごかった…。
Netflixのほう観てたのでだいたいわかった上で観られてよかった。

ビハインド・ザ・カーブ -地球平面説-(2018年製作の映画)

3.5

与えられた情報を鵜呑みにせず自ら思考することは大事だと思うけど、信じようとする頑なさと愚かさは紙一重なのか。