himacoさんの映画レビュー・感想・評価

himaco

himaco

大好きな作品のフライヤーに囲まれた生活。
いつかはミニシアターのような雰囲気の部屋にしたい。

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

3.6

12歳の春、団地から一生出ないと宣言する悟。

団地のCMでも「団地の外に出なくても、ほらここだけで一生暮らせちゃうんです」と言うだけあって、何でもある。
八百屋、肉屋、衣料品店、本屋、理髪店、ケーキ
>>続きを読む

フォーン・ブース(2002年製作の映画)

3.6

ニューヨーク8番街53丁目角の公衆電話。

口先だけの宣伝マン、スチュは何本もの電話を調子良くさばきながら街を歩く。
仕事がひと区切りした所で、新進女優のパムを口説くためにいつものように公衆電話から電
>>続きを読む

さよならみどりちゃん(2004年製作の映画)

3.8

西島秀俊が出てる作品の中で一番好き。
ふと思い出しては、ろくでもない西島秀俊が観たくなってしまう。

本命の彼女のいるユタカ。
いいかげんなユタカ。
自己中なユタカ。
気のない返事をするユタカ。

>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.6

12歳のスピヴェット。彼は天才。
弟を亡くしたことによって自分の居場所を見つけられないでいる。

ある日、スピヴェットの発明が受賞したとの連絡が届き、家族にも内緒で授賞式に向かうスピヴェット。
電話で
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.4

ジャズ・トランペット奏者であるチェット・ベイカーの伝記的作品。

ドラッグに溺れ、転落していく人生。
女優ジェーンとの出会い。

車を停め共に過ごす2人の映像がとても素敵。

再生をかけたステージ。
>>続きを読む

ドラッグストア・カウボーイ(1989年製作の映画)

4.4

1970年代、オレゴン州ポートランド。
麻薬常用者のボブ(マット・ディロン)、ダイアン(ケリー・リンチ)、リック(ジェームス・レグロス)、ナディーン(ヘザー・グラハム)の4人はドラッグストア荒らしをす
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.6

旅行に出かける途中に起きた出来事をきっかけに、その旅は逃避行となる。

無防備さえも魅力的なテルマ(ジーナ・デイヴィス)と親友で姉御肌のルイーズ(スーザン・サランドン)

2人のキャラがどこか「モンス
>>続きを読む

ルーキー・ハウス・ガール(2011年製作の映画)

3.5

パッケージと邦題がイマイチダサくてなかなか手に取れなかった作品。

生活のために高級別荘で家政婦のバイトをすることにしたキム(フェリシティ・ジョーンズ)は、仕事の空いた時間にスノボを教えてもらうことに
>>続きを読む

フルスロットル(2013年製作の映画)

3.6

ポール・ウォーカー最期の主演作。

盗まれた爆弾を取り戻すため、暴力とドラッグの無法地帯(通称ブリックマンション)へ潜入するダミアン(ポール・ウォーカー)
案内役に選ばれたのは、ブリックマンションで生
>>続きを読む

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

3.6

アメリカ中西部のミズーリ州オザーク高原に住む「ヒルビリー」と呼ばれる人々。
法律よりも独特の閉鎖的な「掟」が重視される。

麻薬密造で逮捕され、保釈中に失踪した父を捜す娘リー(ジェニファー・ローレンス
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.8

女の子みたいでからかわれてばかりのダニエルと変わり者の転校生テオ。
意気投合した2人は自作の車で夏休みの旅に出る。

2人なら知らない世界も怖くない。
トラブルも乗り越えて深まる友情。

テオみたいな
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.2

誰もが耳にしたことがあるだろう『君の瞳に恋してる』『シェリー』はここから生まれた。

60年代アメリカ、ニュージャージー州で結成された実在の4人組グループ、ザ・フォー・シーズンズ。

フランキーの歌声
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

3.8

クリスマスに毎年のようについ観てしまう「グレムリン」と「シザーハンズ」
昭和ですね。

鼻がピクピク、ハミングするギズモがかわいすぎる。そして割と困り顔。
ぬいぐるみとかTシャツとかつい買ってしまった
>>続きを読む

ゲッタウェイ スーパースネーク(2013年製作の映画)

2.8

誘拐された妻を救うために誘拐犯からの指示通りに盗んだ車を走らせる元レーサー(イーサン・ホーク)それに同乗する車の持ち主という少女(セレーナ・ゴメス)。

車載カメラの映像、派手なカーチェイスはハラハラ
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.6

量り売りのカラフルでポップなお菓子を眺めてるような映像で、お菓子の甘い匂いが漂ってきそう~

ウォンカチョコレートの封を開ける時のあのワクワクを楽しんだら、テーマパークのような工場見学に出発!

ただ
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.2

都会で犯罪を繰り返し逃亡している伊豆見(林遣都)は、山道で怪我をしたスマ(市原悦子)を助けたことをきっかけに、スマの家へ身を寄せる。

村で採れた物で食事の差し入れをしてくれる近所の人達。
仕事を与え
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

4.2

熱心なカトリック教徒のマクナマス兄弟。
神の啓示によって悪を裁く。
『父と子と聖霊の御名において。。』

バイオレンスなシーンも多いけど、それよりもカッコ良さが勝るし、兄弟の会話にはニヤニヤさせられる
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

3.6

フェリー爆破事件によって543人の命が奪われた。そして付近で見つかったクレアという女性の遺体。

捜査官のダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)はクレアから犯人への手がかりを見つけ、4日前の映像が見ら
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.4

やっと観てきた!

ここまで予告編も数回しか見ず、レビューも見ないようにして我慢してやっと迎えたこの日。

爆音とカメラワークにちょっと喰われ気味になりながらも胸が躍る。
キレッキレのアクションシーン
>>続きを読む

パパのお弁当は世界一(2017年製作の映画)

4.2

Twitterに投稿された高校生活最後のお弁当。実話に基づいた作品。

両親が離婚し父親の元で暮らす高校生の娘みどり。
娘のお弁当を毎日作ると宣言する父。

実話なので驚くような展開もなく、日々作って
>>続きを読む

テイカーズ(2010年製作の映画)

3.4

オシャレでリッチな強盗集団の5人。

そこに出所してきた元仲間が新たな計画を持ちかける。
その時点でなんかイヤな予感がするし、そりゃそうなるよね?的な展開へ。

個人的にはポール・ウォーカーが出てると
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

4.2

『この作品のテーマは体を捧げるということだ』
監督と語ったジェイク・ギレンホールの肉体改造がまずは素晴らしい!

最愛の妻を失ったボクシングチャンピオンのビリー・ホープ。自暴自棄になり全てを失うことに
>>続きを読む

海辺の家(2001年製作の映画)

4.4

長年務めた会社を解雇されたジョージは今の家を建て直すことを決意。別れた妻と住む息子のサムをひと夏預かることに。

家を壊し建て直す作業は、過去のわだかまりを壊し、未来へと新たに再建する作業。
父と息子
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.2

クエンティン・タランティーノの才能に圧倒される。
音が割れたようなオープニング。
突然途切れる画面や映像の乱れが、これ古い映画だったっけ?と思わせる。
話し手の目線が交互に遠慮なく切り替わるショットも
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.4

時間は美しく残酷。

愛に溢れ見つめ合う瞬間も、愛を見失い目を逸らす瞬間も全てが同じ線の上にある。

あからさまに笑わなくなっていくミシェル・ウィリアムズを観るのが辛かった。
でも、それが女性なんだよ
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

4.0

ロリータファッションなのに冷めてるももこ(深田恭子)と、ヤンキーなのに無駄に話が長く熱く語るいちご(土屋アンナ)

決して生まれるはずのない友情が2人に芽生える。

出てくるキャラどれも濃くていちいち
>>続きを読む

ブローン・アパート(2008年製作の映画)

2.6

ミシェル・ウィリアムズとユアン・マクレガーの組み合わせ!!

と思ったけどストーリーに入り込めない。

夫と息子がスタジアムで爆破テロに遭った時刻、妻は。。

テロ犯の息子との絡みがあったり、展開が盛
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

5.0

ワイスピ好きすぎる!!

シリーズ通して一番好きなMEGA MAX。
初期ファミリーの集結がむちゃくちゃ好きで、もう10回以上は観てるな。

裏切ったかと思われてたヴィンスが残した息子に付けた名前、ニ
>>続きを読む

運動靴と赤い金魚(1997年製作の映画)

4.0

家が貧しく、妹ザーラの靴を失くしてしまったことを言えない兄アリ。

兄妹が靴を履き替えるために一心不乱に駆ける姿がたまらなく健気だ。

ある日、運動靴を手に入れるチャンスが!
県内のマラソン大会の3等
>>続きを読む

ルームメイト(1992年製作の映画)

3.3

恋人と別れ、新たに同居人を探すアリー。
地味でおとなしそうなヘディと同居を始めるが。。

赤いショートヘアのブリジット・フォンダの美しさにうっとりしつつも、ストーリーは背筋がひんやりする展開へ。

>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.6

実話に基づく作品だというけど、フィクションであってほしいと思うほどの暴力と恐怖。

ピエール瀧とリリー・フランキーが狂気にまみれている。

薄ら笑いを浮かべるリリー・フランキーに気づかれないように、こ
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.0

オープニングからカッコよさに痺れる。
この曲が流れるだけで胸が高鳴る。

それぞれに与えられた色での呼び名。
それに関してあーだこーだ。
朝食でもチップを払う払わないで揉める。宝石強盗に行く前とは思え
>>続きを読む

クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)(2013年製作の映画)

2.0

世代交代した鈴蘭、弱なってない??

鏑木(東出昌大)は、リーチが長いせいか大振りでスピードがないし、加賀美(早乙女太一)は、なんかうさんくさい。

今回、まともなの強羅(柳楽優弥)だけじゃないかなぁ
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.6

実話から生まれた作品。

マルコに愛を与えることで自分たちも満たされていくルディとポール。
マルコの誕生日の幸せに満ちたホームビデオはもう本物の親子でしかない。

そこに立ちはだかる法。

「一人の人
>>続きを読む

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

3.6

「アルゴ」のベン・アフレックからたどり着いた作品。
ベン・アフレックの初監督作品だった。

重い。終始重苦しく、後に引きずる。

少女誘拐事件を担当した私立探偵、その事件の真相と結末。

何が正義か、
>>続きを読む

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

3.3

閉ざされた小さな村で暮らす人々。
森には「彼ら」と呼ばれる怪物がおり、境界線を越えて森に入ってはいけないという掟があった。

鮮やかな黄色のマント、不吉とされる赤い実、そして湿った土の匂いが漂うような
>>続きを読む

>|