himacoさんの映画レビュー・感想・評価

himaco

himaco

大好きな作品のフライヤーに囲まれた生活。
いつかはミニシアターのような雰囲気の部屋にしたい。

映画(787)
ドラマ(0)

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー/純愛日記(1969年製作の映画)

4.2

視界の隅にお互いの姿を残しつつも、かけられない一言がもどかしい。

見つめ合える相手を見つけた少年少女と、孤独を深めていく大人たち。

大人たちの遠慮のない言葉に大人にならざるを得ない少年少女が、2人
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.8

利益優先がもたらした人災。
利益、効率をあげるために出されるGOサインが作業員126名の運命を変える。

序盤からギィー、ギギィーーと軋む金属音は、それだけで気味が悪い。

そして起こる爆発。
熱風と
>>続きを読む

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ(1989年製作の映画)

4.4

ジャケ借りして大正解!
このポスター欲しいっっ!!

ツンドラ地域の荒野で活動するバンド
“レニングラード・カウボーイズ”
真っ直ぐ前にとんがったリーゼント、同じように細長くとんがった靴、黒のスーツに
>>続きを読む

ザ・ドライバー(1978年製作の映画)

3.8

役名、セリフ、音楽。
とことん削がれて残る渋さ。

冒頭からセリフも無く数分間に渡るカーチェイス。
ポーカーフェイスでパトカーを振り切るドライバーにシビれる!

そして無表情に目の際をぐるりと囲んだア
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

4.2

親としての覚悟を求められるようなこの作品。“観て”とは気軽には言えない。

突然母になったことへの戸惑いと諦め。
生まれた息子はお腹の中にいる時からその気持ちを感じていたのだろうか。

世界を飛び回り
>>続きを読む

アイドルワイルド(2006年製作の映画)

3.8

禁酒法が施行されている1930年代のアメリカ南部アイドルワイルド。
ギャングの叔父に育てられたルースターはクラブ“チャーチ”のナンバーワンシンガー。
彼の幼なじみであるパーシヴァル。昼は厳格な父の葬儀
>>続きを読む

リプリー(1999年製作の映画)

4.0

ずる賢い雰囲気たっぷりのマット・デイモン。こういう役でイラつかせてくるとこ、ほんと好きです。

富豪のグリーンリーフ家の息子ディッキー(ジュード・ロウ)を連れ戻すため、イタリアに渡ったトム・リプリー(
>>続きを読む

デトロイト・ロック・シティ(1999年製作の映画)

4.4

“世界一ホットなバンド!”
“KISS!!”
明日の夜は待ちに待ったKISSのライブ!と盛り上がるレックス、ジャム、ホーク、トリップの4人。

しかし。。。
ジャムが持っていたチケットがKISSを悪魔
>>続きを読む

プチ・ニコラ(2009年製作の映画)

4.6

弟が生まれたらママとパパを独占されて、自分は捨てられるかもしれないという不安から、なんとかしなくちゃ!!と焦るニコラ。

ニコラを救うために仲間も立ち上がり、秘密の作戦が繰り広げられる!

その作戦の
>>続きを読む

ディス/コネクト(2012年製作の映画)

3.6

リアルでぶつかることの大切さ。

日常の生活で希薄になった人間関係が、1つの事件をきっかけにそれぞれに突きつけられる。

今までおざなりにしてきたコミュニケーションのせいで、事件によって初めて知る事実
>>続きを読む

ムーンライト・マイル(2002年製作の映画)

4.6

素晴らしいエンディング!
丁寧で抑えた演技に、観る側の感情が逆に溢れ出す。

大切に想い合う人たちが悲しみ、真実を乗り越えた先に辿り着いた場所。

結婚式を3日後に控え、発砲事件に巻き込まれ命を落とし
>>続きを読む

ロスト・メモリー(2012年製作の映画)

3.4

地味に怖えぇ。。。

どんよりとした空と寒々しい景色。

勤め先の病院で幼い頃の親友クラリッサと再会したハンナは、昔訪れた事のある島へ娘のレアを連れ3人でバカンスに出掛ける。

島で懐かしいアルバムを
>>続きを読む

ミュージック・フロム・アナザー・ルーム(1999年製作の映画)

3.6

あ~好きだ、この不器用ぐあい。

5歳のダニーは感謝祭で父親に連れられて行ったスワン家で出産を手助けする。
無事に産まれた女の子アンナを見て、この子と結婚すると宣言するダニー。

何しろ“運命”を信じ
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.8

ムッキムキのバッキバキ!
それも程よくテカってるよね~
そして健康的なナイスバディの美女たち。

寒い部屋もフロリダのビーチの暖かい空気で満たされて、気も緩む。

ところどころにナイスな音楽とスローモ
>>続きを読む

バニシングIN TURBO(1976年製作の映画)

4.0

ポルシェがロールスを追っかけてー
チャージャーがロールスを追っかけてー
みんながロールスを追っかけてー
全部が最後にスクラップ。

もうほんと、豪快!としか言い様がない。

なんの緊迫感も罪悪感も無い
>>続きを読む

崖っぷちの男(2011年製作の映画)

3.8

後半の畳み掛けてくるような展開に思わず、おぉ~!!となる。

ホテルの窓の外に立ち、飛び降り自殺をほのめかす男。
注目を集める男は一体何者なのか?目的は?

大勢の警官やマスコミが陣取る、男から遥か下
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

衝撃的なオープニングに思わず停止ボタンに手が伸びた。
メンタル、体力共に余裕のある時でないとこの息詰まる116分は乗り切れない。

人としての暖かみが全く感じられないスーザンのファッションやメイク。
>>続きを読む

COMET コメット(2014年製作の映画)

4.2

翌日まで引きずる余韻は時差ボケなのか。

ジャケ写に一目惚れして、何度も手に取っては棚に戻していたこの作品。
素敵なレビューに後押しされて、デルとキンバリーが出逢った彗星の夜にようやく辿り着けた。
>>続きを読む

再会の街で(2007年製作の映画)

4.2

9.11で妻と3人の娘を亡くしたチャーリー(アダム・サンドラー)
過去を封印するチャーリーの力になりたいと行動する大学時代のルームメイト、アラン(ドン・チードル)

“急いでいたから つい どなっちま
>>続きを読む

バルフィ!人生に唄えば(2012年製作の映画)

4.0

笑えて泣ける151分。
“バルフィ~~”と彼の真似して言いたくなる。

聞こえない話せないお調子者のバルフィ。
資産家の男性と婚約している美しいシュルティ。
バルフィの幼なじみで自閉症のジルミル。
>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

4.0

ルーニー・マーラの演技にどっぷり引き込まれていく。

鬱で処方された新薬の副作用により夫を殺してしまった妻と、薬を処方した医師。

妻は有罪になるのか?
医師に責任はあるのか?

淡々と静かに進む時間
>>続きを読む

ボーン・トゥ・ダンス(2015年製作の映画)

3.6

ニュージーランド。
2pkというチームでダンスに明け暮れるトゥは、動画を見た別のチームから突然誘いを受ける。

ダンス映画を観続けたせいでストーリーの展開はかなり掴めてきた。

まずベースとなるチーム
>>続きを読む

がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン(2005年製作の映画)

3.6

気になってて、やっと借りれた!と思ったらリメイクの方でした。。
オリジナルを知らないのでこれはこれで充分楽しめた。

弱小少年野球チーム“ベアーズ”にビール片手にやってきた監督のバターメイカー。
監督
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.8

父さん、母さん最高!!
言葉のひとつひとつに愛がこもっている。

万博博覧会が開催された1970年。
三姉妹のそれぞれ複雑な恋愛模様や、末息子の時生の問題、そして焼肉店。

次女井上真央の恋人、大泉洋
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.6

1作目よりもいい!!

更に愛らしく、パディントンの奮闘する姿にウルっとくるのは、もはや親心に近い。

落ち目の俳優役のヒュー・グラントの扱いが、これまた雑で笑える。
ヒュー・グラントの全盛期を知って
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.4

モフモフの愛らしさとクルクル変わる表情にハートを鷲掴みにされた~
鑑賞後の幸せ感がたまらない。

自分の本当の名前を“クマ語”で言う時が可愛すぎて、何度も何度も巻き戻して観るからなかなか先に進めなかっ
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

たるんだチャニング・テイタムも悪くないな~

“カ~リフラワー”と真似して言いたくなるほど、犯罪モノなのになぜかゴキゲンになってしまう楽しさに豪華キャスト。
会話のやり取りもゆるっとしててイイ!

>>続きを読む

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)

3.8

“万能リモコン”
電化製品はもちろん、人や時間の流れまで操作できる新製品のリモコン。

いや、私は絶対そんなの使わない!!とまでは言いきれないほどなんとも魅力的。

でも巻き戻したからって改めて何かを
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

不穏な空気と神経を逆なでするような音楽にしっかりとやられる。

それ以上に、金属スプーンが苦手な私にとってはかなりトラウマになる作品。

帽子かぶった黒人のローガン。
なんか見覚えある~と思ったら『シ
>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

4.0

雪崩とともに崩れていく、信じてきた家族のカタチ。
こ、怖すぎる。。

不信感は子供や他人までをも巻き込み、観ていて居心地が悪い。
トマスの往生際の悪さと、エバの容赦の無い追い込みに、早く収束してくれ、
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

敵である日本兵も含め75人もの負傷兵を救出したアメリカ軍、衛生兵のデズモンド。

父は『アメリカン・スナイパー』や『マイ・ブラザー』のように戦争でのPTSDに苦しむ元兵士。

戦争ものでは武器を手に勇
>>続きを読む

ブラス!(1996年製作の映画)

4.4

炭鉱の閉鎖が相次ぐイギリス。
“グライムソープ・コリアリー・バンド”の実話を元にした作品。

仕事、音楽、仲間、家庭生活。
全て揃えて叶えることが出来ない切実な状況に追い込まれていく炭鉱夫たち。

>>続きを読む

チップス 白バイ野郎 ジョン&パンチ再起動!?(2017年製作の映画)

3.8

色んな意味の“アイタタ。。”にジワジワ笑いが止まらない。

警察への潜入捜査に向かったFBI捜査官のパンチョレロ。
コンビを組むのは元モトクロス選手だった新人警官ジョン。
『エンド・オブ・ウォッチ』か
>>続きを読む

列車に乗った男(2002年製作の映画)

4.6

さびれた街で列車を降りたミランはアスピリンを買うために立ち寄った薬局で初老の元教師マネスキエと出会う。

見るからに訳ありげなミランと真面目に歩んできたマネスキエの数日間。
会話、目線ひとつひとつに込
>>続きを読む

ホワイト・ライズ(2004年製作の映画)

4.0

時系列が込み入っていて1度では完全に繋げるのが難しいけど、かなり好み。
恋心の切なさと危うさ。

突然姿を消した恋人リサの姿を偶然見かけたことから、現実と記憶の間に飲み込まれていくマシュー。

聞き覚
>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

3.6

凄まじいインパクト!
まさしくブラックコメディ。

良き妻良き母のビバリーを一瞬にして殺人鬼のシリアル・ママに豹変させてしまうキッカケがあまりにもブッ飛び過ぎ!
ルールと常識は早いうちに身につけておか
>>続きを読む

>|