himajinさんの映画レビュー・感想・評価

himajin

himajin

見た映画メモ。見たい映画や大作、名作っぽいのは後まわしにして、駄目そうな映画をついつい見てしまうあるある。映画見てない時は海外ドラマかSNL消化中。

1.0〜駄作
2.0〜つまんない
2.5~イマイチ
3.0〜まあまあ~普通(レンジ広め)
3.5~良作
3.8〜佳作
4.0〜秀作
5.0 オールタイム・ベスト

☆無し 見たけど忘れたor評価保留

SING/シング(2016年製作の映画)

3.3

声のキャストの詳細を知らないまま鑑賞。ミャージカル好きなので、楽しかった。謎のきゃりー風アイドル集団も日本人的には嬉しいサービス。
ベック・ベネットが出てたのが個人的には嬉しい。マシュー・マコノヒーと
>>続きを読む

ミッシング ID(2011年製作の映画)

2.5

トワイライトのご褒美映画。テイラー君、アクションはいいけど、いかんせん演技ひどすぎる。脇にそこそこ良い役者揃えてもらったのに残念な出来。シナリオもあまりに雑な展開で、CIAがおマヌケすぎてびっくりする>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

3.0

柳の下からどじょうがこんにちはと言ってるに違いないリーアム・ニーソンがかっこいいおじさん映画、ボーン・アイデンティティ風。
雑な展開はあるものの、そつなく作ってあって、スッキリ楽しめる。
画面に映って
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.0

動機がなんだかなぁだったけど、スリルはあった。ま、そもそもリーアム・ニーソンがかっこいいおじさんなら無条件成立みたいな映画なので、メンツ的に犯人は誰でもいい感じ。
ジュリアン・ムーアは仕事選んでるのか
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

2.8

とりあえずメキシコは恐ろしい所。島国日本安全すぎる。
映画とかドラマのCIAの工作ってこんなんばっかなので、目新しさは特にない中で、デル・トロが単なる捨て駒キャラじゃなく、ともすると主役を食う活躍ぶり
>>続きを読む

フラッシュバック(2008年製作の映画)

3.0

青年時代の役の人、よくぞ探し出したしたなー。ダニエル・クレイグの面影あって良いキャスティング。

自分(とその相手)しか知らない過去のしょうもない失敗や馬鹿をハッと思い出して、頭ゴンゴン、アーアーした
>>続きを読む

ルルドの泉で(2009年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

3度目かな?
フェリチタが聴きたくなって。
何度も見れるのがフランス映画の良い所。
人間ってその時々でいろんな感情がいろんな振幅であるもんだっていう心の機微を捉えた作品かなと。人間の残酷な部分を描きな
>>続きを読む

フォー・ウェディング(1994年製作の映画)

3.2

for weddingをカタカナにしただけのタイトルだと思ってたら、四つの結婚(と一つの葬式)とな。なるほど、じゃあ、そういう系のオムニバス映画ねと思ったらそうでもなく。
主人公二人とも、結構なきわど
>>続きを読む

カイロ・タイム 異邦人(2009年製作の映画)

3.8

究極のnothing happened。
二者間の絶対的な隔たりと、通り過ぎて行く人だからこそ出来る恋と流せる恋を描いた作品。
ピラミッドのシーンの美しさとその後のエレベーターのシーンがなんとも突き刺
>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.0

痛いところ突いてるけど、最後らへんは結局ファンタジー。ま、そういう映画だから仕方ない。
主軸がジニファー・グッドウィンなので、やや華やかさに欠ける。
イメージ先行の典型的な役を素直に演じるスカジョとブ
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.8

純愛押しのボーンアイデンティティ風コメディ?
でも笑いどころが少ない気が。
主演の二人の相性は良い。
共にナーバスなのがお得意なので。
ただし、クリステン・スチュワートのソレがコメディになっていたかと
>>続きを読む

砂上の法廷(2015年製作の映画)

2.8

タイトルがネタバレ全開な気もする。
The whole truthという同名の法廷ドラマがあって、ジェリー・ブラッカイマープロデュースなのに6話くらいで打ち切られちゃったのを思い出す。
そのドラマも判
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

3.0

ジュール・ベルヌの地底旅行の映画化というよりは、ジュール・ベルヌの地底旅行を原作としたセンター・オブ・ジ・アースの世界へようこそ、なんならアトラクションもあるよ、な映画。

香取慎吾ってブレンダン・フ
>>続きを読む

トゥー・ウィークス・ノーティス(2002年製作の映画)

3.3

気楽に見れるラブコメ。
キャラが立ってておもしろかった。
サンドラ・ブロックは出来すぎるGIRL NEXT DOOR。
ヒュー・グラントは安定の憎めない駄目男。
この映画のプロットまんまの韓国ドラマを
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

予告のradioheadで食いつく。ベン・アフレック主演ということで、親友マット・デイモンの某ボーンを真似た平均点系のアクション映画かと思いきや、一捻り二捻りあって面白かった。弟、ポロック、仲間・・・>>続きを読む

トロールズ(2016年製作の映画)

3.0

まあ、アナ・ケンドリックとズーイ・デシャネルの歌声聴きたいがために見てるようなものなので、満足といえば満足。
贅沢を言わせて貰うなら、主役なのだからアナ・ケンドリックはもう2、3曲がっつり歌う曲があっ
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.0

お父さんの頑固さと息子の父への愛の渇望をめぐる因果を描いた作品。単純に良い話にまとめないところは良心的。
ビリー・ボブ・ソートンの贅沢な使い方。レイトン・ミースターの出番が少ないのが個人的には残念。

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.0

日本映画と良いところと悪いところ、両方出ちゃってたような。だから何が言いたいのかという物語の回収が雑。

主人公と娘、主人公と妻のストーリーが削られてる気が。結果、そこらへんから来るはずの悲壮感とか痛
>>続きを読む

アップサイドダウン 重力の恋人(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

設定と映像は良いとして、結末雑過ぎ。
妊娠⁉︎いつのまに⁇
下の世界にどうやって来たの⁇
その後の世界はどうなったの⁇
そこ1番大事じゃん!

ま、とりあえずティモシー・スポールが最後までいい人だった
>>続きを読む

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋(2007年製作の映画)

2.5

結末忘れて2度目。90分映画にしては長く感じる。
多分裏テーマに自分の夢とか人生とどう折り合いをつけていくかってのがあるんだろうけど、そこに答えがあるわけでもなく、おじさんの意志とか想いが一方通行で、
>>続きを読む

イーグル・アイ(2008年製作の映画)

3.3

後半減速したものの、期待してなかったので、予想外に緊張感あっておもしろかった。
なんとなく、ウォーゲーム見たくなってしまった。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.3

ブラピ頑張ってるなぁ。(見た目的な意味で。)
マリオン・コティヤールとの絵面も相性が良い。また違う作品で見たいくらい。
ハリウッド作品にしてはフランス語多めなこともあって、アメリカでは興行的には厳
>>続きを読む

その女諜報員 アレックス(2015年製作の映画)

3.0

オルガ・キュリレンコがかっこいい。予算少ない中、健闘してるとは思うけど、脚本が雑すぎ。アホだらけ。

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.3

好き嫌いの別れる映画というよりは嫌われる映画の部類だろうけど、個人的には嫌いじゃない。バカすぎて笑った。地位のある俳優の皆さんがノリノリでやってるってとこだけで笑える。結末が雑すぎるのも含めてハリウッ>>続きを読む

デッドライジング ウォッチタワー(2015年製作の映画)

2.5

続編ありきの前編みたいな仕上がり。この内容で2時間は長い。
ウォーキングデッドとマッドマックスの影響を大いに感じる。ヒロインはTWDのマギー系のお顔立ちだし。

リセット(2010年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

火をつけようとしないで、火の効果はないのかと思いきや、そうでもないらしい。
とりあえずなんでもいいから燃やそうか。

メタファー解読系だとしても、結局よくわからん系だとしても、もう少しネタ見せすべきで
>>続きを読む

ザ・インターネット(1995年製作の映画)

3.0

2度目かな?内容ほとんど覚えてなかった。前半はたるく感じたけど、このジャンルに対する慣れもあるのかも?案外、今流行りのスパイ映画やらスリラーやらの走りだったり?
ピーヒョロなダイヤルアップ音。
ガッコ
>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.0

マスコミの永遠に戦ってたい病にいらつく。後半に少しはそこらへんのスッキリ展開がある事を期待。組織対組織。組織内対立。日本の刑事ドラマこんなんばっかり。

ドラマ版もチラ見したけど、どちらも丁寧な作りだ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.0

うーん、失敗しないし、仲間は誰も死なないだろう安心感みたいなのがあって、ちょっとダレる。
レア・セドゥの出番少ないなぁ。このもったいない感じがこのシリーズならではなんだろうけど、やっぱり物足りない。

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(2014年製作の映画)

2.5

外で鑑定してる時点でアウト(゜-゜)
素材は悪くないのだが、盛り上がりにかける。

スマーフ2 アイドル救出大作戦!(2013年製作の映画)

2.5

パート1のがおもしかったかな。お金かけてるんだろうけど、昔の特撮もののようなチープさが目立つ。
相変わらず歌える人に歌わせないもったいなさ。

ゴーストライター(2010年製作の映画)

3.0

ホームランド見た後なので、CIAえげつないなぁ感割り増し。
キム・キャトラルってイギリス人だったんだぁーというのと、ウォーキングデッドのイメージ引きずったままなので、ジョン・バーサルが普通のいい人なの
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.0

いろいろあったけど、メラニー・ロランかわいいよね!で終わる。
大どんでん返し的があるという前提で見ると、まぁ、でしょうねえなオチではある。

ブラック・ハッカー(2014年製作の映画)

3.0

どこで見たのか、最後の展開知ってた。テレ東あたりでやってたのかな??
SAYAKA PRODUCTIONSってのが気になるが、スペイン語がわからない。

127時間(2010年製作の映画)

3.3

後半クライマックスのグロい見せ場?は思わずうぎゃーとなった。1人で画面を支配しなくてはいけない部分の限界はあったものの、徐々にやつれていくジェームス・フランコは見物。
ながら見してたらジェシカ誰?とな
>>続きを読む

キス&キル(2010年製作の映画)

3.0

このジャンルでこの設定、このキャスト。悪くないのにいまいちパッとしないまま終わる。主役の2人の華やかさに相当助けられている気がする。

>|