yutaNさんの映画レビュー・感想・評価

yutaN

yutaN

映画(340)
ドラマ(0)

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

3.9

二人のやりとりは面白い。しかし、ジュリーの勝手な行動が理解不明すぎてストーリーは低調。ラストも良く分からない。

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

4.5

感動物語です。涙なしでは見られない… ただ、伏線の回収が雑で終盤はダラダラする。見せ方はもう少し工夫があった気がする。

ツーリスト(2010年製作の映画)

3.9

オチは予想できるけど、展開は自体はよかった。カッコいい男とはどうなのかをジョニーデップから知れる。

マトリックス(1999年製作の映画)

3.9

後半のアクションシーンは面白いけど、途中のストーリーがわけわからなすぎた

NANA2(2006年製作の映画)

3.8

ハチの気持ちが分からなすぎるのと、着地点がないままストーリーが進むから訳がわからん。最後も謎。連載中の漫画はこうなるやろそりゃ。

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.9

独特な世界観でアーティスティックではあった。3人それぞれの個性が光るように周りの助演も良かった

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.8

動機付けが微妙で、なんのために戦ってるのかイマイチだった

トップガン(1986年製作の映画)

3.8

ザ・青春ですね。相棒が死んでしまうのがなんとも。

ミックス。(2017年製作の映画)

4.0

なんとも言えない二人がいい感じのスポ根です。スポーツはいいね

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

ストーリーも楽しいし、メンバーも豪華。続編に期待。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

4.0

まあもうありがちだけど、本音と建前はあって、誰しも嘘をつきながら生きている。 リアルでありフェイクである。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.3

何回か見たが、日本の危機を救うために戦う人はかっこいい。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

やっと見れました。家族は絆で結ばれてるけど、金もやはり関係してくる。答えは出ないけど、自分の中で考えることはできる。

タグ(2018年製作の映画)

3.7

何を伝えたいかは謎だけど、末長く友達とは関係を築いていたい。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.4

これは胸を打たれる。自分を犠牲にする努力はしなければならない。

フューリー(2014年製作の映画)

4.1

ブラピはカッコいい。ただ、グロすぎる。戦闘シーンが大迫力

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.3

ボロ泣きです。 おばさん来るんだもん。 情けは人の為ならず。まさにそういう人間になりたい。

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

4.0

何があっても挑戦する。そのために準備をめちゃくちゃやる。これが成功するため、人に好かれるための秘訣だとわかった。

鍵 THE KEY(1997年製作の映画)

3.6

難しすぎるから感想もクソもないけど、原作読みたくなった。

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.5

ヴィランがいいやつっていうどんでん返しいいな。差別とかそういうものを全て真正面から否定していく映画。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.3

ストーリーが綺麗すぎる。 自宅謹慎中なのがスリルあってよし

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

クライマックスへ向けていく臨場感が楽しめました。 どんどんアベンジャーズの人員が増えて楽しいですね。うん…

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

3.8

最後のシーン良いのかな…
ロッキーが強すぎるのよ。
息子との絡みはナイス

デューデート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜(2010年製作の映画)

4.0

ハングオーバーより人間味がある映画だったが、絶対にアメリカ横断はしたくない

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.2

買わせるか相手が死ぬまで電話は切らない。 ペンの売り方。 ビジネスでの考え方もわかる映画。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

結局最後までよく分からなかった。しっかり考えると、脳内とリアルを混合してしまう人間の都合の良さ。自分だけが良ければという傲慢さが鮮明に表れているなと思いました。 ただ好きな人に出逢いたい。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

4.8

衝撃的な映画でした。

なんだこいつ→かわいそう→なんだこいつ
かわいそう→なんだこいつ→かわいそう

見る側の心情を手のひら返しさせる手法が素晴らしい。

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

4.0

4になってついにわかったけど、これはミュージカルなんだ。音楽が良すぎる。

紙の月(2014年製作の映画)

4.1

えー、怖すぎです。 ただ、不正は確実にバレる。それは間違いない。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

最高にクールなストーリー。ただ、近未来感がスパイキッズとかそこらへんから変わってないんだよな。バーチャル世界で出会うとか普通に今もあるしな。

ロッキー3(1982年製作の映画)

4.1

ロッキーが自分の存在意義について悩む映画。常にチャレンジャーで居続けるものが強い。最後のシーンは神

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.0

のんびりとほんわかと見れた映画。 これくらーいの感じでいつまでもいたいよね。がまさしくこれ。

>|