大自然さんの映画レビュー・感想・評価

大自然

大自然

  • 64Marks
  • 125Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

3.6

桜井日奈子ちゃんと間宮祥太朗くんが出てるので、見るしかないと思って見ていたら、
まさかの展開もあってびっくりした。
八千代くんたち、キャピ子たちのシーンの感じもとっても好き

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

5.0

感動して泣いた。
サミュエルの父としての気持ちがほんとに愛に溢れていた。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.8

王道のラブコメだけど、色んなパターンの恋愛の形がみれてリズムもとても良い。

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.7

政治家といえば、『強さ』が印象としてあるなか、『弱さ』がテーマの作品。
冒頭は、英国王のスピーチを感じさせる語り口調だが、内容自体はよりシリアスだ。
わたしが好きなのは、神父との会話。罪に関して、罪を
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーは『過保護な親子』を狙った悪人にかくまわれた少女をめぐりつくられている。家出少女が買春されるというテーマ自体は重いテーマだが、それについてはそこまで重く感じず、問題提起程度にとどまる。

>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

2.9

ストーリーオブマイライフ若草物語が良かったから、期待値が高かったかなあ。
お母さんが空港で走るシーンはジーンとする。

クルエラ(2021年製作の映画)

3.9

【細々とした要素について】
◆写真画として時折止めて観察したくなるような美しい映像美
ブランコのシーン
オフィスの中のエメラルドの柱と白い床タイル
バロネス室の照明
カフェの背景のバレエの絵

◆アイ
>>続きを読む

ヴェルサイユの宮廷庭師(2014年製作の映画)

3.5

とても好みな内容。
面接シーンと王との対面シーンがお気に入り。

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.3

とても良いロマンチックコメディ映画。飽きない!生き物屋さんでの店員とのやりとりがツボ。

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.0

ミステリーという点においては、犯人の予想が容易く、
楽しむべきは、過去のシーンの映像美

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

ただ森が好きな家族のお話かと思いきや…そこに住んで自給自足で学校にも行かず、在宅教育で暮らしてる大家族の話だった。
父が自分の教育論を子供たちのことを考えに考えた結果、変えていく姿がよかった。
祖父母
>>続きを読む

21世紀の資本(2017年製作の映画)

1.9

寝た。面白くない!
でも、オフショアにまつわる話や昔と今の格差にまつわるくだりは変わらないということを改めて知れるような感じ。
トマピケティ以外は知らない人がでてくる。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

5.0

スコアとか、もうそういうことではない。
母としての切なさが、ジェンダー的な悩みよりも上回るくらいの愛。

かいくん、の家のような親子間での問題の方がたくさんありそうで、学校内のいじめも心ない。

怒り
>>続きを読む

結婚まで1%(2017年製作の映画)

3.0

他人を傷つけてハッピーエンドになってたら、それこそ幻だよねっていう作品

ピーチガール(2017年製作の映画)

1.0

甘い!甘すぎる!
前のめりで見るシーンとかありましたよ笑
役者の、みたかった表情がみれる映画。演技力はキャラクターとしてはいいけど、主人公の泣きの演技がもうちょっと。
こういう恋愛系をみたかった人には
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.9

音が良かった。
あと、脚本テンポも良い。
製作費少なさそうなのに良い映画だなと思った。
映画よりも連ドラでもっとずっと観ていたいと思える映画。

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

2.0

みることで満足。森やハウスが綺麗。

予告編でママやシスター•クローネがハマリ役なのは薄々感じていた。

コメントをみてからみたので、ノーマン役やレイ役の子の演技に注目した。進撃の巨人の実写化では、C
>>続きを読む

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

5.0

え!なんで、こんなに星低い??
めちゃ良かった
軍隊の演習シーンの少女のくだりは演技感がすごいが、
渋谷の爆発だったり、それぞれの役者の緊迫感だったりすごく良かった。
戦争とは、国民の無関心さといった
>>続きを読む

>|