Hinanoxxiさんの映画レビュー・感想・評価

Hinanoxxi

Hinanoxxi

映画(211)
ドラマ(17)
  • List view
  • Grid view

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.7

普通な描写がとてもよかった。
どこにでも転がってそう、
そんな話。

劇場(2020年製作の映画)

3.6

途中途中で刺さる言葉があって、
体がぞくってしたり。
次はメモ帳を持って挑もう。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

好きなジャンルの作品!

トガニでも同じような時犬を扱っていたけど、田舎街のでたった数人の小さな記者が動いたところでなにも変わらない。

大都会で大きな新聞社が動くと、
世の中も変わる。
皮肉だけど、
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.2

誰におすすめしても、
面白くなかったとは言われない映画
だと思う。

事実を映画にしているというのはもちろん、
機内での緊張感や、家族の愛、仲間との絆
壮大な演出、2時間にも満たない映画にも関わらずぎ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

漫画からだと、ちょっと物足りない気がするけど、2時間の映画でこの熱さは感激!! 
衣装、セット、メイク、CG、時代感までこだわっているスタッフ技術が最高すぎる!!充実した映画時間^^

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.9

蒼井優と池松壮亮の演技に
引き込まれすぎて、
2時間あっという間だった。。

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

3.4

初めてみた中華映画!
そして久しぶり恋愛映画!

食わず嫌いだったな〜と、
よくある恋愛映画じゃなくって面白かった!心が洗われた。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.8

最初から最後まで緊張が止まらない。

米映画久々に見ているけど、
やっぱりスケールが違う。
大きい。

大きいけど、一人の男の人生が歴史になぞらえながらしっかり描かれている、面白かった。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.0

子を思う両親の愛ほど、
大きいものはないということ。 

何も知らない男の子が、
父の形を少しでも見つけるために
世の中には色々な人がいるんだよって
いうのを知っていくお話。

最後にブランコを漕いで
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

“人をいたわれ、みんなも闘っている。
相手を知りたかったら、やることは一つ。よく見ること。“

How do you think who you are?
と聞かれたら、自信を持って
答えられる人は
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の部分は作品に入り込み辛かったかも。
ただ、いったん物語がある程度わかってくるとスピード感がある感じ。
ザ•韓国映画みたいな描写はしっかり描かれているところは裏切らない。

最後、最強に裏切られる
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

普段は消費者の目線でしかわたし達は「動物」を見ないかもしれないが、
この作品は、動物=生き物そして家族という視点から描いてる作品。

この作品をみたら誰しもが、自分たちが食べ物を消費するまでのストーリ
>>続きを読む

情愛中毒(2014年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

不倫シリーズ!

「男と女」は、主人公に感情移入できてしまうようなストーリーだったけど、この映画は、そこの過程はついていけなかった。

(いけない恋に感情移入いちゃだめんなだけど......)

死ぬ
>>続きを読む

サスペクト 哀しき容疑者(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画全体のアクショーンシーンが見応えある。何台車破壊しているのだろう。。

コンユはどの作品でも、何かを背負って生きている感じがするけど、この映画ではさらにその重みをかんじた。無言だからこその圧力。
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

出所してからのシーンでソンガンホが魅せる演技に鳥肌がたった。
たった一つの演技で、これまで彼に起きた過去を、これから起こる未来をも想像させてしまう。映画に出てくる全ての描写は繋がっていて、だから面白い
>>続きを読む

ウンギョ 青い蜜(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

体を合わせるシーンが悲しい。

おじいさんへの寂しさと、どこかぽっかり開いてしまってる穴。
それを埋めようとしてる感じ。
なんとも人間ぽい。

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公の記憶と同じように、
視聴者の見方も操っている。面白い。

どんなにグロいシーンでも、
韓国映画は容赦なくて、頭に残る。

でも、巡査との関係は結局最後までわからなかったし、なぜ最後殺されなきゃ
>>続きを読む

あなたの初恋探します(2010年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

キュン。
寝る前にちょうどいい映画。

きっと誰かの第一歩を助けたかったんだろうな。
旅に出てみよう。次の恋を初めてみよう、とりあえず新しいことにチャレンジしてみよう。一緒にいる誰かの魅力的な部分見つ
>>続きを読む

男と女(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

なんとも苦しい映画。

撮影場所がフィンランドっていうところも考えさせられる。
自由で、寒くて、寛容で。

心の奥底で、自由と愛を求めてる人同士が
ただただ出逢ってしまった話。
どこにでもありそう。
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

監督はどんな思いを胸に、この映画を制作したんだろう。

: いつも忘れかけている大事なものを気づかせたかった?
: 人間の欲望を描きたかった?
: ‘感染’っていうものをテーマに、差し迫る恐怖を描きた
>>続きを読む

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

胸が苦しくなって、
何度も見ることができなくなった。

一番印象に残っているのが、
わたし達にできるのは、
社会を変えようとすることじゃない。
まず、目の前にある正義でないものを
変えようとする力が、
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

駅前のギターの弾き語りと、
闘うボクサー2つが作品の象徴となって、
それぞれの想いを表している演出は好きだった

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

役者の演技力で作品のリアルさ、不気味さが存分に味わえる作品だった。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.5

「僕らはみんな運命があるのか、それとも風に乗って彷徨ってるのか? たぶん両方。両方が同時に起こっているんだ」
この言葉が一番すき。
フォレスト自身、何も考えず周りの環境に身を任せて進んでいるようにも思
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.1

観る前のの期待値が低かったから、
観終わったあとの満足感がすごい!
一コマ一コマの進むスピード感もあるし、
くすっと笑ってしまう演出もあるしで
たまにはこういう作品に出会って頭をスッキリさせたいと思っ
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.2

人に恥じても自分で自分自身を恥じない
主人公の生き方がめちゃくちゃかっこよかった。自分が本当に譲れないものってなんだろう、死ぬまで突き通すことのできる信念ってなんだろうって考えさせられる作品。

百円の恋(2014年製作の映画)

4.4

期待を想像の1000倍超えてきた。
安藤サクラすげえの一言、、
一瞬たりとも飽きる瞬間なかった

>|