hinahinaさんの映画レビュー・感想・評価

hinahina

hinahina

映画(204)
ドラマ(2)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

窓辺にて(2022年製作の映画)

3.9

東京国際映画祭 ワールドプレミアにて

元々今泉作品が大好きですが、私の中では「街の上で」に匹敵する程好みの映画でした。
まあ、キャスト的にも街の上で感満載で、おやっ?と期待してしまう場面もあり。
>>続きを読む

ある男(2022年製作の映画)

3.6

完成披露試写会にて。

劇場予告で気になっていたけど、思っていた以上に怖くてミステリーでした。

妻夫木くんの苦笑いや、愛想笑いがめちゃ怖かった〜!窪田くんも良かったなぁ。

天間荘の三姉妹(2022年製作の映画)

3.9

公開記念舞台挨拶にて。
予備知識が無かったので、震災を扱ったものと思っていなかったのでやられました。

ファンタジーなのでしょうがないけど、VFXでしらけちゃう場面がいくつかあったな。
でもそれ以上に
>>続きを読む

線は、僕を描く(2022年製作の映画)

3.5

試写会にて

ストーリーはちょい唐突、でも水墨画に出会い心が解放されて成長する霜介と、霜介に刺激されて成長する千瑛にウルウル。

ちはやふるチームの再結成とあって、水墨画の表現がちはやを思い起こさせる
>>続きを読む

Bridal, my Song(2022年製作の映画)

2.8

完成披露試写会にて。

小出恵介5年ぶりの映画は、50年に渡りブライダルに新風を吹き込んできた実在するウエディングプランナー今野さんと仲間達のストーリー。昭和、平成、令和の披露宴の変化が面白かった。
>>続きを読む

もっと超越した所へ。(2022年製作の映画)

3.9

Filmarks試写会 アフタートークイベント付にて鑑賞  

ダメ男とバカ女。バカップル4組の群像劇かと思ってたら、色々絡んでラストと思った後にいきなりファンタジーのぶっ飛び展開!この展開は舞台で観
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.6

初日舞台挨拶にて
映画面白かった〜黒木華さん、柄本佑くん上手いよね!
話は二転三転、ちょっと惑わされつつ女性目線では最後スッキリ。
男性目線だとホラーかも。

ハニーレモンソーダ(2021年製作の映画)

3.0

公開前よる祭にて

舞台挨拶、ラウルの天然が可愛過ぎた。映画は普通にキラキラ青春物

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.5

舞台挨拶回にて

前作観ていなかったけど、冒頭からアクションで引き込まれて悪役堤さん安藤くん、てちにグッと来た。岡田くんのアクション凄すぎだな❗️

二朗さんと美月ちゃんのシーンも好き。

舞台挨拶は
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.5

公開前夜祭にて

映画は予告で想像していたのと違っていて、そう来たか〜の展開。めちゃ面白かった。

原作は罪の声と同じ方なんですね。大泉洋さんをイメージして主人公を当て書きしたそうなので、まんま役には
>>続きを読む

太陽は動かない(2020年製作の映画)

3.5

公開記念舞台挨拶にて

ど派手なアクションの連続でスタートからハラハラ。高い所苦手なので薄目で観るシーンが多かったけど、久しぶりに興奮出来て面白かった。

でも少年期の話とか心に響くス
>>続きを読む

461個のおべんとう(2020年製作の映画)

3.0

道枝くん目当てです。演技はこれから!
ストーリーはほっこり、安心して家族で見に行ける。

フード・ラック!食運(2020年製作の映画)

3.0

公開記念舞台挨拶にて

肉、ニク、にくと愛情のオンパレード
肉食べたくなる

みをつくし料理帖(2020年製作の映画)

3.1

初日舞台挨拶にて

窪塚くんやっぱり色っぽかった😅💕

主要人物のエピソードは端折って野江ちゃんとの再会メインの構成。いいシーンが色々ありましたが、あさひ太夫の文に書かれた「雲外蒼天」を見た瞬
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.5

初日舞台挨拶にて
笑えるんだけど、豪太そこに力入れる前に仕事どうにかしろよー!

14の夜を観た時、いくら思春期とは言えそこまでおっぱいに拘るか?と思ったけど、足立監督がそう言う方だったんですね

グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇(2019年製作の映画)

3.5

緊急事態宣言前最後の舞台挨拶

映画もコメディで終始笑えました。大泉洋にへたれの役をやらせたらピカイチだ。
小池さんの第一声、カラス声を聞いた時にはこれで全編通すのかとビックリしたけど、映
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.5

ジワジワくせになる

火曜日くんと水曜日くんのその後の恋が気になって仕方ない

嘘八百 京町ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.3

完成披露舞台挨拶にて

前作見ていなかったけど、テンポ良く楽しめました。

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

2.5

完成披露上映回にて

まーくんが!まーくんが!まーくんが!
ドライブ・マイ・カーに続く怪演です。

それ以外何も無い

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.0

原作未読、予備知識無く観たので怖すぎて衝撃でした。
堤さん怖すぎるし、石井杏奈ちゃん、ソロモンの偽証並みに危ない役。松井愛莉ちゃんと清原果耶ちゃん、井之脇海くんのシーンが救いだった

MIRRORLIAR FILMS Season3(2022年製作の映画)

3.5

完成披露試写会にて

サウネ、Good News,、そこにいようとおもう、が好きかな

MIRRORLIAR FILMS Season4(2022年製作の映画)

3.0

初日舞台挨拶にて

齋藤工監督作が笑えて面白かった
藤井監督作は期待していただけに、全く自分には刺さらなくてガッカリ
ムロツヨシ監督作の手描きアニメが良かった。てっきり監督が描いたと思いきや、エンドド
>>続きを読む

アイ・アム まきもと(2022年製作の映画)

3.6

完成披露試写会にて

舞台挨拶楽しかった。 阿部サダ面白すぎるし、松下洸平 も場を盛り上げて頑張ってた。

孤独死がテーマだけど、真面目過ぎるまきもとさんが面白くてクスッと笑える。だけど・・・ちょっと
>>続きを読む

川っぺりムコリッタ(2021年製作の映画)

3.8

プレミアム先行上映にて

身近な死、行き場の無い遺骨、縛られた過去とテーマは重いけど、独特な空気感と水彩画の様な映像が和らげていた。個性的な役者達の演技はクスッと笑えてジワジワ沁みました。

役者松山
>>続きを読む

犬も食わねどチャーリーは笑う(2022年製作の映画)

3.3

完成披露試写会にて

久しぶりの慎吾ちゃんに逢えて嬉しかったけど、映画は微妙。
ブラックユーモア溢れる作品かと思っていたけど、旦那デスノートは思っていたよりインパクトなくて、夫婦アルアルとか全く興味な
>>続きを読む

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

3.6

完成披露上映会にて

舞台挨拶で永野芽郁ちゃんが感極まり涙を見せるから、映画観る前からウルウルでしたが、試写で奈緒ちゃんが号泣したと言う程泣かせる映画では無かった。 
舞台挨拶で映画への熱い思いを語っ
>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

3.6

初日舞台挨拶回にて鑑賞

ストーリーは少年の一夏の思い出を、大人になって回想するありがちな物(後で考えたらスタンドバイミーじゃん)でも主人公含む子役等の素の演技(初演技だったらしい)と、尾野真知子、竹
>>続きを読む

グッバイ・クルエル・ワールド(2022年製作の映画)

3.0

一般試写会にて

キャスト豪華で登場人物はキャラ濃くて、終始狂ったバイオレンス展開。R15な訳でした。
宮沢氷魚&玉城ティナコンビが美しかったな〜意外、自分には響かなかった。

さかなのこ(2022年製作の映画)

4.0

完成披露報告会にて

いやぁ〜幸せな映画でした!

正直、所々編集あれ?だったり間伸びしてるな〜な箇所もあるのですが、のんちゃん演じるさかなクンがまんまさかなクンだし、お母様が素敵すぎるし、登場人物が
>>続きを読む

コンビニエンス・ストーリー(2022年製作の映画)

3.6

完成披露上映会にて

一回観ただけじゃ消化出来ない三木ワールド、既にもう一度観たくなってる!ちょっとクセになりそうな世界。
成田凌、前田敦子コンビが良かった。

三木監督は映画よりドラマ(時効警察、熱
>>続きを読む

ぜんぶ、ボクのせい(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

完成披露上映会にて。

白鳥くん初の舞台挨拶で緊張してたけど、受け応えが初々しくて和みました
撮影時より身長伸びてたかな?
前半はありがちな設定だけと、白鳥くんの演技に泣かされて、最後はモヤっとさせら
>>続きを読む

ビリーバーズ(2022年製作の映画)

3.4

原作知らなくてポスターの印象で勝手にサバイバル系だと思ってたから、カルト宗教の話で全然想像と違った。
しかもエロエロで全裸の絡みシーンもあるし、いっそん攻めてたな〜劇場におじさんが多かった訳だ。

>>続きを読む

百花(2022年製作の映画)

4.0

完成披露試写会にて

劇場予告で観た時は母親の認知症の話だと思っていましたが、息子が母親の愛を取り戻す素敵な映画でした。

余白と音楽も良くて、長塚圭史さんや河合優実ちゃんなどちょい役が豪華です。
>>続きを読む

極主夫道 ザ・シネマ(2022年製作の映画)

3.0

公開記念舞台挨拶にて
ドラマを見ていなかったので、イマイチ付いていけなかったけど、何も考えず馬鹿笑い出来る映画も必要ですね。

>|