ヴィンセントヒロさんの映画レビュー・感想・評価

ヴィンセントヒロ

ヴィンセントヒロ

映画(1725)
ドラマ(49)

白鯨(1956年製作の映画)

4.5

共同脚本がレイ·ブラットベリって初めて知りました。メルヴィルの原作通り最初の台詞が「マイネーム·イズ·イシュメール」で原作好きな私は一気に引き込まれました。古い作品ですがとても気に入ってます。

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

4.0

大韓民国の悲しい"フォレストガンプ" 。最初の印象は"三丁目の夕日"みたいだけど、流石ですよ。泣かせてくれます。産み落とされた凄惨な時代に、一生懸命頑張って働く主人公の姿。我が身を振り返り、もう少し頑>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

3.8

塚本監督のグリーンインフェルノパート2。今回は人を斬る。
 手持ちカメラのブレた映像が冒頭の剣戟に臨場感を与え、一気に引き込まれて、陰鬱な里山の緑がなんとも言えない重い圧をかけてくる。終始緊張感があり
>>続きを読む

ハスラー(1961年製作の映画)

3.8

ビリヤードとバーボンを教えてもらった映画。Jtsブラウンのショット呑みとブレイクショット。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

"オリンピック? 喜ぶのは駐車場のオーナーとコカ・コーラにCNNぐらいじゃないか❗" という台詞に
同感しました。 それにしても杜撰な見込捜査と歪んだ表現の自由は、人の一生を破壊するナイスカップル
>>続きを読む

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.8

映画全体に溢れる秀逸なデザイン。
かなり作り込まれて、目に入る情報量は多め。この凝縮されたエスプリを是非体験しましょう❗
 私の世代的には、トシちゃんの
"にんじん娘"のフレーズ出ました🎵
 
  秋
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

4.0

20年近くにわたる壮大な前2作(アンブレイカブル、スプリット)
を見事に只の前フリにしてしまう作品。前2作は必ず観てから臨みましょう。

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.5


捜査される側から捜査する側に。

アンソニー・ホプキンスの存在感はやはり"羊達の沈黙"のレクター博士に軍配が。ちょっぴり圧力が足りませんでした。
 内容的には、単純なサイコキラーVSサイキック捜査員
>>続きを読む

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル(2016年製作の映画)

4.0

 "この子は、リッキー・ベイカー。
とんでもないワルガキよ❗ 例えば反抗する、物を盗む、ツバを吐き、逃走、石を投げ、物を蹴り、徘徊し、落書きを…。"  
 里親たらい回しのワルガキで太めのヒップホップ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.0

吹替えで観賞しました。こういったミュージカル要素満載の映画は、絶対に原語対応で鑑賞するべきです❗
 温度差は言葉に出来ません。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

4.5

原作漫画、テレビシリーズ1、2
含め、このような世界観を超えるものがあるとは思えません❗

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.8

人質奪還のスペシャリストの少女救出劇。という触れ込みで鑑賞しましたが、単純な作戦遂行ものではなく、落とし穴がいくつか用意されている話です。主人公が劇中で"殺し屋"と自分を指していましたが、ハンマーで仕>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.5

最初に、評価の点は気にしないでください。
 作家の平山夢明さんのファンなので鑑賞しました。画面からセンスの非常にいいデザインと、毒々しいが、ポップで楽しい色使いが溢れて、流し観できます。冒頭の大場加奈
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.3

人殺しのリアルな日常。自身の行動心理を、街灯の道をゆく影の濃さと長さに例えるサイコパスな主人公。
"羊たちの沈黙"に登場する"バッファロービル"みたいな手口やトロフィーの作り方。人を狩る人。どう考えて
>>続きを読む

ハングマンズ・ノット(2017年製作の映画)

-

非道です。観ていて酷さしか感じない。ある意味凄い作品です。内容も、役者さん達の演技も、監督の伝えたいことも、全て訳わかりませんでした🎵

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.8

最初の展開(コメディ要素たっぷり)からの暗転(サイコホラー)が素晴らしい。森田さんの怖いこと怖いこと。

ウォーリアー(2011年製作の映画)

3.0

ブランクの長い選手が奇跡をおこす。親子、兄弟の絆も立て直す。
 リアルなのは、トム・ハーディーの鍛え上げた身体だけ。もうかたっぽは決勝に行ける動きに到底見えず、イラつく。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.0

鑑賞記録。花男世代の自分にはちょっとキツイ❗それにしか見えない。あとヒロインの子胸小さ過ぎて、衣装があってない。もうちょっと着こなしを工夫すれば、もっとチャーミーになるのに。

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

4.0

鑑賞記録。ファンタジーです🎵
だって短期間で勝てる程空手甘くないけど。

さよならジュピター(1984年製作の映画)

3.0

鑑賞記録。当時の感想は、ハリウッドが物凄く遠く感じた。

ロマンシング・ストーン/秘宝の谷(1984年製作の映画)

4.0

鑑賞記録。大人のインディジョーンズ。しっとり落ち着いてます。

エルム街の悪夢(1984年製作の映画)

4.0

鑑賞記録。ジェイソン(13日の金曜日)と並ぶホラースターの誕生🎵

プロジェクトA(1983年製作の映画)

4.0

鑑賞記録。驚愕の時計台落ち❗
革新的なアクションの幕開け。

>|