Hiro0024

Hiro0024

SF、アクション、サスペンス、アニメーションなどを主に見ます。
ハリウッド制作、韓国、中国などのアジア映画も観ますが邦画はあまり観ません。

リスペクト映画は「2001年宇宙の旅」「ブレードランナー」「スタートレック」「砂の惑星」など。

海外ドラマもよく観ています。
「ネイビーファイル」「Dr.HOUSE」「バトルスターギャラクティカ」などなど。

  • List view
  • Grid view

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

「ファウンダー」とは創業者という意味。
この映画は、マクドナルドの成功の秘密を描いており、創業者は誰なのか?!を問う意味合いもあるかと思う。


主演は、ティム・バートン監督の「バットマン」で主役を演
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

ジョンウィック chapter2鑑賞。

相変わらずキレのいいアクション。
キアヌ・リーブスの無敵ぶりは健在。

そういえば、若かりし頃のスティーブン・セガールもこんな感じで無敵ぶりを発揮していたっけ
>>続きを読む

特別捜査 ある死刑囚の慟哭(2015年製作の映画)

3.0

思ったより面白かった。

ただ、主人公が助けることにオッサン(キムサンホ)との関係がちょっと希薄。

そこのところがもっとがっつりとした関係ならより面白みがあっただろう。
なんせ、劇中でさえ自虐的に、
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます。

突如現れた異星人に対し、人類がどうファーストコンタクトしていくかをシミュレーションしたようなプロットに、異星人とのコンタクトが実は主人公の人生が深く関わっている、というストーリーでした。
ある意味主人
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

ついにヒュージャックマン最後の「ローガン」が公開されてしまった。

予告編や漏れ聞こえてくる情報により、おおよそ予想範囲内の展開。

スピンオフという位置づけもあり、本作はやや低予算映画の面持ちはある
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

何度か映画化されてる「美女と野獣」だが、今回始めて観ました。

全く内容を知らずに観たので新鮮でした。

なんで野獣が出てくるのか?
なんで美女と結ばれるのか?は見る前からの疑問。
ようやくその疑問の
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

ポール・ウォーカー亡き後、初のワイスピ作品。

ドラマの中でブライアン(ポール・ウォーカー)は前作最後で仲間との仕事から離れ、静かに家族と暮らしている事になっているが、途中で彼の名も出てくる。

今回
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます。

新宿 武蔵野館。
かなり久々な気がする映画館。リニューアルされてはいるが今どきのシネコンとは比べられない。

さて、この映画事前に評価などを読み比較的期待をしていたのだが、期待外れの部類に入ってしまう
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.2

品川での試写会にて。

2001宇宙の旅、2010年、オデッセイ、トータル・リコールなど既視感あるビジュアルが多々。

プロダクトデザインにはSONYクリエイティブセンターも関わっているのだが、近未来
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

ドクターストレンジ観ました。

一言で言うなら大人のハリーポッター。

リアルな世界に魔術を持ち込んでいる時点でもうファンタジーとの認識をした方が入り込める。

もっとシリアス路線かと思ったら、案外笑
>>続きを読む

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

2.0

バイオハザード最終章となる本作、サスペンスアクションを期待していたのだが、過去作もそうであったように、かなりホラー度が高かった。

観客驚かそうとする演出があるのだが、むしろ何がどうなってるのかをしっ
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2014年製作の映画)

4.2

ローグエディションのブルレイようやく購入。
なるほどー。ローグはこういう登場の仕方だったのか!と思う。
もう少しコンパクトに登場シーンを作成しておけばカットせずに済んだのかも。

これも監督であるブラ
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.2

そこそこ面白い。
ただ見覚えあるような展開。

トムクルが、リーアム・ニーソンに見えてきた(笑)

前作見たはずだがとっくに忘れてるので見直して見よう。



メモ
二子玉映画館
C列。スクリーンから
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜(2016年製作の映画)

2.5

オリジンのシャア、セイラ編の中では一番つまラなかった。
途中、クラッシャージョーかと思うくらいおちゃらけシーンがある。ジョーならいいがガンダムはシリアス路線でいってほしい。

またアムロが白のタンクト
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

3.4

ガンカタに尽きる作品。

もっと起承転結がしっかりした脚本ならば・・・

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

2.8

映画「アンタッチャブル」監督のデ・パルマ作品。

しかーし、良いところはあまりなし。
オリジナルスパイ大作戦のオマージュとは言いがたい内容。
実際、オリジナルTV版のフェルプスを演じたピーターグレーブ
>>続きを読む

>|