エージェント竹さんの映画レビュー・感想・評価

エージェント竹

エージェント竹

完全に観た映画のメモや直感的な感想です。

映画(301)
ドラマ(35)

モテキ(2011年製作の映画)

4.0

主人公30歳のはずなのに、なぜか長澤まさみとのチャットのやりとりの様子などを見て青春時代を思い出してしまい懐かしい気分になった。
森山未來って歌とダンスこんなにうまいんですね、知りませんでした。
普通
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.6

300 marks
良いことも悪いことも最後には必ず自分に返ってくるってことをすごい教えられた気分。
特に最後のデンゼルワシントンとイーサンホークのシーンがすごい印象に残った。
時には法を破る怖い麻薬
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 神と神(2013年製作の映画)

3.9

僕の知らない超サイヤ人が出てた。
マンガは昔全部読んだんですけど、映画やアニメの方は全く観てないので。ちょっと前にユーチューブでアニメをチラッと見たんですが、全くついていけませんでした。しかしこれはそ
>>続きを読む

TAXi(1997年製作の映画)

3.7

美容院のお兄ちゃんに勧められて鑑賞。
両方パーフェクトなタッグもいいけど、今回の片方何もできないポンコツのタッグも見てて面白い。ポンコツで運転もできない刑事と、ドライブテクニックを買われて免停を取り消
>>続きを読む

コードネーム:プリンス(2014年製作の映画)

3.5

観るまで完全にブルースウィルスが無双する映画やと思って期待してたのに、そこは期待外れとなりました。
完全に96時間ですね、ヤク中の娘を一つの街を支配するマフィアから救うため元軍人で殺し屋のお父さんが無
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.8

「この世界からぼくが消えたなら、いったい誰が悲しむのだろうか。何か世界に変化はあるのだろうか。」
個人的に主人公の純粋な青年ともう一人の悪(?)な自分の二役を演じた佐藤健と、父役の奥田瑛二、親友役の濱
>>続きを読む

武士の家計簿(2010年製作の映画)

3.5

幕末に加賀藩の算用者(経理係)を代々担ってきた猪山家の中でも特に実直であり、いわゆる「帳尻を合わせる」ことを受け付けない猪山直之を中心とした家族の物語。
今まで家計簿のようなものをつけていなかったがた
>>続きを読む

ブリッツ(2011年製作の映画)

3.7

ステイサムこの役似合いすぎだろってくらいぴったしの、暴力でねじ伏せるジャイアンのような警官が主人公の今作。
敵は過去に自分を逮捕した警官への復讐をする警官連続殺人の愉快犯で、しかも堂々と殺すのに頭がい
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

エンディングになっても誰一人席を立つことない映画なんて初めてでした。
ぼくは全く世代ではないのですが、普通に小学生の時少年サッカーチームの応援歌でWe will rock youとかみんなで歌ってたし
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.8

役所広司演じる高級ホテルのホテルマンが大晦日の夜に、客である悪徳政治家、演歌歌手、芸人、鹿の交配研究家夫婦、その愛人など様々な人を全て相手に奮闘する話。全員が全く関係のない客であり、場面が何回も変わる>>続きを読む

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

4.2

久々に腹抱えて笑った。内容全くややこしくないが、すごい詰まってる、そんな映画でした。演技って映画として見なかったらこんなにも人を騙せるんか、俳優ってすごい。まず純粋な俳優を演じた佐藤浩市が本当にすごい>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.1

関係性とかかなりややこしいけど、構成がしっかりしてるせいか思いの外スッと入ってきた。小日向さんと子役の子の演技が本当に胸を打つ、素晴らしかった。
加賀さんが推理に行き詰まった時、「あと調べてないのは誰
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.2

部活と受験勉強の両立への苦悩、恋愛。めっちゃ懐かしい感じがしました。やっぱり青春は一度きりやからこそこんなに人を感動というか熱くさせるんやなと思いました。新入部員と共に二度目の全国大会に挑む瑞沢高校と>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.5

映画館に観に行くんじゃなくて、テレビでやってたら観ようくらいだったので今まで観たことなかった。出てくる人がアホすぎて(特に南部夫婦の謝罪会見)笑った。ワキゲボーボー自由の女神って何言ってんのかわからん>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.8

こんなん、ダメでしょ。自分より10以上下の青春真っ盛りの女の子が、命と向き合わないとだめとか。それ考えただけで胸が苦しいというか。しかも落ち込まずに前向きに、悔いがないように生きようとしてるところとか>>続きを読む

その女諜報員 アレックス(2015年製作の映画)

3.3

オルガキュリレンコがめちゃくちゃ美人でセクシーだった。ストーリーは割と観たことあるような感じでした。もっとオルガキュリレンコが無双するような話がよかった。あと最初の銀行強盗のスーツはすごく画期的で感動>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.7

このシリーズ旅番組の如く海外の名所出してくれるから好き。んー、イタリア行ってみたいな!
今回は世界の人口増えすぎててこのままやとパンクして絶滅するから、生物兵器使って今のうちに半分に減らして均衡を保
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

これは考えさせられる。人を裁くのは人って、それいいのか?と、考えさせられた。
カナリアの話といい、今回のメイン裁判の話といい、当事者でない第三者が人の意見だけ聞いて裁きを与えるっておかしくないの?と。
>>続きを読む

アドレナリン(2006年製作の映画)

3.8

ストーリーは全く深みもなくただの殺し屋同士の抗争やけど、ステイサムのアクションが94分間続くのでそれを見たい方にはすごいいい気がした。てかコメディやろもはや。中華街でヤリだしたのは笑った。あと最後の終>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

4.0

おもろかった。元々強い設定やと思ってたが、銃は素人スタートなんか。やっぱりブルースウィルスのアクション映画は胸スカ感がハンパないな。自分の家族が事故にしろ事件にしろ殺されたら残された人たちはこうしてや>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

4.0

中学か高校の時にジャンプで読んでたなと思い出した。これ映画化はすげえな。そしてキャラが合ってた。あのマジシャンにムロツヨシはめちゃくちゃ合ってた。実写版でも漫画みたいに普通に笑えた。海堂がおもろすぎる

バクマン。(2015年製作の映画)

3.6

こんな青春もあるんやなあ。
最後の卒業式のシーン、2人だけ教室で居て、「寝た思い出しかない」って言ってたけど、そこには生涯忘れられない2人だけの青春があって。
原作をほぼ読んだことないから知らんかった
>>続きを読む

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.8

邦題がダサすぎやろこれ。なんか昔やってたやつのリメイク版らしい。オーシャンズ11を思い出す天才泥棒チーム。一番最初に5人のチームで金塊を奪うもその1人が裏切って独り占めして。それを残りの仲間プラス金庫>>続きを読む

ラッシュアワー2(2001年製作の映画)

4.0

相変わらずカーターの何でもとりあえず突っ込んでいってみる精神がすごかった。「んじゃおれがひと騒動起こして警備員の気をそらすからあとよろしく」みたいなの、陽キャすぎるやろ。リーもカーターが相棒じゃなかっ>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.3

イコライザーvsイコライザー。これは興奮するわ。マッコールもう名探偵やん。タクシー乗って来る客の様子で何か犯罪に巻き込まれてると考えて現場まで出向いて敵を制圧したりとか、頭切れすぎでしょ。あとCIA時>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.8

モデルは出光興産創業者か。諦める事を知らない、外人にも全く屈さない、仲間を見捨てない、その精神あったから戦後の復興や高度経済成長があったんだな。途中少し奥さんが可愛そうと思ったけど、けど奥さんもすごい>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.9

来年から社会人なので大変参考になった笑
子供の頃と全く変わってないプーさんたちから大人は学ぶことがたくさんあるっていうか。純粋になんで?って聞かれたら答えられないことばかりやし。社畜になりかけたら思い
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.0

老夫婦の話(薬師丸ひろ子と松重豊の話)、あれはすごく感動した。内容もすごくいいし、あとたぶん2人の演技力がこの映画の役者の中でずば抜けて上手いからってのもあるかも。けど途中からなんか、恋愛ドラマになっ>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

かなり面白かった。イギリスvsドイツの第二次世界大戦中の話とは思いもしなかった。キャプテンアメリカ ファーストアベンジャーを思い出す時代やけど、キャプテンよりよっぽど人間離れした超人やった笑 軍神ア>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃ怖い宇宙。トラブル起きすぎてて自分ならもう諦めるんちゃうかな。宇宙って無重力で空気もないし気圧もないから自分の意志では動けないってのが怖い。最後まで見応え抜群やった。無重力の感じとかどうや>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.0

まさか最初の看護師同士の他愛もない会話すら伏線になってたとは
最初から中盤にかけては「あれ?これハズレかな、、」と思って観てましたが、
中盤で綾瀬はるか演じる白黒映画から出てきたプリンセスの秘密が明か
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

4.2

かるた全然知らんけど、松岡茉優の女王感ハンパないですね。最初の千早の行動はみんなを集めて部を作った者としてどうなん??って思ってたけど、周りが優しすぎる。こんな高校の部活ある?青春って言われても全然ピ>>続きを読む

ラッシュアワー(1998年製作の映画)

4.0

リーとカーターコンビ、おもしろい。カーター口先すごい達者やしこいつ恐怖ってもんを知らんのかなってくらいどこにでも平気で突っ込んで行く。ある意味現場向いてんじゃないん。リーはカンフー強すぎるし、たまにふ>>続きを読む

宇宙兄弟(2012年製作の映画)

4.1

兄弟揃って子供の時の夢を叶える、しかも宇宙飛行士とかそんなことあんのかってくらいスケールでかい夢がある映画だった。やっぱり、自分の行動って誰かに見られてるんだなって思った。そしていざという時力になって>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.1

これマーベルの中ではガーディアンズに次ぐコメディ要素の多さではないかもしや。終始笑ってたわ。時間軸で言うとシヴィルウォーの後、インフィニティウォーの前?かな。今回主にアントマン、ワスプ、ピム博士チーム>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.7

元々マンガはずっと読んでたので内容は知ってるものでした。紅桜編か。この映画、キャラへの役者の当てはめうまいな。刀鍛冶の声でかいにいちゃんに安田顕とかめっちゃ当てはまっててわろた。銀さんが少しかっこよす>>続きを読む

>|