ひろさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

ひろ

ひろ

映画(509)
ドラマ(9)

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.8

カッコよく、迫力があってとても楽しめた。
ワイルドスピードは見ていないが十分に楽しめる作品であった。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.9

とても好みの映画であった。
式の意味なんかは全くわからないが理系心をくすぐられた。
浜辺美波の顔は完璧な比率。

天気の子(2019年製作の映画)

3.6

映像も綺麗で音楽も良かったが特に触れられていない伏線?やラストがあまりすっきりしなかった。

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.4

かなり思い出補正がかかっていて期待しすぎてしまった。
ポケモンは可愛かったけど

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.6

やっと観れた名作。
少年時代のかけがえのない思い出、どんなに仲が良くても時が経つにつれて自然と離れていく友人、とても切なくなった。
多少退屈に思ったがもっと歳をとってから観るとまた違ってみえてくるのか
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.6

チャッキー不気味すぎだよ
想像以上にグロかった。
そしてチャッキーによるIoTテロ。
とても現代風になっていた。
You are my buddy〜🎵

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46(2019年製作の映画)

3.3

乃木坂の映画ではあるが西野七瀬、齋藤飛鳥、与田祐希の映画。
メイン以外のメンバーにはほとんどスポットはあたっておらず残念であった。
可愛くはあったけど、2時間は非常に長かった。

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.5

玉城ティナが可愛すぎな映画。
ある意味何度でも観れる。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.2

これまでのトイストーリーは仲間や子供との絆を描いていたが今回はウッディの物語であった。
お馴染みのキャラクターはほとんど登場せずバズですら後半からやっとまともに出てくる。
あんな仲間の絆を描いてきたの
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.6

迫力あるガンアクションはとても見応えがあった。
ただエンディングがなぜレディーガガ?

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.5

非常にカッコよくておしゃれなMIBになっていたが、その代わりにコメディ要素やMIBらしさがかなり失われたいた。
確かにMIBじゃなくていいなと、
エイリアンも可愛くすればいいってもんじゃない以前のよう
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.1

ホームカミングでは今回のシリーズのスパイダーマンは微妙かと思ったが今回はかなり面白かった。
エンドゲームでの5年間でどう変わったのかも知れたし締めくくりとして良い作品であった。
この先の展開がとても楽
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

3.2

予告に騙された。
正直こんな話だと知っていたら観なかったし、ピンと来なかった。

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.5

序盤から結構衝撃的な展開に
戦闘シーンは良かったのだが締めの作品の最後の敵がよくわからない宇宙人って、
これでXMENも終わりかぁ
もっと観ていたかった

アラジン(2019年製作の映画)

4.3

とても良かった!
曲も最高だし、感動できる
字幕で観たので、吹替でも観てみたい
何度でも観れる作品

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.6

ゴジラとキングギドラの対決など怪獣が出て来るシーンはとても良かった。ラドンもかなりカッコ良かった。
しかし全く共感できない家族の話は正直いらなかった。

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.6

ディカプリオかっこよすぎた。
話は現代版にアレンジされているが初めてロミジュリの話を観た気がする。
やっぱり悲劇は辛いなぁ。

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.4

話が難しいがきちんと説明もしてくれるので楽しめ、謎解きも面白かった。

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

-

初めはただのアメリカンドリームの話かと思いきや後半の話の重さが凄すぎた
悲しすぎて最後まで観ることが出来なかった。

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

3.7

奴隷だった男が実は凄腕のガンマンで離ればなれになった同じく奴隷身分の妻を救いだす
残酷な描写は多いが最後はスッキリする作品であった。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.6

ラストのボクシングシーンは鳥肌もの
なんとも言えない気持ちになった

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.7

結構好きな雰囲気の作品であった、
菅田将暉の演技も良く、カッコ良かった。

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.2

これは酷い
もうアクションと爆破をしたいだけ
メインがアクションと爆破なもんだから推理もくそもないし犯人もさらっと流されるし
ここいらで1回爆破をやめて本格的な推理ものにしてくれ

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.7

可愛い、その一言につきる。
なぜ現実にはポケモンがいないのか…

個人的にはブルー推し。

キングダム(2019年製作の映画)

3.7

意外とキャスティングも合っていてアクションも良く、いい意味で期待を裏切ってくれた。

タイタニック(1997年製作の映画)

4.5

あぁ、これは泣ける。
なぜもっと早く観なかったのか…
さすが名作。
ディカプリオかっこよすぎる。

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.8

基本的には無駄な会話ばかりだがこれぞタランティーノといった感じ。
物語前半のラストは衝撃的であったが、後半のラストも衝撃的で爽快感がすごい。

イースタン・プロミス(2007年製作の映画)

3.6

ヴィゴ・モーテンセンかっけぇ、な作品。
舌でタバコ消したり、サウナでの全裸ファイトはすごい演出であった。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

時系列的にはシビルウォーとインフィニティウォーの間でとても重要な内容の作品。
前作同様、楽しめて感動できる作品であった。

アントマン(2015年製作の映画)

3.6

他のマーベル作品とは違ってスケールが大きいわけではないがとても楽しめる作品であった。