ひろさんの映画レビュー・感想・評価

ひろ

ひろ

映画(1200)
ドラマ(0)
  • 1200Marks
  • 73Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

2.0

3本の短編ストーリーが時系列の異なった流れで構成されている映画

ブルース・ウィリスの時計の隠し場所のくだりが面白かった。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

自分の生きている世界が全て作り物と気付いたら頭がおかしくなると思う。
この番組を考えたプロデューサーは人としてクズ
最後トゥルーマンがシルヴィアを思う気持ちが勝った。
「念のため【こんにちは】と【こん
>>続きを読む

アンラッキー・モンキー(1997年製作の映画)

2.0

銀行強盗に入ろうとした堤真一に起こる負の連鎖がテンポよく続く
最後まさかの展開

踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件(2012年製作の映画)

3.0

最後、青島の説得の言葉はちゃんとみんなのことを見ていたんだなぁって感動した。

滝藤賢一演じるワンさんのキャラが好き。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(2012年製作の映画)

3.0

室井さんと青島の関係はやっぱり良い。

小栗旬が演じる鳥飼のキャラが変わった様な…

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!(2010年製作の映画)

3.0

湾岸署引っ越しの話

「俺に部下はいない、いるのは仲間だけだ!」ってセリフが好き。

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年製作の映画)

3.0

「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」は名セリフ
小泉今日子のキャラが不気味過ぎる。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

ピーター達がメチャクチャ可愛くてほのぼのする。
特にベンジャミンが可愛いかった。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

スケールが大きすぎる。
サノスが桁違いの強さで次回作でどうやって倒すのか楽しみ
アベンジャーズは戻ってくるのか気になる
最強の指パッチン

honey(2018年製作の映画)

4.0

誰もが恐れるヤンキー鬼瀬、でも本当はメチャクチャ優男
鬼瀬と奈緒が図書室で勉強してるとき奈緒が寝てしまって机に倒れこむときに鬼瀬がそっと手を差し出すシーンは名シーン

忘れないと誓ったぼくがいた(2015年製作の映画)

3.5

自分のことだけ忘れられるって辛すぎる。
しかも付き合っていて家族も会ってるはずなのに
自分が同じ立場になったら耐えられないと思うし正気じゃいられないと思う。

デメキン(2017年製作の映画)

3.0

バッドボーイズ佐田正樹の不良時代を描いた実話
黒石高大はカッコイイ
連絡隊長大沼部のキャラが笑えた。

プリンシパル 恋する私はヒロインですか?(2018年製作の映画)

3.0

学校で人気のイケメンと仲良くするとハブられるとか女子は怖いと思った。
友達の彼氏を好きって気付くって辛すぎる。

残念なのが弦君が高校生に見えなかった。

ニキータ(1990年製作の映画)

2.0

暗殺の任務が地味過ぎてアクション映画としては楽しめなかった。
ニキータが精神的に弱すぎる。

レオン(1994年製作の映画)

4.0

腕の良い殺し屋レオンが家族を殺された少女マチルダと一緒に生活していくうちに心を開いていく様が良かった。

偉大なる、しゅららぼん(2014年製作の映画)

3.0

意外と内容が有って面白かった。

ラスト教室の花瓶が揺れて岡田君が「漏れてる、力漏れてる」って濱田岳に言った所が笑えた。

素敵な人生のはじめ方(2006年製作の映画)

2.5

有名な俳優とはいえ初対面でここまでグイグイはチョット

友罪(2017年製作の映画)

2.5

佐藤浩市の話はいらない。
生田斗真と瑛太の話だけでストーリーを上手くまとめて欲しかった。
瑛太の狂った演技が凄かった。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

2.0

派手なアクションも無く淡々と流れていく感じで強盗映画としては少し物足りなかった。

ディア・ドクター(2009年製作の映画)

2.0

途中からあれ?この医者偽者?ってストーリーになって、ニセの医者でも必要な存在になってる田舎の村があるのかなって思った。

パパのお弁当は世界一(2017年製作の映画)

4.0

初めは父親の演技が気になったけど観ているうちに演技力なんてどうでも良いと思えてきた。
娘が彼氏と別れ落ち込んでる姿を見て何も聞かずお弁当に入れたふりかけのメッセージに涙した。
お弁当ラストの日パパが最
>>続きを読む

ワールド・トレード・センター(2006年製作の映画)

2.0

9.11テロの直後、救出に行った警官二人がビルの瓦礫に挟まれ救出されるまでの話

しあわせのパン(2011年製作の映画)

2.0

映画の中だけのんびりと時間が流れてる感じ

最後までナレーションの声は羊だと思ってたのにまさかの…

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.0

なんにでもYESは無理だけど
出来る限りYESって言った方が幸せになれるかもって思った。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

フライト・ゲームのトレインバージョン
犯人はまさかの人物だった。

悼む人(2015年製作の映画)

1.5

いい年した男が仕事もしないで悼む人って、ただの偽善者にしか見えなかった。
身内からしてみたら何も知らないくせに勝手な事をするなって思う。

曇天に笑う(2018年製作の映画)

1.5

内容は薄いし、アクションは見せ場が無いし結局何がしたかったのか全くわからなかった。

ラブファイト(2008年製作の映画)

3.5

幼馴染みの二人の恋愛映画
女の子に守られっぱなしの弱虫な男の子がボクシングを通して成長していく姿が描かれていて良かった。
あのプロデューサーはカス
大沢たかおが「やめとき、大事な拳をあんな奴に使うたら
>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

2.0

カスしか出てこない映画、前半の構成がメチャクチャ過ぎて面白くなかったけど最後うるっときた。
LiLiCoの濡れ場シーンはビックリした。別に脱ぐ必要はなかったんじゃ

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

2.0

タイプの違う二人の友情映画
知念くんが小松菜奈より小さいのが気になった
知念くんのキャラで見せ場のセッションも微妙な感じに見えてしまった。

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.0

とにかく複雑な家族
檀れいが「遊くんのこと好きになっちゃ駄目だよ」って言った時お前がよく言えたなって思った。

二流小説家 シリアリスト(2013年製作の映画)

2.0

上川隆也が小説家から探偵みたいになっていた
武田真治の狂った役が良かった。

さとうきび畑の唄(2003年製作の映画)

4.0

日本人同士で傷つけあってる今の日本の人達に観て貰いたい、接客業の人に対して威張ってる人には特に観て貰いたい
戦争なんて誰も幸せにしない同じ人間同士協力しあって生きていかなきゃと教えられた。
結婚式当日
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

1.5

伊藤くんがクズ男でそれに関わる恋愛に病んだ女の子達の話

>|