bbさんの映画レビュー・感想・評価

bb

bb

映画(126)
ドラマ(0)

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.9

聴覚障がいがあるヒロインに対するイジメから始まるかなり賛否両論ありそうな映画。
最後は全体的に上手くいくような感じだけど、実際の人間関係はこうもいかないよね(^^;)

火垂るの墓(1988年製作の映画)

3.7

何回観ても辛いものは辛い。
でも、反戦映画があること自体に意義があるよね。

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.5

あまり評判良くないけど私は好きなほう。
ただ原作未読の人には非常に分かりづらいだろうなとは思った。

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

2.8

最後は結局どういう意味だったのかな。
猟奇的な感じがなくても良かったのではと思う。

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

3.6

バカっぽいことを全力でやってるのが好き。
何回観ても面白いと思う。

紅の豚(1992年製作の映画)

3.5

あまり子ども向けではないような感じ。
大人が観てこそロマンを感じられるのでは。

バクマン。(2015年製作の映画)

3.7

原作は未読。
ペンを持って闘ってるシーンが斬新だと思った。

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.9

二回目観たときのほうが良かった。
生きねばの意味が分かる。
ただ声は庵野さんじゃなくても良かったんじゃないかと今でも思っている。

耳をすませば(1995年製作の映画)

3.8

超青春!
思春期が上手く表現されてるなぁと。
こんな青春欲しかった(; ;)

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.1

今でももののけ姫とラピュタはジブリの2トップだと思っている。
圧倒的ヒーローと圧倒的ヒロインといい感じの悪役。
ドーラやムスカのマネをするときはちょっとテンションがあがる(´▽`)

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.0

素晴らしすぎるヒロイン。
最後はハッピーエンドだったけど、バッドエンドでも話は成り立つような気がする。
ナウシカが両手を広げて叫んでるシーンは印象的。

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

3.7

そうすけとポニョは人間と海との共存を表してたのかな。

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.7

宮崎監督初の恋愛映画かな?
カルシファーが可愛い。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.0

そういや、かぐや姫ってこんな話だったなぁと。小さい子でも飽きずに観れるのじゃないかと。かぐや姫が夜中に走り出すシーンは印象に残る。こんな素敵な映画なのに、帝のアゴに気を取られてる私って一体…

永遠の0(2013年製作の映画)

3.6

二回目観たときのほうが良かった。
最後、戦争のない現代の空に、戦闘機乗りの祖父を見るシーンが素敵だと思った。

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.5

これぞディズニー、これぞプリンセスという印象。
しょこたん版ラプンツェルを観たけど可愛かった。

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.0

中トトロ、小トトロ、メイちゃんの追いかけっこが可愛い。
トトロは植物を生かす力がある妖精じゃないかと授業で聞いたことある。自然との共生をこんなに楽しく伝えられる映画なんて他にあるのか…。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.0

すごく夢が詰まってるといいますか…
子どもの頃は単純に空飛べるかもぐらいだったかもだけど、大人になってから観ると周りの人の優しさとかまた違った所が見える。

>|