依緒さんの映画レビュー・感想・評価

依緒

依緒

年間400~500本の映画を鑑賞。
サスペンスやホラーが好き。
洋画・韓国映画中心で、邦画はちょっぴり苦手。

好きな作品には点数甘め。
昔観た映画は点数のみの場合も。

#ムービープラス #ザ・シネマ

映画(703)
ドラマ(0)

昼顔(2017年製作の映画)

3.8

「神様、あの人を私にください」

この一言につきます(つд;*)

アマルフィ 女神の報酬(2009年製作の映画)

2.5

なんかねぇ…
キャストで犯人分かっちゃうし、織田裕二の演技もどうかと思うし。
外交官の方々の配役ももったいないし。
ストーリーもさほど…。

んー。残念だったな。

ソナチネ(1993年製作の映画)

4.0

死と生が常に隣り合わせにいるというのに、なんだろうこの少年のように戯れる時間は。
本気で笑ってたよね。
観てるほうも笑っちゃったもん。

かと思えば、エレベーターの心臓がギュッとなる瞬きも出来ない緊張
>>続きを読む

blue(2001年製作の映画)

2.7

作品を観て感じた
【blue 】とは…
未熟な。憂鬱な。
青春の青。澄んだ空や海の色。etc.

ふたりを色に例えたらblueがぴったりだな。って。

大人びた遠藤。
彼女に憧れる桐島。
私も女子高
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.5

たくみんとがんちゃん❤
なんて贅沢な作品なの!

いきなりの「第2章」からの始まりで、ん?ん?ん?ってなったけど、なんとなんと!!!!っていう展開が待ってました!
ポスターや宣伝に「罠」とか「騙される
>>続きを読む

デッド・フライト(2007年製作の映画)

3.0

設定は無理矢理だけど、まぁ面白かったよね。

そもそも飛行機という密室。
(出られないし、乱気流ひどいし。
飛行機っていう乗り物がそもそも怖い私。)
絶対やだわー。

そこにゾンビがどんどん感染して増
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.0

ざまーみろ!って世の中に舌を出して、中指立ててやったぜ!
っていう、女目線が嫌いじゃないな。

女だからって理不尽なこといっぱいあるじゃん。
女はさ、強いんだよ。
弱く見せてるけど芯は強いんだよ。
>>続きを読む

Anne(原題)(2018年製作の映画)

3.0

始まってすぐ。
吐くかと思ったわー。あのシーンは強烈。
人形って、なんだか怖いよね。
それがあんなに沢山。
でも、彼女の大切な同居人達であり、家族なんだろうな…。

アンが声を発するのは一度きり!!!
>>続きを読む

悪霊館 ダークネス・ライジング(2017年製作の映画)

2.0

んー。
怖いかと言われれば、そうでもないかな(^_^;)
白目になったり黒目になったり。
シェパード攻撃は、BIOHAZARD 1stを思い出したよ。

展開がね、もうちょっとサクサク進んで欲しかった
>>続きを読む

リアル鬼ごっこ(2007年製作の映画)

2.5

ずっと気になってた作品。
やっと観れた。

いやぁ疲れたわぁ(笑)
リアル鬼ごっこってそーいうことかぁ!
と、理解してからがツッコミどころ満載。
どんだけ走んねん。走らすねん。( ノД`)
妹、ドSだ
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.5

ギレルモ監督のゴシックホラー。
細部まで美しく、怪しく、恐ろしい。

随所に表れる白と赤の対比が効果的。

隣のヒットマン(2000年製作の映画)

3.5

18年も前の作品だったんだねー😊
シリアスかと思わせて、めっちゃコメディ(笑)
とにかくぶつけるわ、ずっこけるわ。
なんともキュート。

裸に銃がセクシーっていうのわかるー!

ラストも大好きな作品。
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

1.5

バケモンとバケモンをぶつけんだよー!!!
っていう名台詞にハードルを上げて観ちゃったせいか、えーっ(´・ω・`)という残念な結果に。

怖くないのが最高に残念。

ブラックジャックとピノ子を思わせるふ
>>続きを読む

脳漿炸裂ガール(2015年製作の映画)

1.8

んー。
学校の演劇発表会かな?くらいの演技とB級なストーリーが色んな意味で丁度良いバランスで(/ー ̄;)

それでは皆様ごきげんよう(笑)

櫻の園(1990年製作の映画)

3.5

私も女子高だった。
女子高のある1日をリアルに切り取った作品。
演劇部の公演直前のゴタゴタに、公演中止になるかと焦る3年生。
中学生気分の抜けない、自分達の代ではないちょっとどこか他人事のような1年生
>>続きを読む

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

2.8

ある事件をきっかけに、団地の敷地内から一歩も出られなくなった悟(さとる)。

設定が興味深かった。
濱田岳さんが中学生からずーっと演じるのが、これまた面白い。
中学生に見えちゃうんだよね、これがまた(
>>続きを読む

東京日和(1997年製作の映画)

3.0

中山美穂は歳を増すごとに美しくなっていくなぁ…
表情。佇まい。仕草。
荒木さんの写真に収める人は、陽子さんの役をやれるのは美穂さんがぴったりなんだろうと、陽子さんを知らない私は勝手にそう感じた。

>>続きを読む

ばかもの(2010年製作の映画)

3.0

成宮くん良い顔してた。

一期一会って言葉が浮かぶ作品だったな。

説明足らずで切る編集が気になったのが残念。

イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち(2014年製作の映画)

4.0

これが運命と言わずしてなんと言おう。
なかなか面白いシチュエーションと、初めて恋するようなキュンッとする感じ。
女性はきっと好きな映画だと思うなぁ(*´∀`)

クライマックスでは、お願い!ふたりを!
>>続きを読む

L エル(2016年製作の映画)

1.5

舞台を映画風に録りましたよ。みたいな残念なセット。

そして何度男に騙されても信じちゃうダメ女に同情は薄れ…


なんだこれ?(´・ω・`)

聖の青春(2016年製作の映画)

3.5

命を削ってまでも打ちたい。

不謹慎かもしれないが、命を懸けられるくらいのものがある彼を少し羨ましくもあった。

羽生さんを演じる東出さんが実に良く似ていた。
羽生さんもどんなにか彼と打ち続けたかった
>>続きを読む

裏切りの街(2016年製作の映画)

3.0

二人の距離感と台詞が見事!
ドキュメンタリーを見ているかのような、自然な空気感にちょっとイライラしつつ(笑)
人間ってホントの事は誰にも分からないんだなぁ…と。
二組のカップルがそれでも別れない理由が
>>続きを読む

うなぎ(1997年製作の映画)

3.0

うなぎ
タイトルの本当の意味を知るのは最後まで観た者だけ。
深いなぁ…

真面目で朴訥な山下の心情が丁寧に描かれていると感じた。
海外の方にもこの心の機微が伝わったかのかと思うと嬉しい。

うつつ(2001年製作の映画)

3.8

失楽園のような不倫ものかと思ったら、なんとまぁサスペンスじゃないの!
女優人が全て美しく妖艶なのがポイント。
目で見ていることと、他人から聞かされること。
どんなに信じてお互いを知っているようでも、悪
>>続きを読む

略奪愛(1991年製作の映画)

2.5

ホラーだぁ!
黒木瞳が可愛らしく、そして美しい✨

ストーカーという言葉がまだ浸透していない頃だと思う。

しかし男はバカだよね…

古都(1963年製作の映画)

4.0

昨日に引き続き【古都】
こちらは岩下志麻さん主演。

松雪泰子さんバージョンは現代版にアレンジされて母娘の物語だったけれど、
こちらは千重子中心に双子の妹苗子と出会ったことから、自分の人生をしっかりと
>>続きを読む

里見八犬伝(1983年製作の映画)

4.0

いやぁ懐かしかった!
小学生の頃、親友の家に遊びに行くと必ず観させられたんだよねー(笑)
何十回観たことか。

あれ以来だから、はっきり覚えているシーンもあれば、ん?!こんなだったっけ?!っていうこと
>>続きを読む

古都(2016年製作の映画)

3.0

美しい古都京都とパリ
2つの街を通して、二組の生き別れた姉妹とその娘の人生の物語。

松雪泰子さんの着物姿や所作が美しい。
伝統を継ぐ事の大切さと重さ。
自由とは。自分の本当にやりたいこととは。淡々と
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

映画館行ってきました!

これは…さすが是枝監督。
家族とは何かを考えさせられる作品です。

脚本もさることながら、俳優人のドキュメンタリーかとみまごう演技がパルムドールに導いたのだと思います。

>>続きを読む

吉原炎上(1987年製作の映画)

5.0

子供の頃に何度かテレビ放送で観たことがあるのだけれど、この歳になって初めて理解できた。
女の辛さと情念、意地、愛憎…
色々な感情が見事に表現されていた。
是非女性に観て欲しい作品。
全ての女優さんが美
>>続きを読む

The Children(原題)(2008年製作の映画)

3.5

久々にゾッとする作品だった。

クリスマスの夜、子連れの夫婦が友達の家に到着。
友達家族にも同じくらいの子供達がいてとっても賑やかに。
楽しいクリスマスホリデーになるはずだった…
だがしかし。

子供
>>続きを読む

ラン・スルー・ザ・ナイト(2016年製作の映画)

4.0

にーげーてー!!!
殺されている彼氏を発見。
犯人らしき者の顔を見てしまったが為に、逃げる、追われる、調べる、逃げる、関係者が殺されているのを発見する、逃げる、追われる、かくまってもらう、調べる、追わ
>>続きを読む

バーニー・トムソンの殺人日記(2015年製作の映画)

5.0

いやぁ笑った笑った😂😂😂

題名とパッケージから「バーバー」の二番煎じ的な映画かな?
なんて思ってレンタルしたら、
いやぁまーったく斜め上を行く作品だった。

コーエン監督作品のような、ブラックな笑い
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

4.0

やっと観れたぁ❤
女性3人の視点から描かれる。
時系列も、女性3人の話もバラバラで、最初はついていけないかな?って思って観てたけど、ある時点からすべて繋がってくる。
「あきらめないで!」って、某宝ジェ
>>続きを読む

>|