ひろさんさんの映画レビュー・感想・評価

ひろさん

ひろさん

映画(51)
ドラマ(0)
  • 51Marks
  • 1Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

象は静かに座っている(2018年製作の映画)

4.0

これだけの閉塞感を表現した映画を中国で撮影できたことに驚いた。
満州里への旅の途中で映画は終わるが、四時間に込められた一人一人の一日を思い起こすラストだった。

つつんで、ひらいて(2019年製作の映画)

4.5

単行本のカバー、表紙 を作る
装幀に、これ程の手間がかけられていることを教えてもらった。
一冊の本は、著者の文章だけでなく、全体が芸術品だと、初めて分かった。

ラストレター(2020年製作の映画)

2.5

高校時代と現在を行き来する物語は面白かったが、乙坂鏡史郎が未咲を死に追いやった阿藤陽一と出会った場面を初め、淡白に描かれ過ぎているように感じた。

ある女優の不在(2018年製作の映画)

4.3

無理に日本語の題名を付けるより、原題の「3faces」の方がストーリーに合っている。
女優として成功している女性が、女優になる夢を絶たれそうになる若い女性を探しに来、その村には過去の女優が一人で暮らし
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.3

始めは登場人物がどう絡み合うのか分からなかったが、留置場の面会室の場面からジェットコースターが落ちるように次々に展開し、思いがけなかった結末に導かれた。

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

4.4

2019.1/17 倉敷公民館
2019.3/3 MOVIX倉敷
2019.5/16 さん太ホール
2019.7/6 岡山メルパ
2019.7/17 興譲館高校
2019.8/10 薗小学校
2019
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.2

産業革命が起こったイギリスで、労働者が搾取から解放されて来たはずが、現在も労働力を搾取される人の働きによって、自分の便利な生活が成り立っていることを思い知らされる映画。
最後のシーンが非常に悲しい。

真実 特別編集版(2019年製作の映画)

3.8

カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュが演じる親子の葛藤を再度見て良く理解でき、オリジナル版には無いハンク(イーサン・ホーク)とシャルロット親子のシーンもあり、二度楽しめた。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.1

日本でも金持ちと貧乏人が接点を持つ機会は無いが、そのわずかな接点を利用した一家に共感が持て、最後のシーンまで気が抜けない映画。
パンフレットの表紙の写真がこの映画の内容を端的に表現している。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

試写会で鑑賞。
爆弾犯との疑いをかけられた第一発見者がマスコミに追いかけられ、FBIからは犯人に仕立て上げられる展開に引き込まれた。
弁護士を要求する、被疑者の基本的人権を保護するシーンをきっちり描い
>>続きを読む

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!(2019年製作の映画)

3.2

宇宙人を追う人物がなぜその職業に就いたのかも丁寧に描かれており、せりふ無しのクレイ・アニメでストーリーがはっきり理解でき、笑って楽しめる構成に感動した。

ディリリとパリの時間旅行(2018年製作の映画)

4.0

ベル・エポック(良き時代)と言われる1900年前後のパリが色鮮やかな色彩で描かれている。
その華やかな地上の世界と女性を抑圧する地下の世界を対比させるストーリーは、現代にも繋がる怖さがあった。

ハルカの陶(2019年製作の映画)

3.2

出演者に若手が多い中で、岡山弁を話す笹野高史がびしっと締めていた。

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.0

試写会に参加。
それ程期待していなかったが、現代の場面に昔の映像をうまく挿入しており、最初から最後まで楽しめた。
役者さんが年を重ねているのは仕方ないが、撮り方に配慮されており、さすが、山田洋次監督だ
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.5

実在の女性最高裁判事のルース・ベイダー・ギングズバーグをフェリシティ・ジョーンズが爽やかに演じている。
1960年代、男女差別が法律で規定されている時代に、家事と子育てを分担した夫も時代を先取りしてい
>>続きを読む

地蔵とリビドー(2018年製作の映画)

3.5

滋賀県甲賀市にある障がい者施設「やまなみ工房」で創作活動をする人の日常やその芸術性を語る人のインタビュー、山下完和施設長との和やかな関係を撮ったドキュメンタリー。今まで知らなかった世界と出会えた。

i-新聞記者ドキュメント-(2019年製作の映画)

4.3

事件の真相を明らかにするという記者の役割を愚直に突き詰める東京新聞の望月記者のドキュメンタリーだが、記者会見場でバカにしたような笑いを浮かべる官房長官や質問を妨害する内閣府の職員の姿が日常風景になり、>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2019年製作の映画)

4.3

会社の社長と専業主婦という、生活が全く異なる末期ガンの二人のやり取りが興味深く、最初のシーンがラストに繋がる脚本が良かった。

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

4.0

その人が精神病院に来た経緯が白黒映像で挟まれて理解しやすく、現代社会の問題も映し出されていて奥が深い映画だった。希望が持てるラストも良かった。

ひとよ(2019年製作の映画)

4.3

「人殺しの母親の子」というレッテルを貼られた子供たちの15年間の苦悩を思いながらも、子供のために出所後も毅然とした態度を保つ母親を演じる田中裕子に引き込まれた。

かぞくあわせ(2019年製作の映画)

3.0

結婚式場を舞台に、しゅはまはるみと藤田健彦を主人公として三人の監督が撮った映画で、それぞれの個性が出ていて面白かったが、その良さをどう伝えるのかが難しい。

楽園(2019年製作の映画)

3.3

登場人物の個性や人生がそれぞれ違い、共感できる部分が観る人によって異なる映画。

夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風(2019年製作の映画)

3.3

4つの短編はそれぞれ面白いストーリーだが、一つ一つが別々でつながりがないのが残念。

>|