ひろせもさんの映画レビュー・感想・評価

ひろせも

ひろせも

2018/6/8-

映画(395)
ドラマ(159)

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

勇気のある映画。
映画館はシニアが多かった。今この映画を観られて良かったと思うし、同じ年代の人にももっと観てもらいたい。
吉田清治の記事を載せた朝日新聞がサポーターになっていたり、配給元の社長と原作者
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

4.8

戦場に行く前の結婚式のシーンで、魔女宅のキキが村を出発するシーンを思い出した。

感染家族(2019年製作の映画)

3.4

試写会で。
見やすいゾンビ映画だった。
つらいシーンが何もなくて本当に見やすかったし笑った。カメラワークがしっかりしてた。
新感染も見よう。
タイトルは微妙だと思う。

美しき結婚(1981年製作の映画)

4.0

妄想加速女子、お疲れ様です...
緑の光線の主人公も痛い女子だったけどそれとはまた違う種類の痛い女子。
気持ちは分かる。こういう痛い人間の話は目を逸らしたくなることが多々あるけど、ロメールの手の上でし
>>続きを読む

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

4.5

ああああ夏...
自分がどこにいるか分からないのにどこかに行こうとするのも
私たちはもう二度と会わないと分かってしまうのも

HANA-BI(1997年製作の映画)

4.0

今までを思い出せないくらい今までで一番きれいな海だった。

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

4.0

漫才したりボクシングしたり振れ幅広い青春送ってて羨ましい限りです...。
「その男、凶暴につき」と同じく
円環構造で、ビートたけしの役が死んでもその役の生まれ変わりはいくらでもいて、続いていく。

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

4.2

あまりに静かで淡々と壮絶。
「月に囚われた男」と同じジャンル

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-

ファミレスのジョナサンで「ジョン(ジョナサン)・ウィック」を見るという星の付けようがない体験

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

-

早稲田松竹暑すぎてこっちがバーニング。
寝た。
スティーブン・ユアンがざわつく演技をしてたのが良かった。

おしえて!ドクター・ルース(2019年製作の映画)

3.7

試写会で。
90歳であんなにスタスタ歩いているのがすごい。
新しい状況や情勢に果敢に接して続けている人だから、老いを感じないのかもしれない。
人や時代と向き合うことをやめたら若くても老いてしまう。
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.0

一階の部屋で無数の蟻と共存してる身として蟻との付き合い方が参考になった。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

映画館で2回見て2回寝た。
この単体映画よりウィンターソルジャーの方がブラックパンサーさんのパーソナリティ簡潔に分かる。

Girl/ガール(2018年製作の映画)

3.8

自分だったら運が悪かったんだと全て諦めてカミングアウトもしなさそう。
初っ端の教師のいびりからして居たたまれなさが半端ない。
何を言われても言い返さないし弱みも見せない16歳にして尋常じゃない落ち着き
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

サノスがなぜ半分こに執着するのかよくわからない。
ピーターの台詞が本元より酷い気がする。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.7

誰かに替えが効くと思われていても、それを気にして生きるのは時間の無駄

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.5

1回目
EXTREMELY CUTE

2回目
4DX with ScreenX
ジェイク・ギレンホールの顔芸素晴らしい

3回目
誕生日にヅメ子と。
ピーターの部屋の室内灯のスイッチに「DO NOT
>>続きを読む

儀式(1971年製作の映画)

4.0

保育園落ちた日本死ね は社会批判としてボキャブラリーが死んでいる。大島渚は真逆。
何も音が聞こえない地面、国が死んでいる。「時代」、と家父長制度の因習に囚われた家に流れる時間、2種類の時間がある。その
>>続きを読む

ツィゴイネルワイゼン(1980年製作の映画)

5.0

35mm上映
最初のシーンで青地が着てたコートの格子柄がはっきりくっきり見えて感動

ミシュカ(2002年製作の映画)

5.0

何だこれめっちゃいい
至高のカメラワークがあった...
ザ・マスター引用元?

さよなら、退屈なレオニー(2018年製作の映画)

4.2

何があっても明日はちゃんと来てくれるということの素晴らしさをどこに感謝したらいいか分からない。
明日の私は今日の私と同じことをする。今は退屈だと思うけど、明日にはそう思ってなかったら、うれしい。

サン・ソレイユ(1982年製作の映画)

4.2

前見た気がしながらずっと見てたけど
一度も見たことがなかった。

>|