ひろしさんの映画レビュー・感想・評価

ひろし

ひろし

子供や動物の感動ものにはめっぽう弱いです。逆に第二次世界大戦ドイツ軍とマフィアも大好きです。

映画(1780)
ドラマ(0)

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.0

最近のニコラス・ケイジはB級物のイメージだけど、これは実物に似せたのか個性があって中々良かった。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

こういうの大好き、シャーリーズ・セロンが好きなのもあるけどスパイ物で裏切りとサプライズなどんでん返しはいいね。主人公が女性だから男との格闘に苦戦するのもリアルで良かった。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

遅れて観たから評判は聞いてたけど豪華キャストに盛大な宣伝の割に内容はシンプルで全然物足りない、ガッカリした。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.0

病気やオーバーアクション、過剰な喜怒哀楽は苦手だけどストーリーは良かった。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

ヒーローごちゃ混ぜ映画はあまり好きじゃなかったけど観たら面白いね。
それにしてもワンダーウーマン強いね、でもやっぱりスーパーマン最強!だって人間じゃないからね。

残像(2016年製作の映画)

3.0

アバンギャルドな芸術家好きで、この時代には凄い先駆者、生徒達は大切だけどスターリン時代には厳しいのを理解して亡命してほしかった。

僕とカミンスキーの旅(2015年製作の映画)

3.0

なかなかいい感じの展開で面白かった、芸術家のセンスもいいし出てくる車やインテリアも良かった。

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.0

男の本質を見抜く力の無い女性のつらい物語、早く見抜いてほしかった。

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.0

たぶんゲイオチかと思ったら想像以上に深くデリケートな内容、展開もいいし終わりかたもいい。ドイツのご両親は幸せにしてあげたい。

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.0

劣悪な環境はお互い様なのにピーターいいね。母親じゃなくてもいいお父さんに巡り会えて良かった。

マクファーランド 栄光への疾走(2015年製作の映画)

3.5

スポ根は好きで特に実話でハンディ乗り越えるのは大好き。最近のケビン・コスナーは外れなくていい味出してる。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.0

大好きな猫のhappyものなのはいいけど、あまりにも男がダメでだらしなくてイライラした。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

そんなに怖くないホラー、昔見たエルム街の悪夢的な内心の恐怖に近い内容だったけど子供達の勇気や成長が見所だった。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.0

親子愛や夫婦愛は良かったけど、やはりゾンビ映画は好きじゃない。

幸せになるための5秒間(2014年製作の映画)

3.3

屋上だけで終わるチープな内容じゃなく展開も面白く心温まるいいストーリー!

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.0

何と言っても樹木希林さんの素晴らしい演技に感服しました。阿部寛や姉や元嫁との言葉のキャッチボールもリアルで良かった。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.0

上司のパワハラ今じゃ通用しないけど、こんなブラックあるのかな~笑った。
でも弱虫過ぎるだろーと思っても本人や先輩にしてみれば呪縛や洗脳から抜け出せないんだなと深刻に思った。

デメキン(2017年製作の映画)

3.0

おーまさに故郷福岡のヤンキー懐かしい!舞台は田舎だけど田舎に行くほどヤンキーゴロゴロいたからな~

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.0

冷めた夫婦でもこんなにひねくれたりはしないだろ~反省する気持ちは分かるが、そうでしょと言う言葉が自己中で嫌だった。

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

2.5

なんか駄目な悲しい人間がこうも長く続くと腹が立って来て疲れた。

スクランブル(2017年製作の映画)

3.0

クラシックカーや主人公の男女がとてもカッコいい!

ドリーム(2016年製作の映画)

3.2

歴史を振り替えれば面白いストーリーだが人種差別の凄まじさはキング牧師時代当たり前だったんだなと考えさせられた。

海辺の生と死(2017年製作の映画)

3.0

ゆっくりとした展開、おっとりとした会話で流れていくが、海辺での現実がまさに生と死。

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

2.5

この好きなシリーズの中では一番つまらなかった。もう歳もいってるし内容は前の逆戻りだし作戦もありきたりなITだし新鮮味が全く無かった。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.2

とにかく邦題がひどい!人名やナチス入れればインパクトあると思ってる。
内容は面白いし臨場感もあり史実のいい映画だった。

ウォーキング・ウィズ・エネミー / ナチスになりすました男(2013年製作の映画)

3.0

第二次世界大戦の東欧の国々はナチスドイツ、ソ連、連合軍、西側諸国に翻弄されて大変な時代だったんだなと感慨深かった。

密偵(2016年製作の映画)

3.0

日本統治時代の朝鮮、その後の朝鮮戦争と色んな国々に翻弄されて大変な時代だったんだなと感慨深かった。

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.0

内容はありきたりだと思ってたら結構皆キャラも面白くヒネリもあって面白かった。

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.0

こんな頑固オヤジいるんだ〜と、こっちの方が気になったけど、やっぱり音楽はセンスだね。

>|