Hirotakaさんの映画レビュー・感想・評価

Hirotaka

Hirotaka

映画(120)
ドラマ(0)

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

最初音楽かっけえってノリノリで見てたら
すげえ怖かった。

しばらく見なくていいかな笑

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

4.0

アンハサウェイ可愛すぎる。

恋愛系の映画ひさびさに見たけどヒット。

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

4.2

話は淡々としている。
自分の生きることにフォーカスをおいた生活。
大量生産とはかけ離れた生活。
一つのご飯を作るのも経験と時間を割いて作る。
だから非常に美味しそうなんですかね。

時間の使い方を生き
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.9

やることやりすぎてついてけないw
人生楽しんだもん勝ちってことなんかねえ
遊びのある大人にはなりたいものです。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

今話題のこの映画。

最初から最後までめちゃ笑いました!
くせのある人間ってやっぱ好きだ

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.4

島に残されたブラキオサウルスが切なすぎる。
ミルズさんのクズっぷりが最高

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.0

なんか気持ちがいい。
自然と仕事して飯食ってっていいな。
バイクの免許欲しくなる🛵

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

よいです。
頭だけが発達するとこうなるのかな。
大事な人を大切にするとか簡単なことを大切にしたいなと思いました。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.6

すごく好み。
やりたいことを後回しにして生きたくはないよね、やっぱり。

年を経て気づくことがいっぱいあるんだろうな。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.5

おもしろかった。
32歳でボクシングっていいなー。

廃棄貰ってくおばさんが好き

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.2

なんか物足りないと感じてしまった。
絵をメタメタにするとこは笑った。
友達は大切。

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.2

漫画よりおもろかった。
エンディングまさかのDragon Ashでビックリ

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.8

生まれ変わったら絵をうまく書けるようになりたい。
恋愛映画滅多に見ないけど面白かった。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

好き嫌いが完全に分かれそう。
水の中の描写はすごく美しい。

髪の毛生えるのは奇跡。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

家族とは愛とは的に感じた。
考えることが多くてあっという間に終わる。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

最後の曲が一番好きだった。
リメンバーミーもよかった。

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.1

展開に起伏があって飽きずに見れる。

キャラが個性強くてよい

ゴッサム

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.8

リーアムニーソン好き。
アイテムとかいちいちカッコよくて惹かれるを

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

3.8

金曜ロードショーから長らくお世話になってます。
作業しながら見たくなる。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

5.0

ハイテク感と部族感がミックスされてて大興奮。
劇場で見てよかった。
キャラがどいつもこいつもかっけえ

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

シーザーさんマジカッケェす。
エイプの仕草1つ1つがすごく好き。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

誰でも楽しめる。
グレイテストショーマン
似てるなと感じたのは私だけ?

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.1

面白かった。
曲も良い。

一人一人にもっとフォーカスして見たくなった。

>|