FAHM

FAHM

1日1本映画観たい映画秘宝厨

サラダデイズ SALAD DAYS(2015年製作の映画)

3.5

DCパンクの中にも色んな人居たんすね
皆が皆ストレートエッジだと思ってた
イアンマッケイ御大のありがたいお言葉たち
DCパンクの流れはサーストンもJもニルヴァーナまで繋がっていく
ギーが出てくれたら最
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.8

戦争映画のフォーマットに宗教と残酷描写をブッ込んで見事にメルギブ映画になってた
また新兵ものなのも感情移入と臨場感が増す作りで良い
音の演出が凄過ぎてビクビクする
中盤からのカタルシスが凄すぎる
凄い
>>続きを読む

Rakka(原題)(2017年製作の映画)

4.2

鉄男とAKIRAとギーガー
チャッピーが残念な内容だったんで終わったかと思ってたけど完全復活してきた
映像だけでここまで興奮したのは久しぶり

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.8

オープニングの時点でこの映画当たりだと確信
ローガン最初のセリフがファックって時点でもうやばい
デッドプールの成功のお陰でバイオレンスアメコミ映画が専売特許となった20世紀フォックス
血みどろの容赦な
>>続きを読む

kocorono(2010年製作の映画)

4.3

理想と現実
吉村さんの圧倒的な魅力
バンドやる人間として背筋を伸ばされる
もう三年かと思うと早いような長いような気がしてます
ブッチャーズ入門にも良い
このバンドがやったことはあまりにも偉大
今はない
>>続きを読む

ケープタウン(2013年製作の映画)

3.8

南アフリカノワール
アパルトヘイト、スラムとか南アフリカ独特の暗部
オーランドブルームがキャラ脱却の演技といつも通り最高のフォレストウィッテカー
容赦ないゴア描写は最高
舐めて観たら良かった

監督失格(2011年製作の映画)

4.2

死を知る瞬間やその場に至る過程を初めて見た
恐ろしいまでのプロ根性
力量以上の何かが詰まった奇跡的一作

横道世之介(2013年製作の映画)

3.9

終始行われるオフビートな笑いをロングショット多めのカメラワークが助長してクソ笑える
クリスマスのシーンのカメラワークは圧巻
ずっとふざけてたところに現実を突きつけることでより重さが増す
生と死に向き合
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.1

2001年宇宙の旅と未知との遭遇の多大なる影響がうかがえる
UFOのデザインや音楽の使い方が2001年っぽい
撮影監督はブラッドフォードヤング
単焦点と顔が見えるギリギリの明度が印象的
部屋に居るエイ
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.0

DCコミック系のダーク、リアル路線アメコミ映画っぽい質感がいい
ただ長いし三幕構成の2幕目あたりで終わってるから急に終わる感ハンパない
マーベルなら1時間で片付けてる

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

4.1

バカしか出てこない系映画ながらもリンクレーターのノスタルジックなセンスと80年が舞台なのも相まってセンチメンタル止まんない
シングストリートばりに登場人物みんな好き
不意にいい事言うのがニクい
アコガ
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

オープニングのテロップからビンビンきてる
パトリシアが出た時の笑いと不気味さの絶妙なバランスがシャマラン映画を見てると実感する
脚本と女の子3人の微量なエロ要素でお話の推進力を全く失わない
何と言って
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.1

相変わらず音楽が最高
映画史に残るグルートの可愛さ
ジェームズガンのトロマ要素が大分増してる
前半あんなにふざけてたのにラストは畳み掛ける様に泣かせにかかってくる
家族とは 仲間とは
普通最高 アンチ
>>続きを読む

アップサイド・ダウン:クリエイションレコーズ・ストーリー(2010年製作の映画)

4.0

マイブラ、ジザメリ、ライド、TFC、オアシス俺の好きなUKオルタナ全部乗せなクリエイションのドキュメント
アランがいなけりゃシューゲイザーもブリットポップもなかった
ラブレスがクリエイションを傾けた訳
>>続きを読む

モンスターズ/新種襲来(2014年製作の映画)

3.4

前作はロードムービーだったのに対し今作は戦争映画
最初の任務はブラックホークダウンっぽいし主軸の任務は完全にプライベートライアン
銀残しと思われるルックがめっちゃかっこいい
中盤までモンスター要るのか
>>続きを読む

疑惑のチャンピオン(2015年製作の映画)

2.9

話の流れやダッチアングル多用で市民ケーンを連想した
どちらかと言えばダッチアングルは第三の男だけど

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.2

ハイテンションバイオレンスかと思ったら緻密な密室劇だった
音がぐるぐる回るのは劇場ならではの演出
流れる様な脚本良かった

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.3

圧倒的映像美
特に縦の微妙なドリーがたまらない
スリラーだけど復讐ものでもありつつ寓話的な要素も孕んでる
ゴードが名前の通り神的存在にも見えてくる

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.1

スパイ物カンフーアクション
思ったよりセックス&バイオレンス
一人称視点だったりクライマックスのドリーだったり何気にカメラワーク凝ってる
ブルースリーの回し蹴りめっちゃきれい
音楽もファンクっぽくて好
>>続きを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007年製作の映画)

3.2

サトエリの圧倒的説得力
この永作博美ずっと見てたい
永作博美以外クソしか出てこない
吉田大八十八番の椅子投げ
ある人物の死をサクッと済ませるのも良い
手紙の色までも計算されてる
エンドロールが縦書きな
>>続きを読む

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

3.8

広い所にポツンと居る人の描写 映画的でめっちゃ良い
もれなく全員全裸
セットのシーンがどれも超異様
序盤のドリーを多用したカメラワークがエルトポからの成長を感じさせる
エルトポより好き

母なる証明(2009年製作の映画)

3.7

視点の転換がうますぎる
完全に感情移入させてからの展開が凄い
ウォンビンの俳優復帰作ですでにこのクオリティ

僕らのミライへ逆回転(2008年製作の映画)

3.7

序盤が荒唐無稽すぎる
モンタージュの長回し好き
雑だけど熱意と初期衝動でやってた時が懐かしい
脚本は割と雑な部類に入ると思うが映画に対する熱意、クリエイターに対するリスペクト
映画がさらに好きになる、
>>続きを読む

硫黄島からの手紙(2006年製作の映画)

4.1

渡辺謙、伊原剛志、加瀬亮の圧倒的演技
オーディションで選ばれたと思われる役者の滑舌が悪い
父親たちの星条旗と全く違うアメリカ軍の描き方
2作見ると視点の転換の巧妙さに気付く
自害のシーンがプライベート
>>続きを読む

ブリーダー(1999年製作の映画)

4.6

レオ、レニーとルイーズ、ルイでキャラ造形を反転させてるのが上手い
ビデオ屋のファーストカットと本屋のカットがめっちゃかっこいい
ブラックアウトじゃなくレッドアウトの意味
監督名とかマッドマックス、ブル
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.1

ダニーボイルが「トレインスポッティング見に来たか?俺がそう簡単に続編作るかバカが!その代わりにやべーもん見してやるよ!」って言ってる気がする
冒頭の20年分のモンタージュをさらっとやってのけるあたり
>>続きを読む

父親たちの星条旗(2006年製作の映画)

3.3

過去と現在をカットバックさせるイーストウッドの得意技
またその繋ぎのモンタージュが絶妙な巧さ
プライベートライアン級かあるいはそれ以上の容赦ないゴア描写
イーストウッドはいつもアメリカを客観的に見て、
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.6

ベンアフレックがチャックノリスにしか見えない
序盤の重厚な大使館の映像からアメリカに繋ぎ、ハリウッドのシーンで安心させてからイランの映像への緩急をつけた流れが凄い
ラストの焦らし演出は文句なし
イース
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.2

冒頭から長回し
恐ろしく美しい撮影というか編集
特に海辺のシーンは凄い
普遍的なテーマと貧困、ドラッグ、差別

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

3.8

クレしん映画とは思えないほど静かな演出が続く
構図凄い
脚本の出来が異次元
時代考証の徹底具合
時代劇としてよく出来てる
子供向け映画クレしん映画のタブーに真っ向から踏み込む
結果ギリギリクレしん映画
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年製作の映画)

3.9

キッズと仲良くなるモンタージュがスピルバーグ風
ターミネーターの小ネタ
アクションシーンのビーム描写も日本アニメの伝統を守ってて良い
中盤以降怒涛の展開
ロボットにアイデンティティはあるのか
何を持っ
>>続きを読む

麻薬密売人 プッシャー(1997年製作の映画)

3.0

オープニングからクソかっこいい
マッドマックス、ブルースリー、タクシードライバー、スカーフェイスなどフランクの部屋の美術が素晴らしい
ドキュメンタリックながら計算された長めのカット
今のレフンなら絶対
>>続きを読む

新しき世界(2013年製作の映画)

3.6

脚本出身の監督だけあって話の展開が素晴らしい
ファーストカットで当たりを確信
ファンジョンミンの飄々とした演技が良い
エレベーターのアクションはめちゃくちゃかっこいい
悲しくも美しい

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.0

カット割りが割りと下手なものの妙な引きの構図がこれぞホドロフスキー
衣装というかキャラ造形がコミックチック
キャスティングが凄いイかれてる
寓話的内容

>|