シグのすけさんの映画レビュー・感想・評価

シグのすけ

シグのすけ

先生、明日は台風の影響がありそうなので台風が来ようが来まいが休みます。

映画(2387)
ドラマ(16)

お茶漬の味(1952年製作の映画)

4.0

今まで佐分利信という俳優を、ただそこにいるだけの俳優としか思ってなかったから失礼な話だ。この映画で初めて良い役者なんだなと感心しました。

原節子が出てないので、あまり期待していなかったのだけれど、冒
>>続きを読む

ウェディング・テーブル(2017年製作の映画)

3.0

アメリカの披露宴招待状が日本と似てるんで驚いた。途中まで燃やして気が変わって出席しますって出すって。こりゃ面白そうだと思ったけど、それなりだったかな。

披露宴のスタッフと同じジャケットだとか、刑務所
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.4

相棒役の女性大佐が格好良くて綺麗で良かった。似たような作風が多いのでこの点だけでも大きい。

トムクルーズのアップが意外と多くて、しみじみ観てるうちに、なんか寅さんを思い出した。

ハンサムなトムも、
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

以前の作品や原作で、既に結末を知っていて鑑賞する方が多分多いと思われる。その上で勝負しようとする意欲はたいしたものだなあと思って観てたけど、正直微妙ではあった。

ポアロ役は今作の方が私は好きだけど、
>>続きを読む

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.1

♬俺にはわっからないよ♩おっ前がなぜ〜♩

とつい近藤真彦を口ずさんでしまう位、理解できない。冒頭のダンスシーンの姉と弟の関係がわからない。

なんか描写が薄っぺらくて主人公達の結びつきがわからない。
>>続きを読む

日の名残り(1993年製作の映画)

4.3

格調高いポスターに、カズオイシグロ原作という事でおよび腰だったのだけれど、こんなに面白い作品だとは思わなんだ。

20年以上前の作品とは思えない、あまり変わらないアンソニーホプキンスとエマトンプソンは
>>続きを読む

メジャーリーグ3(1998年製作の映画)

1.5

面白くなかったし、石橋がそもそも野球経験者には見えない。帝京野球部出身なのは知ってるけど。

タイトルに偽り有り。

セルフレス/覚醒した記憶(2015年製作の映画)

3.3

年老いて余命僅かな大金持ちが、もし最新医療で生まれ変われるとしたら?
もっと若い人間を選ぶんじゃなかろうか?

なかなかか面白い導入部で期待したけど、妻と娘を連れての逃走劇になってくると、もう何百回も
>>続きを読む

スペーストラベラーズ(2000年製作の映画)

2.9

以前、開始10分でリタイアしたが安藤政信と金城武が好きなので再チャレンジしてみた。

80年代かと思うような、しょうもない笑いのセンス、舞台劇が原作とはいえありえない展開がだらだら続く。ああ嫌いなフジ
>>続きを読む

ブラック・ファイル 野心の代償(2016年製作の映画)

3.3

アルパチーノが主演と勘違いしていた。勝手に決めつけてはいけない。

なんとも不思議な構成で進んでいく映画、唐突に現れるイ・ビョンホン、雑な脚本なのか狙いなのか微妙だけどなかなか面白い構成。だども主人公
>>続きを読む

華麗なるリベンジ(2015年製作の映画)

3.3

ファンジョンミン主演なら面白かろうと観てたけど、東野幸治(に似てる奴)が結構前に出てきて、ちょっとうざかった。

でも東野は一人でかなり大奮闘してたので、先生はもっと感謝しなければいけない。

冒頭あ
>>続きを読む

スペル(2009年製作の映画)

2.9

銀行のシーンは覚えているが、結末とか忘れた。

ジャケットの老婆がショーンペンにしか見えない。

10日間で男を上手にフル方法(2003年製作の映画)

3.1

前に観た。この手の映画は観ないのに最後まで観たという事は面白かったはず。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

監督、脚本、原作、西川美和。

【ディアドクター】は、あまり好みじゃなかったけど、これは物凄く面白かった。

本木雅彦、竹原ピストル、子役達の演技は勿論素晴らしいけど、この物語を提示する為に彼等を起用
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

もうこれはワンダーなウーマンだったとしか言えない。

配給会社の宣伝マンが「美しく、ぶっ飛ばす」ってコピーを採用されて、してやったり顔をしてるのが眼に浮かぶが、そんなにしてやられてない事を人づてに伝え
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.4

今の漫才事情って、結構ドキュメンタリーとかでも特集されてたりしてるので、特別目新しい気もしなかった。でも流石に菅田将暉は何でも達者にこなすので安心して観てられる。

とはいえ板尾監督の演出に魅力は感じ
>>続きを読む

バグダッド・カフェ(1987年製作の映画)

3.6

ちょっと記憶が曖昧ではあるけれど、風変わりで面白い映画。役者が魅力的だし、アメリカの荒野が舞台のドイツ映画ってのも変わってる。

とはいえ80年代後半のミニシアターで流行って、むやみにありがたがられて
>>続きを読む

リングサイド・ストーリー(2017年製作の映画)

1.9

それなりに前半は楽しんで観てた。瑛太の徹底したクズっぷりが最後に活かされるんだろうと。岩井俊二の登場シーンも面白かったし、プロレス団体の悲哀と、とにかく頑張る佐藤江梨子。


きっとネタバレあります
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.5

その印象的なタイトルと評判で、観よう観ようと思ってたけどチャンスがなかった。まさか2018年にやっと観るとは。

ノスタルジックな少年達の夏の一夜の物語にするには、あまりにも奥菜恵の魅力が邪魔してるん
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.5

まだ記憶に新しいボストンマラソンでの爆弾テロ事件。事実に基づいた感動的な作品ではあるのだけれど、犯人を徹底的なクズに描いているところなどは、プロパガンダ的な匂いがしなくもない。

フェンウェイ球場での
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.8

ツッコミどころはあるけど、この深刻なテーマをポジティブな味付けでしっかり楽しませてくれのは至難の技だと思う。やはりマットデイモンっていい役者だなと改めて思ったのであった。

しかし私がフォローしている
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

随分大げさなタイトルだと思ったけど、すみません。観て納得しました。

宮沢りえが苦手だったし、号泣映画と聞いてスルーしてきたのだけれど、成る程確かに良く出来てる。宮沢りえが苦手なのは変わらないけど。
>>続きを読む

灼熱の魂(2010年製作の映画)

4.2

1+1=1なんて事があるのか?

衝撃的な作品であるという事は聞いていたが、この種のショッキングな結末とは思っていなかった。なんかこう胸がというか内臓全体が痛む感じ。

中盤で登場人物は勘違いをし、視
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.3

おなじみのスポ根風感動映画恋愛添えなので、細かい事は考えず観る筈だった。新垣結衣と瑛太が好きなので楽しめるはずだった。

しかし蒼井優の出番が少な過ぎる。宣伝で蒼井優のはじけっぷりを知ってたので、まさ
>>続きを読む

エンドレス・マーダー(2015年製作の映画)

2.7

冒頭、こいつが主人公?と嫌な予感。中盤からだんだん見慣れて、それなりに情も移ってきたが、何度か睡魔が。

色々ネタバレになるので書けないけど、面白い設定の割には、焦点が定まらず、どんでん返しにもあまり
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

4.0

7年振りぐらいに観た。

強引な力技の韓国復讐映画とは違って、人物の視点を変えて、次々と浮かび上がる新たな真相の連続に目が離せない。いや前に観てるんだけんども。

松たか子は流石だけど、名も知らない子
>>続きを読む

ディーバ(1981年製作の映画)

3.1

80年代にちょっとしたこの映画のブームがあったの覚えとる。これは合わないなとスルーしてきたけどWOWOWでやってたので観て観ました。

うーん。別に何がそんなに良いのかって感じ。

郵便屋の兄ちゃんが
>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

2.8

本編と連続して観た。

最近、一周回って面白い役者に感じられるようになった東出昌大が、まるで主演ばりの大活躍なので楽しめるはずだった。ただの鼻詰まり役者じゃないんだと褒める心持ちだったのだけれども。
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

苦手とか言いながら、黒沢清監督作品10本以上は観てる。だから居心地の悪い空気感にも慣れて来た。

松田龍平のコミカルな感じや、長谷川博己と侵略者の会話なんかが微妙で面白かった。

概念を頂戴するという
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.2

ジャックニコルソンはもちろん、役者さん達の演技が良いな。そしてこの時代特有のの空気感。

息苦しく切ない。

10代の時に、こんな空気の映画を何本も一人で映画館で観ては肩をすぼめて帰った。

そして誰
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.3

ゾンビ映画はほとんど観ないので、間違ってるかもしれないけど、この映画のゾンビ達の演技は凄過ぎないか?特訓とか付け焼き刃では、ああはいかないのでは?

多分だけど、国家レベルでゾンビを育成するとかの動き
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.8

東京の深川で8歳まで育った。

近所には何をしてるかは不明だけど優しい子供好きの人が多く、何かにつけて遊んでもらった気がする。動物園に連れてもらったり、夏はかき氷を食べさせてくれたり。

近所にかなり
>>続きを読む

ギリシャに消えた嘘(2014年製作の映画)

3.0

60年代のギリシャでの謎の男二人と女一人の逃避行。美しい風景とただならぬサスペンスの匂いほのかに。

だめだ。絶対苦手。こんな感じのポスターにそそのかされて観た映画で満足した事ない。

実生活で偏食家
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.6

俺はジョンウィック。昔なじみはジョナサンって俺を呼ぶよ。誰だ?マイナーなファミレスみたいとか言ってる奴は?俺が前作で何人殺したか知ってるのか?俺も数えてないけど。まぁ車と犬を奪われたっつう大義名分で俺>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.2

この映画を観ると自分で決めた以上文句は言うまい。

土屋太鳳はこんな演技もできるんだな。なかなか良かった。なんかオタク的なギャグの応酬にいまいちついていけなかったが、知らない私が悪いのだ。よく聞こえな
>>続きを読む

>|