シグのすけさんの映画レビュー・感想・評価

シグのすけ

シグのすけ

☆ネタバレしないように焦点をぼかしてレビュー。ある日見直すと何ぼかしたか覚えてない。「記憶 改善」でググる。変なサイトをクリックする。会員登録されたらしい。窓を開けて遠くを見る。
☆レビューを読んで「私も観ます」とかコメントした人が本当にその後観たか追跡調査する機関に加盟している。

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.3

主人公の女性プロデューサー役を演じるケイトブランシェットが何とも素晴らしい。

事の成り行きは、スクープの裏取りとかフライング気味の所があり、誤報と言われてもしょうがないのかなという気がしないでもない
>>続きを読む

醜聞(スキャンダル)(1950年製作の映画)

4.3

三船敏郎が颯爽として格好いいのは当然として、左卜全の蛍の光が圧巻。なんだったんだろ、あれは。流れとしてわからなくもないが。あれを黒澤明は見せたかったのかな、撮りたかったのかな。

毎年毎年我々は、、、
>>続きを読む

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.4

つい出来心で観た。

なんか動物の動きが凄い事になってる。ストーリーはともかく見てるだけで面白い。これは映画館で観たら感動かもしれない。レヴェナントでも驚いたが、こっちはあまり怖くないのでありがたい。
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.8

これは良かった。

ダブリンの少年の甘酸っぱい青春と成長物語。80年代に綺麗な近所のお姉さん目当てにバンド始める話、家族や学校やイギリスへの憧れなどを盛り込んでいるが暗くなりすぎずに軽快に観れる。
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.0

何も知らずに観て良かった。犯人役とか知らなくて良かった。

無精髭の刑事、猟奇殺人事件、やたら雨が降っているとくれば韓国映画のお家芸、復讐バイオレンス殺人事件マヌケ警察付きを思い起こさせる。でもさすが
>>続きを読む

マッド・ドライヴ(2015年製作の映画)

3.4

邦題の「マッド・ドライブ」というタイトルを見て誰がUK音楽業界物の映画だと思うのだろう?それも97年設定。オアシス、ブラー、レディオヘッドとかの頃か?

始まってすぐ主人公がとんでもないクズ野郎だとわ
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.2

ホラー映画の割には、なんか綺麗な映像も多く、時間が止まったような静寂さも感じられなかなか良かったなあ。そして十分怖い。

「それ」が形を変えて、性別や年齢や服装も変えて現れるのだけど、1体だけ「これは
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.3

割と好感を持ってる役者さんの名前が多かったので、おじさん向けでは無いと知りつつ観てみたけど意外に面白かった。

就職物語というよりは、コミニュケーションや自己表現の複雑さに重点を置いている気がしました
>>続きを読む

春を背負って(2014年製作の映画)

3.3

好きな俳優が出てると、なんでもないシーンでも自然に笑みがこぼれてくるな。

ストーリーなんてべつにどうでもいいやって思えてくる。山々の撮影に迫力があり、松山ケンイチはいい奴で、蒼井優が元気なら満足だ。
>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.6

初めて噂のミニオンを観てみた。

ああ可愛い。毛が生えてるのか。

個体差どころか名前まであるのだな。

ところで何人いるんだ。

全員の名前覚える自信ない。

選手名鑑みたいの売ってるのか?

三人
>>続きを読む

ホーリー・モーターズ(2012年製作の映画)

4.1

兎にも角にも面白いし、チャーミング。

インターミッションのアコーディオン演奏のわけのわからぬ格好良さはなんなんだ。

TOKYOを観ていたのでメルドが見れてちょっと嬉しかった。

変なシーンに驚いて
>>続きを読む

団地(2015年製作の映画)

3.1

なんとも言えない居心地の悪さを感じて一度10分観ただけで断念して録画消去。その後皆さんのレビューを読んで後半に驚きの展開になると知って再度録画してチャレンジしてみました。

結果的に自分には合わなかっ
>>続きを読む

誘拐犯(2000年製作の映画)

4.0

乾いた映画。

のっけからただならない雰囲気を醸し出す。陰鬱な空気が我々をただただ不安にさせる。銃声の乾いた音が耳から離れない。

●観終わった感想

ただならなかった。

●レビューの反省点
我々と
>>続きを読む

中島みゆき「縁会2012~3 劇場版」(2015年製作の映画)

3.4

中島みゆきだから文句はないのだけれど、選曲が自分の好みと合わなかった。これはしょうがない。誰も悪くはないのに悲しい事はいつもあると中島みゆきも歌ってた。

今でもyoutubeで観れると思うけれど、中
>>続きを読む

ランダム 存在の確率(2013年製作の映画)

2.0

過去に観た記憶あり。

ストーリーも謎の展開にも魅力を感じられず。

無駄に興味を呼び起こすタイトルとポスター。

でも製作した方々はきっと良い人達だと思う。

追跡者(1998年製作の映画)

-

随分前に観たので、なんか地味だった印象しかない。

他の映画と混同してるかもしれない。

ディヴァイド(2011年製作の映画)

2.0

懐かしのマイケルビーンの名前でついふらふらと観たものの、怖いというより醜悪な展開に顔を覆ってほとんど観れませんでした。男の人ってこわい。

以前、居酒屋で「最近見ないけどマイケルビーンって格好良かった
>>続きを読む

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

2.4

もうなんだか笑わせたいのかシリアスな感じなのか?いらいらして観てた。

こういうのは韓国映画の方が面白く料理しそう。なんか似たようなのがあった筈だけど調べない。

中井貴一がフリーキャスターに見えるけ
>>続きを読む

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

3.2

ジェイソンステイサム主演のこの手の映画の識別がかなり難しくなってきてるなか(私だけか?)前作がなかなか良かったので期待したが前作程ではなかったかな。

トミーリージョーンズが変な髭の役づくりで新鮮。識
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.3

リリーフランキーって凄いなと感心した。あのいかれっぷりは映画的なようで、現実に見たことあるような気にさせる。

二階堂ふみと吉田羊、二人とも後半初めて綺麗に見えてきた。失礼な話だけど。この監督は女性の
>>続きを読む

真夜中のカーボーイ(1969年製作の映画)

4.4

10代の時に観た時はダスティンホフマンの演技の凄さに驚き、ラストでしこたま途方にくれて「俺はアメリカンニューシネマしか愛せない体になったのだ」なんて訳のわからない事を教科書に走り書きしたりしてたけど、>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.6

たまにある無機質で風変わりな作品。そもそも世界観が不気味なので、あれっと思う点があっても、そういう世界なのだと納得せざるを得ない。そら恐ろしい設定ではあるが、それなりに面白い。

タイトルの前の謎の女
>>続きを読む

サンダーボルト(1974年製作の映画)

3.8

去年亡くなったマイケルチミノの事を考えてた。

【サンダーボルト】は、【ダーティーハリー2】の脚本を務めたチミノが初めてメガホンを取った作品で、クリントはもちろん格好良く、当時ただのチンピラのようなジ
>>続きを読む

誰よりも狙われた男(2014年製作の映画)

4.5

フィリップシーモアのたぶん遺作にして圧倒的な演技。音楽も素晴らしく、そして空しいラスト。

こういうのに弱い。

だから映画観る。

ガープの世界(1982年製作の映画)

4.6

ジョンアーヴィングの世界をジョージロイヒルが映像化した名作。役者がいちいち素晴らしい。グレンクローズがロビンウィリアムズがジョンリスゴーが。

よんどころない事情でこの世に生を受けて、ガープは前向きに
>>続きを読む

エスコバル 楽園の掟(2014年製作の映画)

3.6

デロトロの名前があるとついつい観る。コロンビアの麻薬王の話らしい。

主人公のカナダ青年がヘラヘラしてるので序盤はどうかと思ったけど、中盤彼がある境地に立たされたあたりから俄然面白くなり、最後まで緊張
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.0

魔がさしてWOWOWで録画してしまったのを観て、苦手なジャンルだと気がついた時にはもう筋肉質の爺いが大暴れしていた。

何故こんな事になった。

彼等はただお金目当てだけだったし、しかも妹を劣悪な環境
>>続きを読む

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.6

オリジナルの「瞳の奥の秘密」を当時観てる。そしてラストの衝撃の洗礼を既に受けているので随分見るか迷ったのだけれど、やはりラストほぼ同じで残念というか、これはしょうがない。

皆さんが書かれてるように、
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.8

先日「葛城事件」を観てしっかり落ち込んで、もうどうにでもなれと思って今作を鑑賞。何故どうにでもなれなのかは不明だが。

もう前評判通りしっかりへこまされました。まぁ覚悟して観ましたが。

人間の業。
>>続きを読む

誘拐の掟(2014年製作の映画)

3.3

安定のリーアム印のアクション親父物と思いきや、調べたら有名な探偵小説の映画化らしい。どおりで画面も内容も暗い。

1999年の話で、パソコンも携帯も苦手だよリーアム設定がなかなか魅力的。無駄なカーチェ
>>続きを読む

ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!/ハード・デイズ・ナイト(1963年製作の映画)

3.7

昔観た記録。

後追いビートルズ世代の私は当初ポールがビートルズを引っ張っている印象を持っていたがこの映画を観ると、いかにジョンが初期のビートルズを牽引していたか良くわかる。はっきりいって【ジョンレノ
>>続きを読む

バングラデシュのコンサート(1971年製作の映画)

3.6

昔観た記録

とにかくラビシャンカールのシタールの演奏が拷問のように長い。3時間ぐらいに感じた。後年、ノラジョーンズが彼の娘と知ってたまげた。

ジョージが主役である自分をかっこよく演出するが、明らか
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.5

有名な大事件がモチーフとなっている事は知っていたので、ある程度予想はしていたがそれにしても気が滅入る。

マイホーム。家族。食事はいつもコンビニ弁当。それだけでこの家族の異常さを際立たせてる。明るいけ
>>続きを読む

スキャナー 記憶のカケラをよむ男(2016年製作の映画)

2.5

のぼうの城を観て、野村萬斎という役者に興味を持って鑑賞してみました。

しかし話が本格的に走り出す中盤までの流れがあまりにも安っぽく辛い。野村萬斎登場迄の宮迫のパートの2時間ドラマ感、取り返しのつかな
>>続きを読む

運命の門(2014年製作の映画)

3.1

カンボジア、ポルポト派、クメールルージュといえば「キリングフィールド」を思い出すし、となれば相当の覚悟を持って挑まざるを得ない。

昨日の夜から食事を取らず、朝5時に起きて白湯だけを飲み、髭を剃り大銀
>>続きを読む

>|