HiroyukiJDKatoさんの映画レビュー・感想・評価

HiroyukiJDKato

HiroyukiJDKato

亜人(2017年製作の映画)

3.3

こうした類の映画は、なかなか話が展開せず、前半はかなり退屈することを覚悟していたが、初めから飛ばしまくりのストーリー展開で思った以上に楽しめた。
川栄李奈の元アイドルとは思えないハードアクションがとて
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

2.3

かなり残虐なシーンもあり、狂気的な内容も多く、所々目を逸らしたくなるシーンもあった。最後は意外な結果ではあったが、全体的には今ひとつはまりきれないという感想だった。

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.9

笑いがあり、コメディ時代劇かと思ったら、まじめな殺陣のシーンもあり、とても楽しめた。

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

3.5

途中やや眠たくなったが、さほどつまらないわけでもなく、田舎生活に憧れる食いしん坊な人にぴったりな映画だと思った。

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.3

リュックベッソン監督にしては、イマイチだった。特に、Lucyが究極で脳を100%使うまでのシーンは過去に戻ったり、宇宙に行ったりするシーンが多くて、しつこいほどだった。

ルパン三世(2014年製作の映画)

2.9

黒木メイサは個人的には良かった。また、玉山鉄二の次元、綾乃剛の五右衛門も良かった。強いて言うならば、玉山鉄二はもう少し声が低ければ良いと思った。一方、ルパンの小栗旬と銭形の浅野忠信はアニメキャラクター>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.7

決闘シーンは圧巻だったが、志々雄を相手に剣心と左之助、斎藤一、蒼紫の4人が相手していたシーンは、できれば剣心一人で志々雄を倒してほしいと思った。

イン・ザ・ヒーロー(2014年製作の映画)

3.4

最後のアクションシーンなどが長過ぎる感はあったが、満足のいく内容だった。

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

3.4

前半少々つまらなかったが、エンディングはミュージカルめいていて、爽快なエンディングで大変良い出来に感じた。

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

3.9

日本版「プリティウーマン」と言えなくもないが、それもまた良し。そしてミュージカル好きなので、ミュージカル仕立てのこの映画は思った以上に面白かった!

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)

3.6

所々不可解なところもあったが、全体としては面白かった。

イコライザー(2014年製作の映画)

4.0

最初からアクションというわけではなく、切なくも爽やかで、かつハードボイルドで、大変気に入った。D

ヘラクレス(2014年製作の映画)

2.8

面白いといえば面白かったが、今ひとつ期待ほどではなかった。

福福荘の福ちゃん(2014年製作の映画)

2.3

正直、あまり面白くなかった。だが、たまにはこういうのんびりした映画もいいと思った。

トワイライト ささらさや(2014年製作の映画)

2.8

面白い!というほどではないが、ほろ苦い切なさがあり、やや気持ちを動かされた。ジオラマのような映像はとても気に入った。

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

2.5

おもしろくないとまでは言わないけど、いまひとつだった。

フューリー(2014年製作の映画)

3.4

どんでん返しが続き、非常にスピード感あふれる良いサスペンス作品だと思った。

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

3.7

このシリーズにしてはやや短い時間だったが、ほぼ集中して楽しめた。ただ、若干戦争シーンが長すぎという印象があった。その一方で、「ロード・オブ・ザ・リング」に続くことを示唆するストーリーも含まれ、大変満足>>続きを読む

バンクーバーの朝日(2014年製作の映画)

3.3

人種差別の時代に野球をひたむきに愛する人々に勇気付けられ、また、そんな日本人野球を受け入れるカナダ人の良心に心を打たれた。

海月姫(2014年製作の映画)

3.4

ストーリーは陳腐な感じがしたが、ギャグは大変笑えた。

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)

3.6

退廃的な映画ではあるが、純粋にハードボイルド・エンターテインメントとして見れば、やっぱりクールで格好良かった。

アゲイン 28年目の甲子園(2014年製作の映画)

3.3

前半はいまひとつ盛り上がりに欠けたが、後からジワジワ来た。震災で亡くなった友人が隠し続けた真実に泣けた。

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

3.6

リーアム・ニーソンの哀愁漂う父親役が切なかった。男とは、父親とはどうあるべきかということを見た気がした。

ST赤と白の捜査ファイル(2015年製作の映画)

2.6

テレビシリーズを見ていたというだけで見たため、期待を外れない程度に面白くもつまらなくもなかった。

マエストロ!(2015年製作の映画)

4.4

西田敏行の演技は圧巻。映画全体としても、自分が好きなベートーベンの「運命」とシューベルトの「未完成」をテーマとしていたこともあり、大満足の一作だった。

エクソダス:神と王(2014年製作の映画)

3.5

チャールトン・ヘストン主演の「十戒」は観たことあるが、映画技術の違いから迫力が段違い。さらに、IMAXで観たので、殊更迫力を感じた。モーゼが預言者でありながら、苦悩を感じながら、人々を導くストーリーが>>続きを読む

ジョーカー・ゲーム(2015年製作の映画)

3.1

全体として悪くはないのに、亀梨を必要以上に格好良く見せようとしたり、エンディングがジャニーズというのはちょっと残念だった。

>|