hisさんの映画レビュー・感想・評価

his

his

土日は映画館で映画を見て、
平日はゲームやったりブルーレイを見たり。
ブログも運営中。
https://his0809-blog-movie-videogame-amecomi.com

映画(400)
ドラマ(11)

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

3.9

Filmarks様の試写会にて鑑賞。
ありがとうございました。

2014年からWWEで活躍していたサラヤ・ジェイド・ベヴィスの半生を脚色して映画化した。
製作総指揮にはドウェイン・ジョンソンことロッ
>>続きを読む

ビトウィーン・トゥ・ファーンズ: ザ・ムービー(2019年製作の映画)

3.7

ナンセンスがセンス抜群でめっちゃ笑える。
素っ頓狂なキャラクターが豪華セレブスターたちとコラボという異色。
そして無駄にオシャレな音楽に彩られたアホなコメディー。

面白かった

長文感想リンク
ht
>>続きを読む

ボックストロール(2014年製作の映画)

3.5

濃すぎる
映像も話も設定も

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-1SZ

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.4

これがブラピプロデュースの宇宙旅行だ

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-1T7

アス(2019年製作の映画)

4.2

壮大なコントなんだけど、
世界観の広がりが面白かった。

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-1SR

ブラインドスポッティング(2018年製作の映画)

3.8

コメディ風の社会派映画オールマイティな映画なのでオススメです。
アイデンティティクライシスなカリフォルニア州の市民の怒りと悲しみと笑い。

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-1
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.2

GTAでバインウッドを冒険した感動が蘇った。
BGMになりうるオフビートな感じがたまらない。

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-1Sz

グラディエーター(2000年製作の映画)

3.9

ラッセル・クロウが強くて面白かった。

長文感想記事リンク
https://wp.me/pag5BM-1RY

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.0

あからさますぎる「この人たち裏があるんです。」感が臭すぎる。
それより早くクリヘムの上裸が見たいんだ。

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-1RC

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.3

根本的には『ワイルド・スピード』の皮を被った『G.I.ジョー』。
平成の仮面ライダーをハリウッドリメイクしたようなアクションの数々がGOOD!!
でも編集が雑でBAD!
マイ・コック・スモール(わたし
>>続きを読む

機動戦士ガンダム(1981年製作の映画)

3.8

シネマコンサートにて鑑賞。
というかシネマコンサートというもの初体験。
さらに生富野を拝めたというガノタ冥利に尽きた。

まだ整合性のシナリオよりもノリや展開が先に出てた
成熟していない時代の作品なの
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.5

単純明快なお祭りプロレスで面白かった。

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-1Rw

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

3.9

真面目な悲劇の映画だった。

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-1Rn

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.4

子供探偵団VSシリアルキラーの顛末は、
隠れた良作を味わったような面白さ。

長文感想記事リンク
https://wp.me/pag5BM-1PP

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

2.8

Filmarksの試写会で鑑賞。
ありがとうございます。

アナベルのスタンド能力に翻弄されるブロンド猫背真面目ガール、そして黒髪不良顔面ガールに将来が楽しみなタレ目美人ガール。
アナベルにかかればこ
>>続きを読む

マッドバウンド 哀しき友情(2017年製作の映画)

3.6

邦題がやる気なくて、
映画の主題だってのはよくわかるが、
それが描かれるのが中盤からで、
それまで叙情的にアメリカ南部で生きることの白人でも黒人でも
過酷という描写が続く。
美麗な映像骨太な音楽が描か
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

闇深いけどジュブナイル恋愛映画でパワフルでした。
胡散臭いとこや2019年での鑑賞しか成立しない企業広告の乱立に
ちょっと嫌悪感を感じた。

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.2

映像技術の高さ、解像度の高さに感動。
物語もおもちゃが今でも好きな自分としては、
愛する彼らが妖精になる様が最高だった。

長文感想リンク
https://wp.me/pag5BM-1NR

ライオン・キング(1994年製作の映画)

3.7

短い。
話は見飽きるほどに単調。
でもミュージカルナンバーがどれも最高。
ミュージカル部分を何度も気楽に見直せる。
最高。

感想長文リンク
https://wp.me/pag5BM-1NX

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

4.0

とてもわかりづらい映画だったけど、
多分ポーランドの西側と東側の思想を暗喩した男女の結びつきを描くことで、国を描いた映画なんだろなって思った。
2人の恋愛のための倫理観がよくわからんが、
音楽と映像が
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.3

面白かった。

お勧めです。

ブログ感想記事リンク
https://wp.me/pag5BM-1MY

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.1

ミステリオの
ジェイク・ジレンホールが最高だった。
中盤以降の彼がめっちゃはまり役で、
彼のフィルモグラフィがあってこその魅力的なキャラクターになっているのがすごかった。

またMCUとしてのキャラ映
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.3

今更見直したが、
伝説のエンタメ映画。
ユニバーサルとアンブリンの黄金期の映画の一つであり、
ユニバーサル・スタジオ・テーマパーク内でもアトラクション化された作品で、
アトラクション要素がぴったりな、
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.1

ディズニーの実写シリーズは苦手。
ダンスやアニメにクリソツなアラジンなど満足ですが、
俺様なウィル・スミスを逆手に取ったジーニーも嫌いではないが、
現在の時流に合わせて女性に配慮した展開にはちょっと飽
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.7

怪獣同士のバトルは至高。
でも話がマッドサイエンティストに偏り過ぎ。

ブログ感想記事リンク
https://wp.me/pag5BM-1LM

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.8

香港映画のリメイクかと思いきや
アイルランド系アメリカ人が南ボストンで生きて
大人になって成功しようとするとこうなっちゃうっていう
悲しいアイルランド系アメリカ人のお話。
だって10年経ってようやく知
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.8

天元突破ギグを見届けた。

ブログ感想記事リンク
https://wp.me/pag5BM-1KK

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.6

英雄譚もクソもない戦争に巻き込まれた人間の弱さだけを忠実に描いていて胸熱の展開など一切なくて辛かった。

ブログ感想記事リンク
https://wp.me/pag5BM-1Kq

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第一話・第二話・第三話(2019年製作の映画)

3.7

復習は必要。
顔と名前が一致しない上に設定が難解。
しかし高品質の映像や難解な物語が非常に素敵。

細かく感想かきました。
https://wp.me/pag5BM-1K2

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.4

ゲーム・ナイト文化がうらやましい映画オタクてきには、
レイチェル・マクアダムスが可愛すぎて可愛すぎて息止まる。

ドタバタコメディ風のちょっとしたスリラーのコメディ。
やりすぎ感あるけど、空いた時間に
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

2.8


普通に面白くなかったです。

いや多分、おれみたいな映画好きのおっさんのための映画というよりは、
ポケモンを知っている。
ポケモンが好き。
とかそういう人に対しての理想郷のアピールなので、
根本的に
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.1

午前十時の映画祭10-FINALにて劇場鑑賞

ジョーズことブルースの強さの説得力が半端ねぇ。
音楽もりもり
映像もりもり

これがサメ教の始祖ってわけさ。

ブログ感想記事リンク
https://w
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.8

11年間22本の集大成にふさわしい映画でした。
本当、このシリーズ全部見ててよかったわぁ。
そしてそれらを包括する脚本がすごかった。

ブログ感想記事リンク
https://wp.me/pag5BM-
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.4

取り柄のない平凡な青年がただただSFパワーを使って、
幸せになっていく物語がとことん愛おしい。

ブログ感想記事リンク
https://wp.me/pag5BM-uC

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

4.5

子供版『グッドフェローズ』。
痛快だがストリートチルドレンという点がものすっごく恐ろしい。



ブログ記事リンク
https://wp.me/pag5BM-1GG

>|