みやさんの映画レビュー・感想・評価

みや

みや

2016/10/9スタート

スプラッターとホラーとオカルトが好き。
時々、時代物。

  • List view
  • Grid view

模倣犯(2002年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

連続殺人鬼が日本中を騒然とさせるサスペンス。
原作は宮部みゆきの同名小説。読了済。

2度目の鑑賞。
首が吹っ飛ぶ以外は何も覚えていなかった。
今後もその記憶が残るだけになりそう。
あんなに原作は面白
>>続きを読む

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

スランプに陥る作家が、盗作されたという理由で嫌がらせを繰り返す男に苦しめられるサスペンス。
スティーヴン・キングの中篇小説『秘密の窓、秘密の庭』が原作。

2度目の鑑賞。
全く覚えていないつもりだった
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

『リング』シリーズの山村貞子と『呪怨』シリーズの佐伯伽椰子が共演したホラー。

「リング」は好きだが、「呪怨」はつまらなくて大嫌い(その割にはほとんど観てる)。
観る前の段階では断トツで貞子派だったが
>>続きを読む

エルサレム(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

イスラエルの聖地エルサレムを旅行で訪れた3人が、贖罪の日に悪魔たちから襲われるオカルトホラー。

イスラエル映画は初めてかもしれない。
面白かった!
オカルトは「面白かった(笑)」になることが多いが、
>>続きを読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

引退して穏やかに老後を過ごすシャーロック・ホームズが、30年前の未解決事件を思い出そうと苦悩する物語。
原作はミッチ・カリン著『ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件』。
ホームズシリーズは読んでいるが
>>続きを読む

母と暮せば(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

1945年8月9日に長崎の原爆で被爆死した青年が、三年後に亡霊となって母親の元に現れるファンタジー物語。

戦争物は嫌い。
でも、この映画は観て、本当に良かった。
素晴らしい。
母親とは生死で別れるこ
>>続きを読む

エミリー 悪夢のベビーシッター(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

両親の結婚記念日に幼い3兄弟の面倒を見ることになったベビーシッターが、次第に奇行をエスカレートさせていくサスペンス。

ベビーシッターであるアンナ(エミリー)の病みっぷりが面白い。
少年にタンポンをね
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

弟から「電気を消すと『それ』が現れる」と相談された姉が実家へ戻り、暗闇から狙ってくる『それ』と戦うホラー映画。

動画サイトで合計1億5000万回再生された恐怖映像が元になっており、それを長編映画化し
>>続きを読む

嗤う伊右衛門(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

家名断絶の危機にある民谷家に浪人・境野伊右衛門が婿入りし、疱瘡のために顔が崩れている岩を不器用ながらにも愛し続けた悲恋の物語。
四代目 鶴屋南北「東海道四谷怪談」と「四谷雑談集」を下敷きに執筆された京
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

戦国諸雄たちの人物像と人間関係を詳細に描いて関ヶ原の戦いを綴る歴史映画。
原作は司馬遼太郎の同名小説。既読済。
映画館にて鑑賞。

原作から引き継いでいる要素は「初芽」という名前くらいかもしれない。
>>続きを読む

青の炎(2003年製作の映画)

5.0

貴志祐介の同名小説が原作。
母と離婚した養父から家族を守るため、男子高校生が完全犯罪を計画するサスペンス。

3度目の鑑賞。原作既読。
どの年齢で何回観ても好き。
切なくて虚しくてやりきれない。

>>続きを読む

グッド・ネイバー (2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

近所の老人宅に監視カメラを密かに仕込んでイタズラを繰り返す男子高校生が、老人の秘密を暴こうと試みるサスペンス映画。

面白かった!
開始10分で突然に法廷の場面へ飛ぶ。
ここで一気に惹きこまれた。
>>続きを読む

魔性の夏 四谷怪談より(1981年製作の映画)

2.0

「東海道四谷怪談」を原作に、アレンジを加えた作品。
再婚の邪魔になるという理由で殺された岩が、夫の民谷伊右衛門の元に怨霊となって現れるサスペンスホラー。

2度目の鑑賞だが、全く覚えていなかった。
>>続きを読む

あいつだ(2015年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

妹を殺された男が、人の死を見ることのできる霊能者と共に真犯人を追い詰めるオカルトサスペンス。

韓国のサスペンスは復讐物がとても多いような気がする。
これも、じめーっとした復讐劇だった。
主人公がとに
>>続きを読む

クリムゾン(2015年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ハロウィンの夜、療養のために島へ来た三姉妹が、100年前の呪いによって甦ったモンスターに襲われるホラー。

冒頭から三人が三人とも我儘で、喧嘩ばかりしているのがイライラする。
特に三女が酷い。
何もせ
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

19世紀のイギリスで「エレファント・マン」と呼ばれたジョゼフ・メリックの半生を描いた実話映画。
見世物小屋で働く畸形の男ジョン・メリックが外科医と出会い、様々な人達と触れ合う物語。

彼と接することに
>>続きを読む

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

4.0

死者の脳から記憶を映像化するMRI捜査を行う科学警察研究所「第九」の刑事たちが、被害者と加害者の秘密を暴いて真相を解き明かしていくSFサスペンス。
清水玲子の漫画『秘密 -トップ・シークレット』が原作
>>続きを読む

インランド・エンパイア(2006年製作の映画)

2.0

映画の主役に抜擢された女優が、次第に現実と虚構が錯綜する日々に翻弄される物語。

難しくて訳が分からないらしいと観る前から諦めていたこともあり、やはりよく理解できなかった。
もっとちゃんと観ていたら分
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

4.0

奇妙な赤ん坊を出産した彼女と結婚した男が、不思議な幻覚の中の彷徨う物語。

2度目の鑑賞。
1回目は内容がさっぱりわからなかったのだけれど、2回目もよく分からなかった。
何が言いたいのだろう。
育児ノ
>>続きを読む

のぞきめ(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

TV局の新米ADが取材現場で遭遇した青年の死を機に、『のぞきめ』の伝承を追いかけるサスペンス・ホラー。
三津田信三の同名小説が原作。未読。

民俗学×アイドル×ホラーの組み合わせは好きなはずなのに、今
>>続きを読む

7500(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ロサンゼルス発東京行きの旅客機7500便の中で、乗員乗客たちが次々と死んでいくホラー。

清水崇監督の作品は今までほとんど合わないので全く期待していなかったのだが、思っていたよりは良かった。
これまで
>>続きを読む

インシテミル 7日間のデス・ゲーム(2010年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

閉鎖空間で7日間を過ごす高時給のアルバイトに集まった10人の男女たちが、参加者同士で殺し合う殺人ゲームを行わさせられるサスペンス映画。
米澤穂信の小説『インシテミル』が原作。未読。

こういう設定は大
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

東宝製作のゴジラシリーズの第29作。
東京湾に巨大生物ゴジラが出現し、日本国政府を中心に国家機関に携わる者や専門家たちが問題解決へと挑む。

初ゴジラ。
あまりに話題になったので気になっていた。
WO
>>続きを読む

巨神兵東京に現わる(2012年製作の映画)

3.0

『風の谷のナウシカ』に登場する巨神兵を用いたスピンオフ作品。
「この街は明日全部壊れる」と予言した弟の言葉通り、巨神兵たちが東京に現れ、街を焼き尽くしていくジブリ映画。

たった10分でありながら、1
>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

3.0

大手生命保険会社に勤める男性が、ある子供の自殺に疑問を抱いたことを機に、その母親から執拗に脅かされるホラー。
貴志祐介の同名小説が原作。

3度目の鑑賞。
原作が大好きなので、原作を読み直したのを機に
>>続きを読む

タイムループ 7回殺された男(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

記憶を失って目覚めた男性が白い仮面の男たちに射殺され、何度目覚めても殺されるアクションサスペンス。

あらすじを読んだだけで絶対に好きだろうと思っていたが、開始4分で心を掴まれた。
その後もずっとハラ
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

超常現象の研究をしていたことが大学に発覚して失職した研究者が、幽霊の実在を証明するために「超常現象究明研究所」を設立するSFコメディ。

前2作から一気に続けて観た。
この2016年版はあまり期待せず
>>続きを読む

ゴーストバスターズ2(1989年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

『ゴーストバスターズ』の続編。
前作から5年後、破壊神からニューヨークを救ったものの賠償金により破産してしまったゴーストバスターズが再び結集され、原因不明の事件を解決するSFコメディ。

いい歳をした
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

超常現象や幽霊を専門にしていた研究者たちが大学を追い出され、科学的に幽霊退治を行う会社「ゴーストバスターズ」を開業して奮闘するSFコメディ。

二度目の鑑賞。
10年ほど前に観た時はとても面白くて、大
>>続きを読む

ミラーズ 呪怨鏡(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

鏡の前でスペードの女王を呼び出す遊びを試した4人の少年少女たちに恐怖が襲い掛かるホラー映画。

日本でいうコックリさんみたいな感じ。
全体的に暗い雰囲気で、雪国の冷たさと相まって、良い空気感だった。
>>続きを読む

28週後...(2007年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「28日後…」の続編。
ウィルス発生から28週後、安全宣言が出されたロンドンへ帰国した姉弟が、死んだはずの母親を見つけたことにより、再び感染が起こるパニックホラー。

奥さんを見殺しにするのも、見殺し
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

精神を凶暴化させるウイルスが蔓延し、壊滅状態になったロンドンで、感染拡大から28日後に目覚めた男が、出会った仲間たちと生き抜くパニックホラー。

随分前に鑑賞したが、タイトル以外はほとんど覚えていなか
>>続きを読む

サマー・インフェルノ(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

キャンプの指導員である4人の男女が、次々と狂暴化しては正気に戻ることを繰り返すホラー映画。

ゾンビ物かと思いきや、ちょっと違った。
ウィルスが入った水を飲むと感染し、感染者に噛まれたり攻撃されるだけ
>>続きを読む

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

芸能界で成功と挫折に分かれていく幼馴染み二人の物語。
加藤シゲアキの同名小説が原作。

原作が好きなので期待値が高い状態で観始めたら、良い意味で裏切られた。
期待とは違った方向性で非常に面白かった。
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

太平洋戦争末期、親を亡くした兄妹が混乱した日本で必死に生き抜こうとするジブリアニメ。
原作は野坂昭如の同名短編小説。

学校の授業で観たような気はするが、戦争物は子供の頃から嫌いだったので、真剣に観た
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

心を閉ざした少女が療養先の地でマーニーと出会い、次第に笑顔を取り戻していくジブリアニメ。
ジョーン・G・ロビンソンの同名小説が原作。

何だかとても難しい。
ファンタジー物だとは思っていなかったので、
>>続きを読む