みやさんの映画レビュー・感想・評価

みや

みや

2016/10/9スタート

スプラッターとホラーとオカルトが好き。
時々、時代物。

  • List view
  • Grid view

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

20世紀初頭、イギリスの古びた屋敷で新婚生活を送る女性が、幽霊の恐怖に悩まされるゴシックホラー。

熱烈な恋をする相手役の男性が全くかっこよくないので、微妙な気持ちにしかならない。
そこでテンションが
>>続きを読む

金田一少年の事件簿(1996年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

孤島にあるオペラ座館で「オペラ座の怪人」のリハーサル中に劇団員の遺体が見つかるミステリ。
原作は天樹征丸、金成陽三郎、さとうふみやによる ノベルス版「金田一少年の事件簿 オペラ座館・新たなる殺人」。未
>>続きを読む

ハイキュー!! 勝者と敗者(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アニメ第14話~ 第25話をベースに新規カットを追加した総集編。
全話視聴済。

IH予選の伊達工戦と青城戦。
最初に観た時は伊達工にそこまで注目していなかったけれど、改めて観てみるとキャラクターに
>>続きを読む

ハイキュー!! 終わりと始まり(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アニメ第1話~ 第13話をベースに新規カットを追加した総集編。
全話視聴済。

最近観たばかりなので、ほとんどの場面をしっかりと覚えている。
端折りながらも上手く繋げてるし、ただストーリーを追うだけで
>>続きを読む

獣は月夜に夢を見る(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

病に冒されてきた母と同じ異変を身体に覚え始めた少女が、次第に自らの存在に気付いていくサスペンス。

行きつく先は吸血鬼やら怪物やらいろいろあれど、今回は狼女に変身してまう少女の物語で、ストーリーはそこ
>>続きを読む

シークレット・デイ あの日、少女たちは赤ん坊を殺した(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

七年前に赤ん坊を殺害した少女2人が少年院を出所した直後、新たな誘拐事件が発生するサスペンス。
ローラ・リップマン『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』が原作。

女って怖い。母親って怖い。
嫉妬とか、相
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

17時から17時11分までの11分間に11人の人々の間で起こる出来事を複数の視点から描くスリラー映画。

複数視点で物語が進む仕組みは好きだが、あまりにそれぞれの繋がりが希薄すぎて、全く入りこめない。
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

20年前に名門寄宿舎学校の近くで起きた解決済の惨殺事件を特捜部Qが再調査するシリーズ第二弾。
ユッシ・エーズラ・オールスンの同名小説が原作。読了済。

1作目の映画を覚えていなかったので、小説とは違う
>>続きを読む

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

無事に参勤を終えた直後、湯長谷藩で起こった一揆を治めるために超高速で戻ることを余儀なくされる一行を描く時代物コメディ。

前作をほとんど覚えていないため、序盤から高いノリに付いていくのが辛かった。
>>続きを読む

スペル(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

不動産ローンの延長を求める老女を拒否した銀行員が、老女から不気味な呪文(スペル)を掛けられ、次々と恐ろしい現象に襲われるホラー。

次長職を争っている最中だから頑張らないといけなかったり、菜食主義者だ
>>続きを読む

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

-

享保20年、磐城国・湯長谷藩の藩士たちが5日以内に参勤しろという無理難題に挑む時代物コメディ。

続編鑑賞前に登録。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビが蔓延する世界で偶然出会った4人が、独自のルールに則って遊園地を目指すコメディ。

初っ端からテンポが良く、最後に至るまでゾンビ愛が詰まっている。
ただただ脳を空っぽに、ひたすらおバカを楽しめた
>>続きを読む

ラザロ・エフェクト(2015年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

死者を蘇させる血清を開発中に急死した仲間が、蘇生させた研究者たちを次々と襲うホラー。

一応はゾンビ物になるのだろうか。
ゾンビ物とは雰囲気が全く違い、どちらかというと超能力みたいな感じだった。
前半
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

家出資金のために盲目の老人宅へ侵入した三人組が、恐ろしい反撃に合うホラーサスペンス。

何も考えずにWOWOWで予約したら、吹替え版だった。
普段は字幕の方が好きだけれど、水樹奈々・梶裕貴・江口拓也と
>>続きを読む

探偵ミタライの事件簿 星籠の海(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

脳科学者の御手洗が、半年に6体の遺体が海岸で発見された瀬戸内海の興居島へ行き、複数の事件を謎解くミステリ。
島田荘司の御手洗潔シリーズ「星籠の海 The Clockwork Current」が原作。
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

雨の日にだけ猟奇殺人を行うカエル男を刑事が追うサスペンスホラー。
巴亮介の同名漫画が原作。

スプラッタな私刑という、大好きすぎるテーマ。
当然乍ら面白かった。
ストーリーもテンポよく展開していって、
>>続きを読む

ミュージアム 序章(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

娘を誘拐されたジャーナリストが、犯人だと名乗る「カエル男」に指示された通りに撮影させられるサスペンススリラー。
「ミュージアム」のアナザーストーリー。

「ミュージアム」を観る前に、先にこちらを鑑賞。
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

謎のウイルスによってゾンビが横行する18世紀末のイギリスで、ベネット家の5人姉妹が戦いと恋愛に励むラブホラーサスペンス。

ジェーン・オースティン著『高慢と偏見』を下敷きにセス・グレアム=スミス書いた
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1980年代後半、マンハッタン働くエリートビジネスマンの男が、連続殺人快楽殺人を繰り返すサスペンス。
ブレット・イーストン・エリスの同名小説が原作。読了済。

原作はとても面白かったが、あれをどのよう
>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

田舎の小屋へ旅行に来た大学生たちが皮膚の爛れた男と出会い、地元民に広がる奇病に襲われるサスペンス。

2002年に上映された映画を、同じ監督が撮り直したらしく、それで「リブート」という名が付いている。
>>続きを読む

PANDEMIC パンデミック(2016年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

原因不明のウイルスが蔓延するアメリカで未感染者を守るチームに配属された女医が救出へ行くパニックサスペンス。

苦手なPOV形式で、更に複数人の視点が入り乱れるので、戦闘場面は何がどうなっているのか全く
>>続きを読む

杉原千畝(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦中、独断で日本通過のヴィザを発行し、ナチスによる迫害から多くのユダヤ人を救った外交官・杉原千畝の生涯を描く歴史映画。

杉原千畝という人物に興味を持っていたので、あまり好きではないな戦争
>>続きを読む

プリースト 悪魔を葬る者(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

神父と神学校生が魔物に取り憑かれた女子高校生を救うために悪魔祓いの儀式を行うオカルト映画。

これまで抱いていた韓国映画の印象とは少し違う。
そもそもオカルトな雰囲気を感じる韓国物は初めてかもしれない
>>続きを読む

クロノス(1992年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

永遠の命を与える小さな機械『クロノス』を巡り、血に囚われた古物商と不老不死を望む富豪が争うホラー。

女神像から涌き出る虫が気持ち悪くて、初っ端で心が萎える。
おじいちゃんが恍惚に悶えたり、床の血を舐
>>続きを読む

怪談(1965年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

4つの怪談をオムニバス形式としたホラー映画。
小泉八雲『怪談』が原作。随分前に読了済。

長い映画なので、何日かに分けて観た。
セリフが無い、音楽や効果音だけの場面が多く、そこがとても良い。
静かだっ
>>続きを読む

コードギアス 亡国のアキト/第3章 輝くもの天より堕つ(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

『コードギアス 反逆のルルーシュ』と同じ世界を舞台としたスピンオフ作品。
全5部作第3弾。

声優目当てで鑑賞。
ピエル・アノウが第2章に登場していなかったため、一つ飛ばして観たので、当然ながらストー
>>続きを読む

コードギアス 亡国のアキト/第1章 翼竜は舞い降りた(2012年製作の映画)

-

『コードギアス 反逆のルルーシュ』と同じ世界を舞台としたスピンオフ作品。
全5部作の第1弾。

声優目当てで鑑賞。

ディアボロス 悪魔の扉(1997年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

法律事務所にスカウトされた若手敏腕弁護士が、悪魔である総帥の手によって恐怖を体験させられるオカルト映画。
アンドリュー・ネイダーマンの小説『悪魔の弁護人』が原作。

がっつり悪魔が出てくるのでオカルト
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何度もタイムリープを繰り返す特殊能力「再上映(リバイバル)」を持つ青年が、母の死をきっかけに18年前の殺人事件を再び調査するサスペンス。
三部けいの同名漫画が原作。未読。
アニメを鑑賞済。

アニメが
>>続きを読む

殺されたミンジュ(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

女子高生・ミンジュが7人の男たちに殺されてから1年後、7人の謎の集団が事件の容疑者たちを捕まえ、復讐をしていくサスペンス。

韓国映画のホラーは好きだけれど、サスペンス系はつまらないことが多い。
今回
>>続きを読む

g@me.(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

仕事上で侮辱されたクライアントの娘が家出する現場に出くわした男が、彼女を人質として父親から身代金を奪う狂言誘拐を行うミステリ。
原作は東野圭吾『ゲームの名は誘拐』。読了済。

2度目の鑑賞。
前回観た
>>続きを読む

エクソシスト(1973年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

悪魔に憑依された少女を救うため、神父たちが悪魔祓いを行うオカルト映画。

2度目の鑑賞。
前回観た際、結構インパクトがあったと思っていたのだが、前半はあまり記憶に残っていなかった。
イラクでの発掘現場
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

初めて行く祖父母の家で3つの約束を守るように言われた姉弟が、次第に祖父母の奇妙な行動を知っていくホラー。

あまり物語に入りこめず、あっさりと流し観て終わってしまった。
好きな雰囲気の内容だと思うのだ
>>続きを読む

エルム街の悪夢(1984年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

夢の中で殺人鬼フレディ・クルーガーに襲われた人々が、現実でも死んでしまうホラー。

タイトルもフレディの名も聞いたことは勿論あるが、ストーリーは全く知らなかった。
序盤からずっと面白くて、ワクワクし続
>>続きを読む

13日の金曜日(1980年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1980年の13日の金曜日にキャンプ場で次々と殺人が起こるスプラッター映画。

二度目の鑑賞。
言わずと知れた、スプラッター映画の名作。
先入観もあるのかもしれないが、やはり面白い。

ジェイソンと言
>>続きを読む

YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト(2016年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

新入生を殺した過去を隠しながらリゾートでバカンスを楽しむ男女6人が、次々に殺されていくホラー。

「ラストサマー」の雰囲気が漂う。
殺人を犯したことを秘密にする仲間たち、若者たちが盛り上がる裏で殺して
>>続きを読む

>|