みやさんの映画レビュー・感想・評価

みや

みや

映画(349)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

エスケープ・ルーム(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

密室から脱出するイベント『エスケープ・ルーム』に参加した6人が間違えると殺される死のゲームから抜け出そうとするスリラー。

オチの意味がさっぱり理解できない。どういうこと??
途中のあれやこれやとかを
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ソーヤー家で5歳の誕生日にチェーンソーのプレゼントをもらったジェドが十年後に厚生施設から脱走し、殺人鬼へと変貌を遂げていくスリラー。
「悪魔のいけにえ」の前日譚。

大好きな「悪魔のいけにえ」に出てく
>>続きを読む

8mm(1999年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

少女の惨殺場面が写された8mmフィルムの真偽を私立探偵が探っていくサスペンス。

二度目の鑑賞だが、随分前に観たので内容は微塵も覚えていなかった。
前回に観たときは恐らくスナッフ・フィルムをまだ知らな
>>続きを読む

THE GAME ザ・ゲーム(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

密室からの脱出ゲームに参加した四人が本物の悪魔の箱の封印を解いてしまい、悪魔に憑りつかれた殺人鬼役の俳優に襲われるスリラー。

見事なまでにB級。
色々と温いし荒があるしツッコミどころ満載。
でも、こ
>>続きを読む

ゲヘナ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

リゾートホテル建設のためにサイパン島を訪れた人々がジャングルにある洞窟に迷い込むホラー。

ジャケットの煽りが嘘くさすぎて全く期待せずに観始めたら凄く面白かった。
スペインによる植民地支配、第二次世界
>>続きを読む

マーラ(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

睡眠中の夫を殺した嫌疑に掛けられた妻が悪霊の仕業だと主張する事件を犯罪心理学者が調査するオカルトホラー。

寝ている間に悪霊に襲われるというn番煎じのネタ。もう飽きたよ。
それだけ睡眠麻痺、要は金縛り
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

冬の間だけホテルを管理する仕事に就いた作家志望の男が氷雪に閉ざされた場所で精神的に不安定になっていき、妻子を襲いだすホラー。
スティーヴン・キングの同名小説が原作。

第二回ホラー映画会で鑑賞。
観る
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

怪死した祖父の遺言に従って小さな島を訪れた少年が同じ1日を繰り返し続けるループ世界で生きる不思議な能力を持つ子どもたちとミス・ペレグリンに出会うファンタジー。

第二回ホラー映画会で鑑賞。みんなで観た
>>続きを読む

死霊院 世界で最も呪われた事件(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ルーマニアで悪魔払いの儀式中に修道女が死んだ事件をジャーナリストが探るオカルトホラー。

特に何の捻りもない、ありきたりなエクソシスト物だった。
途中途中で大きな音の安易な驚かし系が入ったり、車のバッ
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

「死霊館」シリーズのスピンオフ第2弾。
1952年ルーマニア、修道院で若いシスターが自殺した事件の真相を派遣された神父と見習いシスターが調べるオカルトホラー。

「死霊館」シリーズは数が多すぎるし、そ
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

19世紀後半、銃の製造販売で巨万の財を築いたウィンチェスター家の人々が相次いで死に、亡霊の侵入を食い止めるために増改築しても屋敷では不可解な現象が続くオカルトホラー。

萎えてしまうことの多い家物ホラ
>>続きを読む

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

幽霊や超能力を全く信じない心理学者が怪現象を体験した三人の男性と話すホラー。

病気の子供のお見舞いを放棄したた夜間警備員、親に嘘を吐いて無免許運転した青年、高齢出産で妻が死んだ仕事漬けのエリート男。
>>続きを読む

ドント・ヘルプ(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

大金を奪うために豪邸へ忍び込んだ三姉妹が、地下室で監禁された少女を助けたことで怪異に襲われるオカルトホラー。

序盤のあらすじだけだと完全に「ドント・ブリーズ」だが、内容はがっつりオカルトホラーで、三
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

体の入れ替わった少年少女が互いの生活を過ごしながら恋に落ちていく青春アニメ。

タイトルと主題歌以外、前情報の無い状態で観ることができたのは本当に恵まれていた。
明るく楽しい物語を想像していたので、良
>>続きを読む

星を追う子ども(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

幼い頃に父を亡くした少女が地下世界に住む少年と共に冒険するジュブナイルファンタジー。

これまで観てきた新海作品とはストーリーも絵も大分違い、ジブリ感が満載だった。
ストーリーはド定番の王道ファンタジ
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

互いに惹かれ合っていた小学生の二人が大人になるまでの様子を短編3話の連作で描くアニメ映画。

今まで観た新海作品の中で一番分かりやすく、最後まで楽しめた。
直球の青春恋愛物は苦手な分野だけれど、押しつ
>>続きを読む

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

南北に分断された戦後の日本で、二人の青年が謎の病に冒された少女を救おうとするアニメ映画。

まだ2作目だけれど、この監督の作品は自分に合わないかもしれない。
軽い青春物だと思って観始めたら、案外設定が
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

靴職人を目指す高校生が雨の日だけ公園で会える一人の女性に恋をするアニメ映画。

とにかく映像が綺麗。
思っていた以上の美しさだった。
特に景色が綺麗で、それに対して人物が雑なのはなぜなのだろう。
だか
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

地域ふれあい交流会の実行委員となった高校生4人が、それぞれが抱える葛藤をミュージカルの練習を通じて乗り越えていく青春アニメ。

絵に描いたような青春。
世の中にはこんな青春を本当に過ごしている(過ごし
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

米国ニュー・イングランドの海水浴場に現われた人食い鮫の退治を目指すパニックスリラー。

これまでパニック映画はあまり惹かれなくて観てこなかったけれど、有名どころだけは抑えていくことにした。その第1弾。
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ドイツの名門バレエ学校へ入学した少女が、学園で相次ぐ異常な事態に巻き込まれていくオカルトホラー。

ホラーが苦手な友人たちと共に、恐らく四度目の鑑賞。
何度観ても、美しい色彩と素晴らしい音楽に痺れる。
>>続きを読む

エンドレス・マーダー(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

妻を亡くした心の傷を抱える殺し屋が、何度自殺しても奇跡的に生き延びてしまう不死身の男から殺すように依頼されるサスペンス。

殺す側も殺される側もかっこよくないというか、生理的に受け付けないタイプの二人
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

名門女子高で生徒たちの憧れだった文学サークルの会長の死を、残された部員たちが創作した小説を発表し合う定例会で明らかにしていくミステリ。
原作は秋吉理香子の同名小説。

なぜだかあまり期待を持てずに見始
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ルークにフォースを磨く修行を求めるレイが、祖父ダース・ベイダーから魔力を受け継いだカイロ・レンをダークサイドから逃がそうと挑むSF。
『スター・ウォーズ』シリーズの第8作品目、レイが主人公の続三部作の
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

DID(解離性同一性障害)で23重人格を持つ男に誘拐された三人の女子高生が脱出を試みるスリラー。

主人公の女の子が信じられないくらいに可愛い。
正に美少女。
もうそれだけで幸せだった。
アニャ・テイ
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

犯罪稼業から一切手を引くと宣言したドンのマイケルに対して、コルレオーネ・ファミリーの一部が謀反を企てる、シリーズ最終章。

1,2を観返し、そのままの流れで初めて3を鑑賞。
2の切なさと虚しさに包まれ
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作でファミリーの首領になったマイケルのその後と、前作で他界したドン・ヴィト・コルレオーネの青年時代を交互に描くサスペンス。

3度目の鑑賞。
1以上に全く覚えてなかったけれど、2も凄く面白かった。
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦後のニューヨーク、コルレオーネ家のドンが襲われたことからマフィア・ファミリー同士の抗争が激化するサスペンス。
原作はマリオ・プーゾ著の同名小説。 未読。

3回目の視聴。
ほとんど覚えて
>>続きを読む

ザ・ハウス 呪縛の時計塔/ザ・ハウス ~呪縛のAIマンション(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

呪われた建物を全面改装して作られた最先端マンションで、次々と人が死んでいくホラー。

呪われた家物ホラーなのだが、リフォームされた最新テクノロジーマンションという新鮮な設定だった。
最先端の割には中途
>>続きを読む

10x10 テン・バイ・テン(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

10フィート四方の防音室に監禁された女性が、過去の秘密を告白させられるスリラー。

こういう設定の作品は結構好きなのだけれど、これはハマらなかった。
頭脳戦心理戦ではなく、肉弾戦が多すぎる。
もっと言
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ映画の撮影中に本物のゾンビが襲来するゾンビコメディ。
(全然違う)

あまりにも話題作すぎてビクビクしていたけれど、何とか情報をシャットアウトし続けて、ネタバレ無く観ることができた。
大体予想通
>>続きを読む

ドクター・エクソシスト(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人間の潜在意識に入り込んで心の闇に巣食う悪霊を退治する科学者が、かつて妻子を殺した悪霊に憑りつかれた少年を通じて戦いに挑むオカルトホラー。

異色のオカルト物。
つい冷めて苦笑してしまうことも多いエク
>>続きを読む

SHUT/OUT シャット/アウト (2014年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

アイドリング状態で排気ガスを流す車が置かれたガレージで目を覚ました女性が脱出を試みるスリラー。

びっくりするくらいに超低予算。
ほとんどが一室の中に一人だけ。
その割には飽きることなく最後まで観られ
>>続きを読む

トーナメント(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

飲酒運転で見知らぬ男性を轢き殺した夫婦が、自宅のガレージに隠した死体から二人の家の住所を記したメモを見つけたことから恐怖が始まるサスペンススリラー。

映画を観た後にジャケ絵を見たら、あまりに違いすぎ
>>続きを読む

呪怨 終わりの始まり(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

不登校児童の家を訪問した小学校教師が不可解な現象に襲われ続けるホラー。

3度目の鑑賞。
今回も時間軸の入れ替えは健在。
気を付けながら観ていたから戸惑うことなく、むしろこれがあったからこその面白さだ
>>続きを読む

呪怨2(2003年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ホラークイーンと呼ばれる女優が怪奇番組で幽霊屋敷を訪れて以来、スタッフや親しい人たちが不可解な事件に襲われていくホラー。

3度目の鑑賞。
今まで呪怨で面白いと思えたことがなかったのだけれど、今回はち
>>続きを読む

>|