あきらさんの映画レビュー・感想・評価

あきら

あきら

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.8

『スプリット』見たらこれも見なきゃだよね、ということで見たのは良いけどレビュー書くの忘れてた。

ヒーロー誕生までの経緯を主人公の日常と絡めながら地味に描く。独特の雰囲気というか、割と淡々と話が進む。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

期待してた程ではなかったけど、みんな演技が上手かったのはよかった。特にあの家政婦さんの表情の演技は見事。全力疾走シーンは笑ってしまった。胸糞な終わり方じゃなくちゃんとかたをつけて終わったのでよかったで>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

いやあ、面白かった。やっぱ他人のスマホなんて友達だろうが夫婦だろうが見るべきじゃないですね。秘密が出るわ出るわ。そしてラストはまさかの…。修羅場好きな人はどうぞ。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.5

実話なんですねこれ。エンディングロール見るまで気づきませんでした。凄まじい迫力の災害は一見の価値あり。

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.8

最後でええーっ!?ってなった。執念がすごい。サスペンス好きは是非見るべきだと思う。

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.5

ハードル上がりまくった状態だったからどうかなーと思ったけど、予想以上に面白かった。やっぱどんでん返しはいいね!! ゲームの道具に目新しさがあんまりなかった(レーザーカッターのやつ以外)のはちょっと残念>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.5

主人公役の子、演技上手いなあ。久しぶりに名優の姿が見られたのもよかった。みなさん言われてるけどオチがびっくり。そっちとは。個人的には好きなオチでした。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.5

ホラーというよりミステリ的な面白さの方が強かった。邦画ホラーの中ではかなりの当たり。

アジョシ(2010年製作の映画)

3.8

動きのキレが凄まじい。用心棒との一騎打ちかっこよかった…。

ブレア・ウィッチ(2016年製作の映画)

3.0

前作ラストで登場人物の1人が壁に向かって立ってた意味がわかったのはよかった。よく出来てはいるけど、やっぱり1作目には敵わないかなあ。

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

3.5

アルツハイマーかと思いきや…?キャッチコピーのラスト10分の衝撃映像は言うほど衝撃ではなかったものの、全体的によく出来てた。長くないしホラー見たい人にはいいかも。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

いやあ、面白かった。主人公が自閉症という設定が珍しくてのめり込んでしまった。登場人物の関係がすごく丁寧に描かれてるのもグッド。アクションシーンは銃撃戦メインだけど迫力あって良かった。満足。続編あったら>>続きを読む

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

主演の親子の演技がすごい。妄想と見せかけて本当にいましたってことでいいのかな。オチは飼っちゃうの!?ってびっくりしてしまった。

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

4.5

大好きな映画。VSものってタイトルとかジャケットがそれっぽいだけで、いざ本編見ると全然戦ってないじゃん!
みたいなの多いんだけど、この作品ではこれでもかってくらい全力でぶつかってる。ホラー界2大スタ
>>続きを読む

オキュラス 怨霊鏡(2013年製作の映画)

4.2

すごく好きなんだけど評価低いのが残念。両親を呪いの鏡に殺された姉弟が鏡に反撃する話。
反撃の仕方がサーモグラフィやピタゴラスイッチ的な仕掛けなど、現代機器満載なのが楽しい。しかしそれをものともしない鏡
>>続きを読む

P2(2007年製作の映画)

4.0

だいぶ前に見てたけど感想書いてなかったので。サイコストーカー野郎に地下駐車場に閉じ込められた会社員のお姉さんの災難。ただ逃げ惑うだけじゃなくて反撃もしてくれるのがよかった。やっぱ追い詰められた女性は強>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.7

ストーリーは今までのエイリアンのなぞった感じ(時系列的には本編前だけど)で、未開拓の惑星に着陸した船員がエイリアンに襲われるといういつものやつ。でもプロメテウス見てないとわからない伏線やシーンが結構あ>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.8

暗闇になると現れ、明かりをつけると消えるというルールを最後まで崩さなかったのはさすが。主人公の姉弟が可愛い。母親の最後の決断もよかった。ビビらせポイントもたくさんあってホラーとしても良作。満足だった。

スケア・キャンペーン(2016年製作の映画)

2.8

うーーーーむ。ドッキリに次ぐ逆ドッキリの連続。つまらないことはないんだけど消化不良感。期待してたほどではなかった。

NY 心霊捜査官(2014年製作の映画)

3.5

思いのほかストーリーがしっかりしてて面白かった。悪魔祓いのシーンも迫力はあるけど、ちょっとあっさりしすぎで「え、終わり?」ってなった。暇な時にはいいかも。

スケルトン・キー(2005年製作の映画)

4.5

伏線が素晴らしい。オチも見事。もっと広まってもいいと思う映画でした。