ひつじさんの映画レビュー・感想・評価

ひつじ

ひつじ

主に洋画を観ます。海外ドラマも大好きです。
書いてない感想が沢山あるので書かなくては。

映画(1342)
ドラマ(5)

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.9

難しそうなお話なので、予習してから観たら、何とかついていくことが出来ました。
初めはワクワクドキドキしてたけど、終盤になるにつれて心が重くなってきた。
人が数値化されるって言葉にはドキッとさせられた。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.8

良すぎて言うことなしです。
出てる人みんな素晴らしい。
ジャックウィルとヴィアが特に良かったね。お姉ちゃんのヴィアがすごく可愛かった。いじけちゃいそうな所を擦れないでいられるのが凄い。
ジャックウィル
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.5

暗いな〜
なんだか上手く言えないけど、なんとなくスケールの小ささを感じたかな。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.3

カットされてると分かって観たので…まあ、ノーカットとは別物なのかもしれないけど、それなりに見応えはありました。
気になったのはやたらとペニーワイズがやたらと積極的だな、と。
怖いんだけど、怖がらせるな
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

スピード感があって面白かった。
裏テーマなのか(表なのかもしれないけど)父親との関係で、男性からの支配に焦点を当てて、ラストでその気持ちが清算されるのは良かった。

ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

3.4

キーワードはギックリ腰だね。(笑)
それのお陰で笑えたわ。

イエスタデイ(2014年製作の映画)

3.7

どちらにせよ、キムはモテ男なのだな。
ニーナもセシリアも可愛すぎる。
ニーナの小悪魔感もいいし、セシリアの不器用な感じもいい(笑)
ザ・思春期。

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんかアッサリしてるな〜あと30分で終わっちゃうけど…?と思っていたらお腹えぐられる。ドンデン返しというか…いや、そうだよね、伏線はあったよね、うん。
ジュリア・ロバーツすごい老けたな〜と思ってたら、
>>続きを読む

ディナーラッシュ(2001年製作の映画)

2.6

思ったのと違った…いや、いいんだけどさ。こっちが勝手に期待したから。
もっと料理作るとかそういうのかと…

億男(2018年製作の映画)

3.6

面白かったけど、もうちょっと掘り下げられないかな…と思ってたら、テレビで観たので35分もカットされてたらしい。
ちゃんとフルで観なきゃだめだ〜
結構いいセリフとか、お金への考えとかあったけど忘れちゃっ
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.3

思ってたのと少し違ったけど、これは何度も観て楽しむものかも。
じわじわくる。

恋のロンドン狂騒曲(2010年製作の映画)

3.3

ウディ・アレンにしてはオチが薄い…
スピリチュアルにハマるお母さんがウザくて面白かった(笑)

リチャード・リンクレイター 職業:映画監督(2016年製作の映画)

3.5

情熱あるなー。
やたらハリウッド批判の発言があったけど、中々ジレンマ。
アートに傾倒するとヒットしない可能性が高いし、ヒットにばかり焦点を合わせるとアートが蔑ろにされる。
それを両立するのがプロか。

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

3.7

すごい根性のある作品…誰か途中で辞めたりしたら完成しないよね…
アメリカの子ってこんなに家庭環境の変化があるものなのだろうか。大変そうだけど強くなれそうだね。

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

一家に一匹?一頭?パディントンが欲しいくらい。
家にパディントンがいたら頑張れそう。
最高にかわいい。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.3

オリジナル版を観てたので、あーこんなんだったなぁ〜と思い出しながら観た。
リメイクするにも同じハワイでリメイクするって面白いね。

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

3.5

サスペンス部分?は何となく予想ついたけど、ラストは完全にやられた。
全然予想してなかったので、ビックリ!

スーサイド・ライブ(2017年製作の映画)

3.4

なんとも評価が難しい作品。
意味のある死なんてあるのかな。
そのため(死ぬことで何かを良くする)の番組だったのに手段(自殺)が目的に変わってしまった。
透明性を第一にしていたのに吹っ飛んでしまった。
>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

2.8

なんだか物足りない…もっと怖いの観たことあるからなあ。
それにしても父親はかなり勝手な人だ。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

2.8

前作では気づかなかったけど、キアヌが鈍臭いこと鈍臭いこと…走り方も銃の構え方もアクションもすべて鈍臭い…!
流石にこれが伝説の殺し屋とは無理がある。こんなん岡田くんにやらせた方が全然マシ!
犬もビーグ
>>続きを読む

ベイブ/都会へ行く(1998年製作の映画)

3.4

ベイブはいつでも健気よなぁ。お爺さんとの交流が観たかったな。都会へ行かなくてもよかったな。

ザ・シークレット・サービス(1993年製作の映画)

3.2

なんだか鈍臭いな…それから中々のお年のオジさん…お爺さん?(笑)がかなり年下の綺麗な女の人にモーションかけていく感じが私は見てられなかった。そもそも恋愛要素いらないよなぁ。

ルージュの手紙(2017年製作の映画)

2.8

なんかよく分からなかった…ちゃんと観れなかったかも。

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

3.7

淡々と進んでいって、あるところで急にショッキング…淡々と観ていたのに想像以上にショックを受けてしまった。
少し希望というか明るさが見えたところだったので。
悲しい、悲しいと思っていたが最後にジーンと感
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.9

想像していたよりポップで観やすかった。もっと心臓がきゅーっとなって、苦しいかと思ったけど、ロージーの明るさに助けられてこんな風に人生勢いで!生きてもいいかもと思わせられた。
どう考えても2人はお似合い
>>続きを読む

ルーキー・ハウス・ガール(2011年製作の映画)

4.3

最高にかわいい。
こんなに爽やかで満たされる気持ちになるのは久しぶりだー。
フェリティ・ジョーンズが魅力的すぎる。
もっと、恋愛が軸なのかと思ったらスノボの方がメインなんだね。
こういうスポ根もの好き
>>続きを読む

あなたとのキスまでの距離(2013年製作の映画)

3.3

ラストの写真撮影が恐怖すぎる…
旦那がちょっと子供っぽい所もあるが、奥さんがかなりキツめだから、旦那を擁護したくなってしまった。
家庭や子供があるのは分かるが人生一度…子供もそれなりに大きくなったし、
>>続きを読む

ゾディアック(2005年製作の映画)

3.4

どこまで本当なのかと思ったら、あの記者?漫画家?の人が書いた本をベースに作っているのか。
ゾディアックがなぜそこまで注目されたのか、アメリカってシリアルキラーが沢山いるイメージだしゾディアックよりもっ
>>続きを読む

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

4.2

「スパイとはこいういものだ!」と退職最後の日に見せつけるロバート・レッドフォード。
会議室にいるたくさんのお偉いさん方がアホに見える。あんたら保身ばかりですな〜
師匠最高にかっこ良かったな。
「ディナ
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.5

途中途中で眠気に襲われ…睡眠薬かってくらいよく寝てしまった(笑)
でも、ちゃんと見ましたよ!
タランティーノを語れるほど彼の映画を観てるわけではないのですが、思ったより面白かった。

>|