hitujiotoko56さんの映画レビュー・感想・評価

hitujiotoko56

hitujiotoko56

映画(79)
ドラマ(4)

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あなたは自分の仕事にどれだけ夢中になれているだろうか?

主人公のひとりクリスチャンベイル演じるケンは、とても周りとの協調力があるとは言えない。
ただひたすら車への情熱を燃やしている。
それはレースに
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

4.1

松たか子、 広瀬すず、福山雅治、中山美穂、豊悦
おまけに降谷建志の息子、降谷凪まで出演という凄いキャスト!!

松たか子のお茶目な感じ久しぶりでした笑
そして広瀬すずの圧倒的美少女感。。

手紙がキー
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.2

上映時間長すぎ!笑

登場人物の名前が覚えられず、主人公が誰の話をしているのか分からなくなる問題で、集中力半減しましたw

それぞれの役者のオーラは半端なかったですね。ただ印象に残ったのそこだけなのか
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

死者の口が開いた

という冒頭のテロップから始まる今作。
相変わらず出だしのセンスがすばらし。

評価は賛否両論だそうだが、確かにその理由も頷けますね。
やはり今までのスターウォーズへのリスペクトが強
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

4.0

ラグビー日本代表の活躍に沸いた2019年
そしてその日本代表の快進撃を止めた南アフリカ

その1995年に南アフリカがワールドカップ初優勝を果たすのだが、その裏にはどのようなドラマがあったのか!?って
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

VRを映画にするってそもそも映画が非現実世界じゃんと思い、食指があまり動かなかったのですが、、

さすがのスピルバーグ監督、良き感じの映像作品にまとまってました。
VR内のゲームの謎を解くというのはハ
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.1

池井戸潤原作シリーズ

半沢直樹が爆発的なヒットしたせいで池井戸潤原作もの演出が画一化されてきているのでは(キャストも含めて)という感は否めないですが、、

野村寛斎のくせがすごい!
香川照之のくせが
>>続きを読む

エリザベスタウン(2005年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

お気に入りの映画でDVDも保有していましたが、実はまだ1回しか観てないことに気がつき、もう一度観ることにしました。

2回目を観終えて、やはりあの時(たぶん10年以上も前ですが)の感動は間違ってなかっ
>>続きを読む

PとJK(2017年製作の映画)

3.2

元々の設定が無理があるのは、分かっておりますが、、、
周りの理解を得るのが簡単すぎませんかね。。

お互いに好きになるの早すぎるし。
その辺に至るまでが一番盛り上がるのに。

最後の方のmarry y
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

初めてのグランドシネマサンシャイン池袋はこの作品で

1人で観に行きましたが、両隣カップルに挟まれた状態にも関わらず機材トラブルにより30分開始が遅れるという苦難を乗り越えての鑑賞でしたw

映画は私
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

正直、君の名はのほうが良かったなあ

ここへの感想は明日書こうと思い、一日が過ぎたのですが、、

一日経ってもこの映画の余韻が残っている。。君の名はと比較するからいかんのであって、やはり新海監督とRA
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

天は二物を与えずと言いますが、それ嘘やんってなりましたw

ブラッドリークーパーの演技は相変わらず素晴らしいのですが、歌も上手いし、監督までやるとは。。
しかもこの映画の撮り方が実に自分好みでした。特
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.4

ジョージ〜
終始友達であるゴリラを気遣う主人公。
そして敵とみなした人間には容赦なし!

パッケージのイメージとは違いまさかの友情ストーリーとは。
手話で意思疏通はかるとかこの映画の作り話なのかと思っ
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.7

あなたたちすごく臭いよ足の爪

主人公のバスターが原宿からきたレッサーパンダの女の子たちを勧誘する時にtalentedを誤訳したもの

この映画の最大のインパクトはこのシーンでしたw

というくらい
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

愛するものを奪われた時、人はどのような行動に出るのか

ストーリーの始めから違和感があるのですが、その伏線が後半、見事に回収されていきます。

雰囲気はドラマのモンテクリスト伯に似てましたね。同じよ
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

記憶もしくは思い出というのは、言うまでもなく、人間に大きな影響を与える。
幼少期のトラウマがその後の性格を決めてしまうというのはよく知られている話である。

もしその一部の記憶を改竄することができたら
>>続きを読む

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

4.0

日常的に音楽が流れていて、各々が自由に音楽に乗りながら、生活すればもう少し世界が幸せになるんじゃないかと。音楽の力で。まあ無理なんですけど、そんな世界は夢見ていたりします。

数あるミュージカルある中
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.0

普通に2dで観ようといつもの劇場のサイトで予約をしようとしたところ、目に入りました、4DXマキシマムバトルエディション。。。

なにそれ

めっちゃ気になるじゃん

というわけで観てきましたマキシマム
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.5

原作既読での鑑賞です。

小説を映像化するにあたり、難しいんだろうなと思うのは、小説では細かく記載されている心理描写をいかに演技で表現するという点ですが、その部分が伝わってこなかったのかなと。

割と
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.0

シリーズ作品ものは3くらいまで来ると往々にして、前作を超えれないものですが、マーベル作品はそんなことないですね。

ガーディアンオブギャラクシーもリミックスのほうが良かったですし!

今回はスタークが
>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分の死を回避できない苦悩からではあるものの、前回以上に前半はスタークの傍若無人ぶりが際立ちます。。

そしてその問題の解決するのが、なんとおとーさんが残してくれたもの。

父からあまり愛情を受けてい
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.8

働きはじめは真っ当な目標を持っていたものの、現場を知り、いつのまにか仕事の方向性を見失う。

特に本人が真面目で、そして思い込みが強い性格だとどんどん間違った方向に進んでいってしまう。

どんな職業で
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.0

昔観たんですが、まったくストーリー覚えておらず、再鑑賞。

なんといってもスタークのキャラクターが良いですね!!
世界一頭の良いヒーロー!
ロバート ダウニー jrが他の作品に出演しにくくなるくらいハ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.2

実写化のハードルが高いと思われたキングダムをよくここまでのクオリティに持って行けたことに脱帽です!

キングダムが良い作品であることの要素としてまず各キャラクターが非常に魅力的であることが挙げられます
>>続きを読む

ハルク(2003年製作の映画)

3.2

昔観たのですが、なぜハルクがあのように変身するようになったのか、まったく思い出せないので、再度鑑賞。

終始ダークな感じに描かれていて、バットマン的な要素が強かったです。
ハルクが囚われてからがすこし
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

4.0

マイティソー 名前が神様っぽくないし、
なんだか格闘家にいそうな名前だなって思って観てたら、武器もハンマーだし!

原題はソー(thor)だけなんですね。

自分の身勝手な行動が国の危機を招き、
追放
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

もやし男がドーピングした結果が、キャプテンアメリカだったとは!

筋肉ムキムキになった後は国債を買わせるためのイメージキャラクターになったり、
変な盾背負って、敵地に潜入したりとか
コミカルなシーンが
>>続きを読む

トイレのピエタ(2015年製作の映画)

3.4

ガンは死ぬ期限をだいたいにおいて決めてくれるから、自分は死ぬならガンで死にたいと養老孟司は言っている。

自分が死ぬと分かったときに人間がどういった感じになるのかが生々しく表現されている。

人間は食
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.6

エンドゲームが近々公開を控えており、フィルマークスのレビューアーの皆様もかなり盛りあがっている状況なので、これは乗り遅れてはいかんということで。。

マーベル作品好きは好きなのですが、断片的に気になる
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

正直、ちょっとストーリーについていけなかったですorz

以下、疑問に感じたことをつらつらと。

主人公、能力開花するの早すぎじゃない!?
マントって結局なにもの??
ボスキャラ素直に交渉応じすぎじゃ
>>続きを読む

アントワーヌ・グリーズマン: レジェンドの誕生(2019年製作の映画)

3.8

最近ネットフリックスが独自で映画を製作しているとのことですが、これもその中の1作品。

グリーズマン誰が演じるんだろう??
と思っていましたが、ドキュメンタリー
として本人や関係者のインタビューを
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.1

ネットを通じて様々な情報が流れるようになった現代社会においてセキュリティは非常に重要なキーワードですが、暗号化の先駆的なものとして有名なエニグマ解読の物語。

様々な葛藤を抱えながら、エニグマ解読とい
>>続きを読む

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

キミスイがすごい良い映画だったかつ
永野芽郁推しなので、これは行くしかないっしょということで映画館で鑑賞。

周りがカップルだらけのアウェーな状況でしたが。。

やはりキミスイには勝てませんでしたが、
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.5

主人公のセクハラっぷりが半端ない!!
ただ福山雅治の男祭行ったことある身分としては、そこまで役とのギャップを感じない笑

モテキの大根監督ということなので、
割ときわどいとこ攻めてくるかと思いましたが
>>続きを読む

お米とおっぱい。(2011年製作の映画)

2.5

かめとめの作品の監督というのが頭にある状況にあると、どうしても途中で展開変わるのかなと期待しますが、特に変わることなくそのまま話は進みます。。。

このような映画で思い出すのが、キサラギとか大洗にも星
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.4

ララランドのエマストーンと久しぶりのテニス映画ということでかなり期待度高く観たのですが。。

1970年代に当時女王と呼ばれたビリージーンが女性の地位向上を求めて往年の名プレーヤと勝負をするという実際
>>続きを読む

>|