Ciさんの映画レビュー・感想・評価

Ci

Ci

ジュブナイル好き

映画(208)
ドラマ(0)

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

ホラーって一体なに…
全体的に撮影の緊張感とか監督の力みとか伝わってきて、それだけ完成された作品なのだろう
突如ズームするカットなんか好き

娼年(2018年製作の映画)

3.5

オムニバスセックス物語(小説風)

これ応援上演あったって本当ですか?

フッテージ デス・スパイラル(2015年製作の映画)

2.2

設定が同じなので手探りの恐怖感が消えた。最後がなんとも微妙

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

2.8

殺っちゃえアート
お洒落過ぎないお洒落がシャレ

バードマンを感じた
ジェイクの吹き替え良

フッテージ(2012年製作の映画)

3.2

BAN系苦手故に、クトゥルフ神話等のSAN値チェックポイント入る意味を実地で理解した

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.5

東洋に輸入されてたとしてあまり普及はしなさそう、もしくはヨーロッパになる魚もメロメロ

Qの人とスネイプ先生のポコパン

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.9

PixarTechnologyどうなってるの??
モアナの体格、髪、海、水圧

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

3.0

天才。汗の使い手汗柱
何回見ても途中で寝てしまうが

ホーンティング(1999年製作の映画)

3.4

ホラーを期待してはいけない
ダークファンタジーかな、ストーリーも在り来り。画だけは綺麗

感情移入もできないが、そのフワッとした感じは良い。
装飾が一々綺麗で繰り返し見れる

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

2.9

水槽が不気味で綺麗。ここに100点

でんでんの演技は怪演其物だが、途中校長先生のおはなし症候群を発動したため10秒スキップスキップスキップしちゃった。残念。

普通に暗いし胸糞だしエログロ系だが、何
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.2

ホラーグロを求めてる人には物足りなく、シナリオを求めてる人にも物足りなく。
全体的におしい気がします

あとポスターでグロ系アピールしてるがそんなグロはない

ホラー系の中ではそこそこ悪くはない印象。
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

3.7

後味悪い映画って事前に知っていたのでそれほど鬱にはならなかった。
知らずに見ていたら絶望してたかも。

最後の演出は素晴らしい
視点を変えると「パパ因果応報」って題でもよさそうですね。

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.8

純粋な少年少女ジュブナイル
エリの事を好きになれるかで評価がわかれそう。
見所は主人公の成長。

見終わったあとはエモみあります。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

2.3

キンロ!

マグノリア並の長さ
見てて中だるみしてしまう

グランドホテル式の長編作はやっぱ本で見たほうが楽しめるかな
個々の物語は長いので、映画の場合その分造形に拘るとかスリリングにするとかしてほし
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.8

上映中に見た人が揃って酷評していたので遠回しにしてた

正直そこまで面白くない、細田作品にありがちなエキサイトが今回は全くなかったからかな?
が、画と構成にセンスは感じる。じんわりと心に残る映画だなと
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.6

キンロ!

アメージングしか見たことなかったので、突然のティーンの軽さに驚いた。良い意味でね

アベンジャーズ無知ですが、見てみたいなと思いました。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

装飾のパンチがでかい

クラシックほぼ知らないが、ベートーヴェン第九は偶々知っててウンチングウンチングしてたのでテンション上がった。

今の日本って心からのワルは少ないんよとか言ってた母の言葉が染みる
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.7

かしこいのび太と映画ジャイアン+αの友情物語…Ver.USA

鑑賞後に小学生時代の青春の記憶を手繰る用の映画

少年青春物は好きだが、シンプルイズベスト。
この映画がなんだかんだシンプルでわかり易い
>>続きを読む

草原の実験(2014年製作の映画)

4.1

この映画、4DXで草原や雨の匂いとか風とか着けたら最高だろうな

多分芸術に詳しくない人の方が楽しめる、構図と少女が完癖すぎて呆然
眠いのに主人公に魅了されて目蓋閉じれなかった
少女っぽいのに女性らし
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

3.7

金ロより

幼い頃、実家に唯一あったビデオテープがジャファーの逆襲。
ずっとジャファー視点で見ていたので、ポッと出アラジンがあまり好きではなかった。ジャスミンに関しては空気すぎて記憶がない。

ついに
>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.7

ネタバレではないのでレビューにもこれはこういうお話し等と書かれているが、

是非、何も情報入ってない状態で見て評価して欲しい作品。

下町のスチームパンク感がよい

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

4.8

まず、白黒映画でもここまでできるのかと驚いた。なんだか映像がきらきらしていて綺麗

物語は終始重く切ない雰囲気。とにかく切ない
なのに、純粋なポーレットと心優しいミッシェルの2人を見ていると心が和む
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.0

普通に面白いが、現実的故とくに目立つ特徴がないかな〜

なんか子供可哀想よなと思ったけど
この時代の男尊女卑凄い様だし、マーガレット自身も商売とかした事なかったんだろうな…
って考えると夫に流されてい
>>続きを読む

スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)

2.9

パンチが足りないシザーハンズ
シザーハンズと同じ空気に存在してるが、質量が足りずチープになっちゃった

若ジョニデとデュラハンをもっとズシンドガーンって使って欲しい

バートンの世界観は良かったが何か
>>続きを読む

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

3.3

世界観はちょっと初期に戻ってサッと2000年代に帰ってきたティムバートン
独創的で奇特
色彩装飾はウィニーにナイトメアとマーズアタック煮込んでぶち込んだ感じ
独創的で奇特
CGとかジョニーの声優もヴィ
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.4

原作未読
映画じゃなくてMVだったら★5

ストーリーはかなり早巻&事象のターン制
スピード感がキャストの画を一層引き立てているが、視聴者は置いてけぼり。
また、BGMは素晴らしいが合わせ方に違和感
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

5.0

ティムバートンの洒脱な世界観と
ほんのり地に足が着いたような現実感が
素晴しいマッチングを果たした

比較対象がアレだが、【Life is beautiful】 と少し構成が似ていると思う。
前半と後
>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

3.8

フリスタイルダンジョン!しか知識ないけどなんか好き🚐

>|