親分さんの映画レビュー・感想・評価

親分

親分

48歳 ジジイ
映画・バイクツーリング・登山・写真撮影・らんちゅう・読書・中学野球部指導・サックス・・・
ただの多趣味じゃなく 全部本気でやっとるよ!

映画(747)
ドラマ(0)

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

3.7

特に感動とかはなかったけど、いい映画だった。

この映画に関しての予備知識はまったく無く、ドラマも見てないし 原作も未読。
つーより東野圭吾原作だということさえ知らなかったが、見ていくうちに 『なんか
>>続きを読む

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(2010年製作の映画)

3.3

仕事云々じゃなく 人生の価値観についての話だな。
人は何のために仕事をやっているのか?
『生きていくための金のため』と答える人が大半だと思うが、ホントにそーだろーか?
子供にお金がかかるから、家のロー
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.6

オープニングのテロップとか 役所広司の愛車に古いセドの330を使ったり、いかにもタランティーノっぽいな〜 と思わせて まったく違う映画。
かなり評判が悪いみたいだけど、オレ的には それほど悪くないと
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.6

ジョセフ・ゴードン=レヴィット
あるときは綱渡りをやり
またあるときはCIA。
実はガンだったなんて 。。。
車の中で大声で叫ぶシーンが印象的だった。
オレだったら どーするんだろ?
もうじき51歳
>>続きを読む

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

3.3

ストーリーとしては まったく つまらないのに、なぜか不思議な余韻を残す映画。
それもこれもモーガンフリーマンだからなんだろーな。

大空港2013(2013年製作の映画)

2.5

ちっとも おもしろくない。
竹内結子がカワイイだけ。

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.6

仕事とか職業なんて範疇を飛び越え、人生のあり方みたいなもんを考えさせてくれる映画だった。
スマホ圏外。
近所にコンビニなし。
買い物に行くのに数時間。
時代に取り残されたところ。
たしかに不便だよな。
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.6

よく練られた映画でオレ的にはストライク!
ただ、、、 あの社長は何の容疑で調べられとるわけ?

阿修羅のごとく(2003年製作の映画)

3.1

15年前の映画
大竹しのぶも まだまだ色気があってギリセーフ。
黒木瞳 最高! こんな女と結婚したのに浮気するヤツおらんやろ!?
恭子(深田) あかん 垢抜けてねぇ!

平成時代の映画だが時代
>>続きを読む

ジャッジ!(2013年製作の映画)

3.2

ジャンル的にはコメディ映画なんだろーけど、それほど笑えない。
小さなジャブ程度はあるけど ガツンと来るものがない。
実際 こーゆー賞ってあるのかな?
調べてみると日本だけの賞みたいなのはあるみたいだけ
>>続きを読む

愛を積むひと(2015年製作の映画)

3.7

北海道から帰ってきた その日に鑑賞。
劇中 使われた家は美瑛にあるらしく見学も可能らしい。
北海道旅行に行く前に この映画を観てたら きっと この家に行ったんだろーが、、、 残念。
『来年 一緒に
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.2

いろんな意味で意味がわからん。
背中に色を塗ったゴキブリ... あれ何の意味があるわけ?
てか、弟が『カリフラワー』って言葉に怒ったやん、それは?
細かい点を挙げれば まだまだ わからんところが か
>>続きを読む

釣りバカ日誌11(1999年製作の映画)

3.2

桜井幸子 若くてカワイイ。
最近 沖縄に行ってきた。
まだ沖縄気分に浸りたくて 沖縄が舞台の映画で それを満たそう ってことで この映画をチョイス。

ハイビスカス 沖縄そば シーサー ...
>>続きを読む

野獣死すべし(1980年製作の映画)

3.5

松田優作 カッチョええわ。
息子2人も いい役者だけど、やっぱり親父の凄さと比べちまうと 、、、
これこそセンスだな。
しかし 映画自体は ... ? ? ?

ぱいかじ南海作戦(2012年製作の映画)

3.0

先週 沖縄に行ってきた。
帰ってきてからも沖縄の余韻がさめない。
もっと沖縄気分に浸りたい。
ってことで沖縄が舞台の映画を探してみた。
重い内容の映画は見たくねぇ!
ってことで これをチョイスしてみた
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

ところどころ寝てしまったが、、、
素晴らしい映画だった。
なんといってもメリル・ストリープの名演に拍手!
途中までは経験もなく いかにも自信なさげだったのに、次第に強い信念によって少しずつ自信へと変わ
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.2

デヴィッドが何歳という設定になっとるのか知らねーけど、その歳になるまで自分の能力に気づかねぇー、、なんてありえんやん?
全体的に派手さは まったくないし スプリットと違って恐怖感もない。
けど だから
>>続きを読む

ターミネーター4(2009年製作の映画)

3.2

ハラハラ感とか まったくナシ。
1と比べたら映像とか すげー進歩しとるはずなのに なんで こんなに つまらんくなっちまったわけ?

スプリット(2017年製作の映画)

3.7

期待値が低かった分 予想に反して結構楽しめた。
ラストのケイシーは別人格だったのか?
次作が楽しみだ。

ブラックホーク・ダウン(2001年製作の映画)

3.5

スゲぇ〜わ。
ほとんど戦闘シーンだわ。
130インチ シアタールームで 映画館以上の大音響にして観たんだけどさ、、、
もう観てる ってのを通り越えて 戦場に連れこまれちまったて。
息を押し殺しながら
>>続きを読む

グラディエーター(2000年製作の映画)

4.0

こーゆー復讐劇ってのは世界共通で好まれるんだろ〜な〜。
結論は わかりきってるはずなのに、それを達成してラストを迎えるときには スカっとしてしまっている。
単純な自分に つくづく呆れてしまったりもする
>>続きを読む

家族ゲーム(1983年製作の映画)

3.8

この映画 いったい何を訴えたかったんだろ?
そんなことを考えることさえ無意味なのかもしれない。
特にラストのヘリコプターのシーン ...
観る人によって解釈は いろいろあるんだろーけど、そのどれもが正
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.8

こわい、こわい。。。
こんなゲーム やったらあかんわ。
ただの会話劇なのに 携帯電話という まさに現代のブラックボックス? パンドラの箱を うまいこと使って 人間の欲望、信頼関係の脆さなどなどを見せ
>>続きを読む

ターミネーター3(2003年製作の映画)

3.6

あまり評価は良くないみたいだが、オレ的には不満はない。
不満はないが、2で終わっておけば良かったシリーズ映画だと思う。

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.8

行動範囲が広がる高校生になった頃 交友関係がめちゃくちゃ広がった。
けど結局 今つきあってるのは 保育園時代からの親友と呼べる 7人くらいだけ。
男は結婚して遠くに行っちゃうケースも少ないから 昔の仲
>>続きを読む

摩天楼を夢みて(1992年製作の映画)

3.2

22才〜30才まで ひたすらセールスマンやってたっけ。
おもっきし自慢だが、その8年間 ずっとトップセールスマンを走り続けた。
塾の勧誘、子供の教材、布団、ソーラー、印鑑、消化器、、、
それこそ全盛期
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.8

2029年 .... 11年後だぜ。
この未来は的中するのか?

最初にコレ観たときは まだビデオテープだった。
ドラクエ4だっけ?
ドラクエⅣは人工知能を搭載していて、キャラが戦闘結果を学習して成
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

映画館で観たかった。
てか、4DXで観たかった。
タイミングが合わず結局 本日 自宅シアタールームで鑑賞。
初っ端 レースのシーン、スゲ〜わ。
こんなんオレもやりてぇ〜わ。
昨年末 長崎のハウステンボ
>>続きを読む

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

2.8

3作目となると さすがに観る側も見慣れてしまっているし、当然 前々作 前作以上を期待してしまうから 評価は厳しくなってしまう。
ハッキリ言って 3は つまらんかった。
良いところを探してみるが まった
>>続きを読む

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

3.7

ブレイキングバッドに出てくるガスのモデル? と思いながら観とったんだけど、まったく関係ねーのかな?

事実に基づいて作られた映画で どの人物に対しても特別な感情を入れず 忠実に それぞれの人物を描
>>続きを読む

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

3.3

今回の大爆笑は シャンパンのコルクロケットだった。
それ以外にもケツパンチ、ケツハマキなど笑えるところはあるものの 『世界の…』ほどじゃなかったな〜。
遊園地の景品が伏線になっとるとは、、 そこの回
>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

4.0

比較対象というかライバル作品は どーしても前作になってしまう。
続編の不利は どの映画も同じ。
たしかに 前作のような新鮮さはない。
しかし ハラハラ感は決して負けてない。
てか、こちらの方が確実にレ
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.4

人種差別の映画を見るたびに思うことがある。
たとえば この映画に関していえば ナチスのユダヤ人に対する仕打ちになるわけだが、ナチスを見て ひどいヤツらだな〜と思うが、それはナチスがヒドイわけじゃなく、
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

1.0

なんなん この映画は?
ただのB級映画にしては コリン ファレル ニコール キッドマンなど 豪華キャストだし。。。
つか、この映画のドコがいいわけ?
まだ何も起こってなかったとき
夫婦で麻酔プレイ
>>続きを読む

>|