しのぶさんの映画レビュー・感想・評価

しのぶ

しのぶ

不穏な映画があったら教えてください
主に2017.04〜

映画(134)
ドラマ(82)

悪人(2010年製作の映画)

3.0

長かった……
テーマは割と簡単なのに。
深津絵里の役が等身大に自分勝手な女でよかった。

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.4

清水富美加の声がいい。
煽り文句で安っぽい映画なのかな?と思っていたけど、お嬢様学校版・芥川龍之介「藪の中」って感じで楽しかった。飯豊まりえがかわいい。

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり(2008年製作の映画)

3.4

軽い気持ちで観たけど良かった。原作にちゃんと寄せてるキャラがえらい

BECK(2010年製作の映画)

3.3

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンじゃーん!っていうツッコミをしつつ、コユキの歌を最後まで聴かせないのは正解だと思った。原作も好き。

DEATH NOTE デスノート the Last name(2006年製作の映画)

3.6

ミサミサが本当に最高。大好き。
DEATHNOTEはL編までが醍醐味なので、夜神月がちょっとバカだけど映画のほうが好きかもしれない。終わり方が。

ビートルジュース(1988年製作の映画)

4.2

友達と夜中に観るには最高がすぎる映画だった。
USJのビートルジュースロックンロールショーのとき「なんでこのおっさん関西弁? 大阪だから??」と思ってたら、映画がそうなんだね。元が西部訛りとかなのかな
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.3

岡真理さんの「虚ろなまなざし」という評論があるけど、三隅はそれで言うところの『それ』=「it」なんだろうなと思った。
役所広司さんがすごい。『渇き。』のときとは逆のベクトルで良かった。
あとはパーツの
>>続きを読む

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)

2.5

ポストアポカリプス物としては面白かったけど、ストーリーがレールに乗りすぎてて「うん、そうだね」感がすごい

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大好きな映画がまた増えた、なんで今まで観てなかったんだろう?

ミルク・プラスの女体家具のシーン、園子温が『TOKYO TRIBE』でオマージュしてたのねって気づいたり楽しかった! 他にも色彩とか、園
>>続きを読む

黒執事(2013年製作の映画)

2.0

スチームパンクな舞台設定は好き。正直黒執事ではない。

DEATH NOTE デスノート(2006年製作の映画)

2.8

戸田恵梨香のミサミサほんとに可愛すぎ、古いな!って思うチャチな背景とか気になっちゃうし、藤原竜也の夜神月はちょっと冷静さに欠けて不満だけどミサミサで全てを許せる

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.5

最低限の答え合わせは欲しかった……説明が足りなすぎる。香川照之の演技は怖くてよかったけど、家の中が家じゃなさすぎてファンタジーになってた。サイコパス物じゃやっぱり冷たい熱帯魚に勝てる映画はないかな…。>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

4.1

太陽の元で生きられる「キュリオ」の世界がポストアポカリプスで、陽を浴びたら死んでしまう夜にしか生きられない「ノクス」がディストピアだなと思った。銀河鉄道999の「人間」と「機械化人間」の対立構造を思わ>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

4.3

ヤクザの抗争大好き人間にはたまらない。間宮ほんと最後まで分かんなかった。犀原ジュニアの玉城ティナちゃんマジで可愛かったし、伝説の死のキス最高です。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.5

夏休みに必ずやるポケモン映画みたいに毎年やってほしい

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

3.5

初めて見たのはラブホだったな、面白くて2時まで見てた。ビニール袋絞殺のシーンマジで苦しそう。あと苦しんでる菅田将暉が最高。

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.7

名シーンがめちゃくちゃきちんと再現されてて笑った。二の腕骨折ジャンプのウシジマくん、姿勢が可愛い。

ライチ☆光クラブ(2016年製作の映画)

3.0

内藤監督、ほんと小道具とか美術が上手い。野村周平がパズルから打って変わったキャラやっててよかった。

パズル(2013年製作の映画)

3.8

意欲作なんじゃないかな…
グロいのダメな人は絶対見ないほうがいいけど、少年少女の組み合わせが好きな人は好きだと思う。夏帆がスイッチ押して、野村周平がロボットみたいに動いて止まるところが微笑ましくて可愛
>>続きを読む

ホーンズ 容疑者と告白の角(2013年製作の映画)

3.0

監督で気になってて観た。
日本人はいい加減にクソダサい副題つけるのやめたほうがいい。生ぬるい邦題から想像出来ないほどエグかった。脚本にわりと振り回されたけど、最後はまぁそうなるよねって感じだった。

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

2.0

吉沢亮の顔がひたすらよかった。
隠しきれない美貌。
ただそれだけ。

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.6

何やってても全部ギャグに見えて笑った。
少林寺拳法の練習しながら恋バナするところと、修行した場所でマウント取るシーンが好き。

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.6

友達とか恋人とかじゃなくて、どうしようもなくシビアに「君」と「僕」「私」でいたくなる関係があって、それは絶妙なバランスで成り立っているということを思い出した。桜庭一樹の「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

4.4

相変わらず中島哲也の豪華なMVみたいに映画撮るやり方が大好き。麻薬みたいな絵作りにコーティングされた内容がありえないくらいつらくて、2013が未来だったころを想像してちょっと泣いた

ラブ&ピース(2015年製作の映画)

4.0

トイ・ストーリーとシン・ゴジラでした。良かった。

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.8

普通によかった、園子温ぽくなかった、ビジネス映画だからかな?
夜の街知ってる人ほどいいなって思うはず

葛城事件(2016年製作の映画)

2.0

救いようがなさすぎるのと、セリフが総じて作りものっぽいところが好きじゃなかった……
親の呪い、国の呪い、呪いが何重にもかさなるとこうなると思ったら全然他人事じゃないし、むしろもううちも壊れてると思った

告白(2010年製作の映画)

3.7

画面作りが「中島哲也」って感じだった。鮮やかな花、陰影、グレーと白、プリズムのかかった少年少女、流れるエレクトロニカ、アイドルの曲。MVみたいな映像作り。
話も、小説より整理されてて分かりやすかった。
>>続きを読む

喰女 クイメ(2014年製作の映画)

1.5

ホラーじゃないやんけ!グロいだけ!オチも落ちてない。
って映画館でめっちゃ言った記憶。良さは感じなかった。1人の人間の思い込みっぽい世界観が嫌いなのかもしれない。

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

2.0

謎解きしないのはズルいというか、映画としてそれアリなの……たぶん続編作るつもりだったんだろうけど、三池監督が飽きたか、原作者からストップ出たか、興行成績悪かったかどれかだと思う。
神木隆之介にキモいっ
>>続きを読む

>|