tonton88さんの映画レビュー・感想・評価

tonton88

tonton88

映画(99)
ドラマ(0)

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003年製作の映画)

3.2

お話の筋も展開も仕掛けも
全てを楽しむための作品

いわゆる映像加工、編集的な演出も
この時代ならではの楽しさ。

ラスボスと3人の闘いまでのの流れを楽しむ
あっという間の90分あまり。


このバカ
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.3

全てを捧げてきた。
のはどちらか?

どちらもか?

自分の型を崩さずに
相手を巻き込んでいるつもりが
いつのまにか、追いかけて
相手に巻き込まれている。

引いてみる。
許してみる。
赦される。
>>続きを読む

セットアップ: ウソつきは恋のはじまり(2018年製作の映画)

3.1

お仕事ムービーとして
さらっと観れて
まぁまぁ、共感。

そんなにうまくいくの?
とか言いながら、あっという間に進んでく
そんなドタバタも楽しめる人には
いい映画?!

ゾーイ・ドゥイッチが
キュート
>>続きを読む

エクスペンダブルズ(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アメリカン
ド派手アクション!!

シンプルな展開で
前半からテンポもよく、

スタローンにスイッチが入る!

------
彼女は何かと闘ってた。

だがいつかそれも渇く。
このペイントのように。
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.6

GB。
そこは、戦時中のヨーロッパ某所。

ピンクの館と
パープルのコンシェルジュとベルボーイ。
真っ赤なエレベーター。
色遣いがポップなスイーツ。

何も持たぬ青年が
師となるコンシェルジュから
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.5

謎解きは大好き。
2時間引き込まれましたー。

向かうべき敵が誰なのか?
はっきりとさせずに、後半まで引き込まれて
解ってからの展開は早い。

ダビンチコードに比べると
キリスト教など歴史的遺産に関わ
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.9

人生の選択。

自分の中の基準。
あらゆる事象や、ファクト
偉業や先駆者への憧れ。

誰もが持つ、大金を得ることへの野心。
物質的に不自由のない生活。

関わり合う人たちとの関係、信頼。
分かち合う時
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.2

人は
あからさまに、興味を持たれることには
抵抗がある。
深く関わられることに慣れてもない。
それでも、自分に関心を持たれたいし
理解もして欲しい。

自分を救う神様がいるなら
自分の都合の良い理解を
>>続きを読む

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.8

パパはすぐにプチ切れて
次から次へとやっちゃう
クライムサスペンス。

奥さんマギー、娘のベル
息子のウォレン
怯えながら逃亡生活
それぞれの世界が細かく描かれる。

どこか愛おしいからまた観たくなる
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.8

繊細な心は時に牙を剥く。
細かな揺れ動く心を正確に捉えすぎて
それをいとも簡単に表現してしまう。
的確に。

不器用で、遊びがない。
柔軟性なんて微塵もない。
そんな人物の心の動きをトレースする。
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.4

嘘について。

タイトルからして
想像つくかもしれませんが
嘘という箱を手探りで開けていくのは
怖いんです。

わたしなら
何かを隠すくらいなら忘れます。
触れないでおきます。

嘘には
いろいろ
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

3.6

身の毛がよだつ恐怖。
背筋が徐々に寒くなり
ラスト30分は
体の芯から冷えて血の凍る想いさせられた
今シーズン1番のホラー。

ストーリーも映像も展開は地味で
よく見かける光景。
SEも別段、特殊では
>>続きを読む

閉ざされた森(2003年製作の映画)

3.7

知人からのレコメン。

当時聞いたことのないタイトル。
アクションモノは
当たれば最高
外れてもそれなりに満足できるから
何を観たらいいかわからない日には
うってつけ。

誰が敵で誰が味方かわからない
>>続きを読む

パリより愛をこめて(2010年製作の映画)

3.7

アクション映画
最高!

おすすめ映画のオススメ作品観て
さらにオススメされたのが
このタイトル!

何も考えずに
一気にエンディングまで!
ジョン・トラボルタが撃ちまくり!
あまり複雑な伏線もなく
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8


ボンドではない
ダニエル・クレイグもいい。

謎を解くそのグレーの瞳が
犯人により強く恐怖を感じさせる。

遺産は、家族でなくても
誰かに遺すとなれば
やはりそれは諍いの種にしかならない。

もう長
>>続きを読む

ガール・ネクスト・ドア(2004年製作の映画)

3.4

エロティック・コメディ

少年が男の入り口に立つまで
こんな成長の仕方、ある意味理想でしょうね。

優等生で、ちょっと友達少なめの
いけてない生徒会長。

後半に入って
ストーリー展開と彼らの心が
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.4

なんとも奇妙なタイトル。
マイレージを貯め続ける人生。

解雇通告人なんて
字面からしても重い仕事をこなし
年がら年中各地を飛び回りマイルを稼ぎまくる
デキル男。

そして反比例するかの如く
プライベ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.6

ロビー活動。
特定の主張を有する個人または団体が
政府の政策に影響を及ぼすことを
目的として行う私的な政治活動。

その顧客となるのは
企業および企業団体、利益団体
あるいは国家や政府なども。

自身
>>続きを読む

人生の特等席(2012年製作の映画)

3.6

老いとの葛藤。
現実を見たくない気持ちと
それを飲み込もうとする努力。
自分との折り合い。

これらが
以前見たときの印象。

ただ数年ぶりに再見して
少し印象が変わった。

2つの「人生の特等席」に
>>続きを読む

ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-(2019年製作の映画)

3.3

大女優メリル・ストリープの演じる人物は
人が持つ様々な面を
あまりにも自然に
違和感なく伝えてくれる。

単純に好みもありますが
強い立場であっても
弱い立場を演じていても
美しさの中に真の強さと
>>続きを読む

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

3.5

パズケットボールコーチ
ケン・カーター。
これまた理想のコーチ像。

彼は試合に勝つことだけでなく
生きるための選択肢を待たせてくれる

ある種
一部の
スタープレイヤーを生み出す
システムについて
>>続きを読む

パッション(2012年製作の映画)

2.9

ドロドロの愛憎劇。

自己顕示欲強めの女子によるマウンティングからの。。。。

演出とかやや稚拙な感じもあり。汗。

でも十分怖かった。

スライディング・ドア(1997年製作の映画)

3.5

タイトルに惹かれて鑑賞。

一枚の扉の先に滑り込めた時に聞いた雑音が
軽妙なトークに変わり、心を動かされ
徐々に惹かれあう様になぜかホッとする。

いつも理性的で、冷静かつ慎重に、ゆとりをもって時を待
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.5

主に海外であたりまえの習慣との1つ
キスやハグ。
友情や信頼の証とされる行為。

握手。
他に人に触れるためといううよりは
対等な関係や合意、平和の証としての行為。

そもそもその起源としての有力な説
>>続きを読む

ゲット スマート(2008年製作の映画)

3.2

ものすごく肩の力を抜いて見れます。
といううより力抜けます。(笑)

潜入捜査ありのスパイアクション系の作品ですが
終始コメディ路線を忠実に守りストーリーが進みます。

海外のコメディモノ全般そうかも
>>続きを読む

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

3.3

広大なアフリカが受け入れる現実と
受け入れることのできない問題。

2つの間違いを
片方は激しく訴えようとし、
片方は静かに包み隠そうとする。

いままで知ることの無かった
社会のしわ寄せがアフリカに
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.1

こんな時代あったー
学生時代とかとも少し違うが
昭和のダメな若者時代
なんかなっかしい臭い。

クズすぎてどう考えてもダメだけど
肯定も否定もできない。

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.6

他人のことは客観視できても
当人にとっては、そうはいかない。

周りからのアドバイスは聴く。
試してみて、効く時もある。
迷う。戸惑う。立ち止る。


なかなかいろいろは試せない。
だから悩んで、エイ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

くせになりそう。

最初からずっと可笑しい。
伏線とか、何も考えずにただただ
観続けて。

なんだったんだろうとは思うけど
また観たくなった。
最後もしんみりしない方が良かったかも。

ミルフ(2018年製作の映画)

3.0

エンディングの曲はいいけど
切ない。

自分に正直な生き方
なかなかできるもんじゃない。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.7

こんな70歳
理想的すぎる。

細かなところに
眼が届いてしまう。
それがかえってやりにくくするところも
あるのかもしれない。

思ったことを口に出さない
タイミングは見計らうべきだ。
いつも穏やかに
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

前半、売れなくなったただのおやじが
どうなっていくのかなーぐらいで見ていたが。。。。

街でアルバム1枚分収録して
作り切って
あらゆるものの
スタートさせた!

5年一緒に暮らした彼氏と離れても
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.6

世間知らずのお嬢様の役がピタリ。
ボロボロに壊れて追い込まれた精神
そのイタさも狂気さも含めて
しっかり伝わってきた。

全てを失い
自尊心だけでその体を支えながら
転がり込んだ姉。
人懐っこさと人並
>>続きを読む

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

印象深いセリフがいくつもあった。

大丈夫?
って言葉の意味を知ってるか?
”ビビってる””自信がない””動揺してる””不安”

イタリア語は、詩とアートと恋とセックスの言語である

私は人をみんな信
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

3.7

聖者がいるならば
その人は人間臭い
不器用な人がいい。

美しいものにも影があり
誠実な人にも悪はある。
誰もが罪人であり
許しを請う。

方向性や考え方の全く違う
2人の受け入れあう様。
老いてなお
>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.4

宗教って難しい。
何かを信じること自体
羨ましい。

余程強烈な体験や環境が
そうさせることがあるのかな。

キリスト教の信者でもないけど
内容は衝撃的。
2時間以上のサスペンスで
二転三転、最後の最
>>続きを読む

>|