ほりーさんの映画レビュー・感想・評価

ほりー

ほりー

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.0

天才映画プロデューサー・ポンポさんのアシスタント・ジーンが四苦八苦しながらみんなと映画を作るお話。

編集に重きを置いているのでそこまですごいテンポよく進み、作り手の苦悩だけでなく、それを支える人、受
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.1

元トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンのアルバム「アメリカユートピア」を劇場でアレンジしたライブ劇。

どっちも全く知らなかったし、もう少し劇寄りかなと思ったけど、単純にめちゃくちゃ楽しかった!絶対
>>続きを読む

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

3.7

夫が死んでしまったことやコロナによって「弱者」と見なされてしまった主人公家族が、理不尽や搾取を受けてもなんとか生き抜いていくお話。

普通とされてる自分たちの社会の至る所に地獄があり、その果てで出会っ
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.7

「ブラックパンサー」のコンビが主演のホラー。バケーション中にドッペルゲンガーに襲われる話。旅行中にだいたい襲われがちよね。

「ゲットアウト」より前半パートはホラーによってて怖いし、後半の展開も前より
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.8

毎度旬の問題を取り上げてる訳だけど、今回は「分断」がテーマ。話的には「Dr.ストーン」+「GOTG」みたいな感じ。

水の表現は前からすごいけど、同じくらい色んな質感がリアルでそれだけでも楽しいし、ギ
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.5

「グリーンブック」見る前に見とかないとなーと思って鑑賞。外れた者同士がお互い補い合うバディもの。

うーん、なんでかわからないけどテンポが悪いかなと思ってしまった。大きなストーリーがあんまりなく、2人
>>続きを読む

ペトルーニャに祝福を(2019年製作の映画)

3.5

女人禁制の祭りで、幸運の証である十字架を取った主人公が差別に巻き込まれていく話。日本だとたまたま走って福男になっちゃったみたいな話かな。

性差別に関して社会や家庭の権力構造と対比するのは色々あるけど
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.7

友人の死に対してそれぞれがどうやって向き合って折り合いを付けてくかの青春劇。意外と脇を固める人達が豪華。

途中むちゃくちゃな展開があるけど、普通に笑っちゃうし、主演6人の演技がすごい堪能できて面白か
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.7

旧アニメは見たけど、序破Qもさらっとで、なんなら中田大学で追いかけたくらいのミーハーだけど、3時間すっと見れてしまった。

あの世界での原理や世界観は全然ついてけなかったけど、行動原理は結構わかりやす
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.7

毎度過去の人斬り時代の影に巻き込まれる剣心、今回はめちゃくちゃ重度のシスコン雪代縁に付きまとわれるお話。

毎度圧巻の剣戟アクションは見てるだけで楽しいし、全員集合も熱くて面白いです。漫画の「キングダ
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

ポスターから「家族の感動系かー」と思って見てたら一瞬で置いてかれる展開。「アンノウン」みたいなサスペンスホラーかなとも思った前半の展開。

わかった気になるのはよくないのかもだけと、認知症の世界がこう
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

3.7

「スパイダーバース」製作のフィル・ロードとクリス・ミラーということで鑑賞。

LEGOならではの表現やメタ設定とか面白いと思ったし、最終的なメッセージがLEGOの遊びの本質を含んでたり、完全にLEGO
>>続きを読む

ウィズアウト・リモース(2021年製作の映画)

3.5

奥さんを殺された元ネイビーシールズが復讐をしようとするが、国家の陰謀に巻き込まれるお話。

所々面白いし、1人が無双する感じではなくチームで戦う感じはちょっと違うなとは思ったけど、主人公補正がキツいの
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.8

イギリスの麻薬王の引退を巡るクライムサスペンスもの。イケおじたちのパラダイスでした。

「キングスマン」でも感じるけれど、同じヤクザ、マフィアものでも舞台がイギリスになった瞬間オシャレというか「らしさ
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.5

かなりイカつい映画で、観た後にすごい重い気持ちになる。見る人によって受け止め方は違うだろうけど、男性でも結構心にくる映画。

自分とは違うヤバい奴らとして切り離すのは簡単だけど、自らの性の中に本質的に
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.7

TRIGGER作品ということで独特のタッチと構図なので人を選ぶと思うけど、こんだけカラフルで情報量多いと面白いよね。

ストーリーはベタだけど、機械の機構やメカの戦闘シーンはシンプルに厨二心をくすぐら
>>続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

3.7

最近のポリコレ感もない昔ながらの王道って感じで良きでした。どんな設定でも哀愁とか切なさを持ってくるのさすがだよなぁ。

目的を達成するんだけど、その後ばっさり決断する感じとか、憧れてた人が実は…みたい
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.5

残忍で非情な服役囚のケビン・コスナーにCIAの脳みそを移植してミッションをこなす話。

脇を固める人はことごとく有名な人なんどけど、その割にはあんまりだったかなぁ。スキルというより人間性の回復にテーマ
>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.5

アウトローなCIA警官と天才スリ師が即席で組んで犯罪を止めるバディもの。「ダイ・ハード3」と似てる気がした。

話はベタな方だけどテンポはよくて、主人公が強すぎず、泥臭いファイトしてていい感じ。ガンア
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.0

「花束みたいな恋をした」とはまた違ったアプローチをしたとても「普通」の恋を描いたお話。見終わったあと、じんわり幸せな気持ちになれる映画。

全く行ったこと無いけど、たぶん下北沢でしか撮れないのではと思
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.7

不況によって故郷を奪われ、夫も亡くしたファーンが、日雇いをしながら各地をノマドし、同じノマドや自然との繋がりを通して見つめ直すお話。

ドキュメンタリーとフィクションが混ざりあった感じなので、何が起こ
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.7

殺人を犯して久々に出所した三上が現代社会に復帰するところを描くお話。丁寧な生活する役所広司さんが見れます。

道を外すときは周りの小さい歪な不幸の積み重ねと大きなのトラウマがきっかけになるのが王道で、
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.0

推測や曖昧な断定はしたくない普通じゃない数学予備校師・大野と、斜に構えて誰かの情報で推測しまくる普通のJK・香住のラブコメ。

基本的に2人の会話劇で進んで行くため、2人の演技がすごい際立ってた。清原
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

普通にホラーかなと思ったけど、SFスリラーみたいなありえそうかなという設定で面白かった。

一見寛容で認めているようでも、違いとして見ていることが実は差別になり得るのかもしれないという視点は新しいなと
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

4.0

警官殺し2人組を捕らえるためにマンハッタン島封鎖しちゃうお話。レインボーブリッジも封鎖出来ないのに21も封鎖出来るんかいなって思うけど、エリアを限定する設定なのでそれはOK。

話の筋はたしかに読める
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.7

予告ほど騙し合いとか大どんでん返しってほどではないんだけど、テンポよく次の展開が広がるし、最後に向けての伏線もしっかり張ってて面白かったです。

特に強いメッセージ性がある訳ではないけど、所々でセンシ
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.0

監督・脚本・音声ほぼ1人で7年かけて作られた脅威のストップモーション映画。そのバックボーン抜きでもすごい面白かった。

「ニャッキ」以来のストップモーションで、独特の世界観も相まって序盤入りづらかった
>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.5

トムとジェリーと実写版の融合作品。
実際に現実でやったらこーなるよなっていうハチャメチャ具合。

いろんなパターンのトムとジェリーが見れるし、総集編みたいな感じ。でも音楽とか言葉とか結構大人向けで子供
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.1

「貴族社会」に囚われる華子と「地方」から抜け出したい美紀のシスターフットもの。

色んな構造的な「格差」や「偏見」にとらわれずに生きていくようになる過程で、女性同士の連帯が描かれていたり、不必要な男性
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.9

ヤクザに対する条例や法律の変遷と共に居場所が無くなっていく主人公を描くお話。「すばらしき世界」も見たくなりました。

抜群に全員の演技力が良すぎる。それぞれの年代ごとにちゃんと年齢や時間を感じるし、悪
>>続きを読む

野球少女(2019年製作の映画)

3.8

王道のスポーツ漫画みたいな設定で、初めての韓国女子プロ野球選手を目指す女子高生のお話。

プロになれず挫折したコーチ、ずっと一緒にやってきて自分だけプロになった幼なじみ、現実的で早く諦めて欲しいお母さ
>>続きを読む

ブルータル・ジャスティス(2018年製作の映画)

3.4

すごい良いと聞いたけど自分にはちょっと合わなかったかなー。

ストーリー展開にしてはスローテンポで主人公バディの会話劇を楽しむんだけど、そこがあんまりハマらなかった。

冷酷でなんの躊躇もなく人が死ん
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.6

「真ん中」ではない「はし」の子たちが野球の応援に乗せて成長する青春映画。

元が高校演劇ということもあって、同じ場所で会話中心に見せていくものを映画にしてもなぁというのがちょっとあり、もとの演劇を生で
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.7

車の窓を素手で割れるほどパワフルなソシオパスDV元彼がもし透明人間になってストーカーしてきたらっていうお話。

もしかしたらそこに何かいるかも、誰かに見られてる感じがするという、普段の生活でもふと感じ
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

話としてはこれ系としてはありきたりで、政府の圧力に負けずメディアと若手が頑張りますみたいな話。

引きの画が多くて、その分寄りの表情が際立ってカット割がキレイだなと思った。

「あの頃。」でも思ったけ
>>続きを読む

>|