しずまるさんの映画レビュー・感想・評価

しずまる

しずまる

映画(28)
ドラマ(0)

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.2

誰もがこんな経験を
求めて生きているのではないか。

好きな時代の好きな人物、
好きな作品と共に生きたいと
思いながら
その実自らの生きる時代を
肯定したいと思いつつ
本当の本当は
自らの時代が最も素
>>続きを読む

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

4.2

いやー。
面白すぎる。

以前マドンナさんの
アルバムのジャケットを
見たときの違和感。

こんな背景があって
作られたものだったとは。
最高ですね。

もっとぼんやりした
アート映画かと思いきや
>>続きを読む

こはく(2019年製作の映画)

-

シリアスな内容を
丁寧に描いていて
良かった。
アキラ100%さんの
狂気を感じさせる目つきが
素晴らしいですね。

後はお風呂のシーン。
笑のある作品ではないが
絶対狙ってると思う
シーンがあったけ
>>続きを読む

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.7

全体として良かった。
クリーチャーとして
白鯨は丁寧にダイナミックに
描かれていました。
暗い画面で誤魔化すことなく
しっかりリアルに見えたのは
今の技術のおかげですね。
白鯨の登場シーンの
少なさを
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

2020年現在最高の映画です。
今年の2月に見直して
号泣している自分に驚き。
以前見たときはここまででは
なかった。

これは今自分が
愛情よりも友情について
思うところや欲するところが
あるからだ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

良かった。
敵役にあたる
母親だけでなく
主人公にも
「自分の考えを
子どもにおしつけているかも」
という迷いがあり
その気持ちが美しい。
その考えを持てる人は
人に何かを押し付ける事はない。
押し付
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

最高に興奮しました。

松本人志さんの
「頭頭」というビデオ作品が
大好きなのですが
それのタランティーノ版で
しかも万人受けするテーマ
描き方をした作品だと思います。

とりにかくフリが長く
そして
>>続きを読む

アルマゲドン(1998年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

遅ればせながらみて
とても良いと思いました。

人間関係や
各人の持つ個性の
描き方がとても印象的。
おおよその結末が
聞き知っていても
やはり胸を打つ。

一番に思ったのは
これも七人の侍を
下敷き
>>続きを読む

MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

嘘か本当か
わからないが
マイルスの狂気が
描かれていて刺激的。

命がけで手に入れた
テープを聴くシーンが
好きですね。

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.8

ジョニー・イングリッシュ
アナログの逆襲を観ました。

英国がサーバー攻撃を受けて
エージェントが全滅するが
引退した旧時代のエージェントは
ITから離れていたので
サイバーテロと
戦うことができる
>>続きを読む

カンフー・パンダ3(2016年製作の映画)

3.7

とても良かったです。
2が最高すぎたので
2よりは大人しい評価ですが
とても良かった。
前作同様体得すべき
能力が明確で
それが無理なく
理にかなっていると
思いました。

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

序盤のフリがリアルでよかったです。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

別段人と違った感想を
書こうとしている
訳ではないのですが
皆さん笑う中
涙を流して泣けました。
妹と大人計画の劇を
観に行った時以来の孤独感。

でも後から検索したら
泣いた人が結構いたので
安心し
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.8

なるほど、
さすがの後味の悪さ。
でも動機や人物像
願望などどれもリアルで
生々しい。
よく出来た面白さです。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

なかなか奇抜な
設定に感じたけど
引き込まれました。

訳あって
仕事を辞めたい。
でも辞められない。
みたいな人がみたら
勇気を貰えるかもですね。

音楽が良い、
テンポも良い、
そんなに嫌な所が
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

2.8

バーフバリを
観終えたんですけど
2に続く感が
凄いですね。
連ドラみたいじゃ
ないですか。

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.2

浅野忠信さんが
出演していると忘れて観たので
結構な衝撃と嬉しさ。
ナタリーポートマンの
美しさと強さ。
大学時代の先生を思い出す。

話の流れも好きです。
若干主人公が気持ちを改める
シーンに起伏が
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の雨のシーンは
印象的で良かったけど
あまり好きではない
タイプの映画だった。

子供向けの教訓ばかり
見える感じで。
敵の強さと能力が
1番腑に落ちない。
神出鬼没なのに
子供に退治されるあたり
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.1

スイス製の万能ナイフの様に役立つゾンビの話、というのを見終わってから気がつきました。
万能ナイフ男、
万能ナイフゾンビ
みたいな
意味ですが、
こういうのほど日本語
タイトルにした方がいい気が
するん
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

序盤の各キャラの
設定を説明するシーンが
平坦で
あまり思い入れが
持てなかった。
あそこがもう少し重めでも
深く描けてたら
もっと後半引き立つ気がしました。
(これは感想としては
偉そうに言い過ぎか
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

オープニングが
たしかに秀逸で
かわいくて馬鹿馬鹿しくて
良かったです。
が、このオープニングを
べた褒めした友人のお陰で
ハードルを上げてしまって
もったいなかった。
ハードル上げていい事なんて
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

よかったよー。
シリアスなシーンでも
シリアスになりすぎない
こういう映画はとても
楽しめますね。
疲れたりしてる時
こういうのをみたいです。

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

好きなんだけど
前のシリーズ3部作と
どうしても比べてしまう。

ラストのボスとの戦いが
暗すぎて何やってるか
分からないと
言う意見を言ったら
映画館で観た人や
そんなわけない!と
自分を疑って二度
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

僕の勉強不足も
あるかもしれないけど
序盤がバラバラして
わかりにくかったです。

バットマンの超能力に
ついての返答は
とても好きでした。

バットマン、
ワンダーウーマンの
単体作品より
劣ってる
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最高感がありました。
設定をいろいろ
いじった
女性版
クロコダイルダンディ
というのは
乱暴でしょうね。

アイスクリームを
食べる表情が
たまらなかったです。
すごい演技力。

ナタリーポートマン
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いつもながら
面白くあたたかく好きです。
今回は子供の可愛さが
際立ってて
でも実際ミニオン大脱走で
大脱走したから
あんまり出てこない笑
のが少し残念でした。

曲の使い方もとても好きでした。
スト
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

1.7

実話が元になっている
好きなタイプの設定ですが
痛快感、起伏、テンポ共に
いまいち乗れなかったです。

嫌いではないけども。
キャッチミーイフユーキャンを
また観たくなりました。