古屋のユニコーン

古屋のユニコーン

TVで放映していた映画を見たり、話題の映画を劇場に観に行って楽しんでます。
感想がうまく思い浮かばないので、文章力をもっとつけたいです。

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.8

ダニエル・クレイグ版007、4作目
ここに来て007の伝統的要素が蘇る

派手な演出が多かったので、映像としてとても楽しめた
次回作にどう繋がるか期待

気品はあるけど、出会う女性には未亡人だろうと手
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.6

東京の路地裏の一角のしがない居酒屋で繰り広げられる人情話

東日本大震災を下敷きにしたストーリーはしんみりくる
仮説住宅でふさぎこんでいた男とボランティアの女性の話が新鮮だった

101(1996年製作の映画)

3.6

次回作に『102』というものがあるみたい

良い実写化

ハルク(2003年製作の映画)

3.4

ハルク飛びすぎィ!緑すぎィ!

インクレディブル・ハルクとは別物
バナーのお父さんが出てくる

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.6

個人的にこの映画のMAXは始めのアクションシーンでした

でも、エンディングの演出はシリーズ中一番好き

怪談(1965年製作の映画)

3.6

有名な4つの昔話

演出が凝っていて一見の価値あり

男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977年製作の映画)

3.6

まさか殿様が出てくるとは…

寅さんの恋愛は、儀礼的に振られることはあまりない
察することができる男なのでした

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

3.5

なるほど、ソロモンの偽証か…

一人のこじらせ男子の死から始まったこの事件を同級生たちは模擬裁判という形で解決しようとする
いろいろとあらの目立つ裁判だったけど、中学生であれをやりきるのはすごい

>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

3.6

行動力のある中学生
宮部みゆきの原作も読んでみたい

いじめの描写がきつい
ドキッとさせられる場面が多い

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.6

ユニクロンで少し笑ってしまったのは自分だけか
だいぶなんでもあり

5作目ともなるとスケールがすごいことになってる
詳しく描かれていないが、かなりの犠牲者が出たようだ

トランスフォーマーシリーズは何
>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.7

クレイジームービー
良い子はマネしちゃいけません

キャラクターを見ることはあったが、ここまではっちゃけた映画だとは思わなかった
イギリスの王室をこんなにいじり倒していいのか⁈

舞台はイギリスという
>>続きを読む

ポーラー・エクスプレス(2004年製作の映画)

3.7

CGの顔が受け入れがたいかもしれないが、じきに慣れるはず

少年がクリスマス教に入信する話

3Dで見てくださいっていう演出が多い
小学生くらいの子供が見ると楽しいかも
曲も良い

大魔神逆襲(1966年製作の映画)

3.6

大魔神かと思ったらスタンドバイミーだった…と思いきや大魔神だった

子役の演技が微笑ましい
大魔神の顔芸

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

3.6

相変わらず迫力はあるし
新しいトランスフォーマーも魅力的だ

だが、場面が変わるごとに広告が出て飽きれた
アイアンマン2かよ

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

3.8

人間ドラマはつまらなくなったが、トランスフォーマーがさらにかっこよくなってる

前回は未知との遭遇的な面白さがあったが、今回は一見様そっちのけで戦い続ける

人類との歴史とのこじつけは嫌いじゃない

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

4.2

この映画、めっちゃ楽しい!

何と言っても変形シーンのかっこよさ
そして街中で繰り広げられるアベンジャーズのような戦い、すべてがかっこいい
トランスフォーマーたちは、 存在が兵器のような姿をしておいて
>>続きを読む

大魔神怒る(1966年製作の映画)

3.6

悪くないんだけども、1作目、2作目と続けて見ると既視感が拭えない

海を割ったり、壁を壊したり
前作は破壊神的な感じだったが、今回はちゃんと人を選んでる感じ

大魔神(1966年製作の映画)

3.7

大魔神、城下に現る

武神さまをないがしろにするとバチが当たるという警告を聞かず、武神の像を破壊しようとする者たち

神の怒りというと、呪いでじわじわというイメージですが、この映画では神様みずから出陣
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.8

麻薬捜査官は命がけ

ジェイクは正義感のある普通の人
アロンゾは一癖あって憎みきれない人

日頃の行いって大事だなと思う映画だった

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.8

こんな商売やめてしまえと言いたくなるが、面白いので映画では遺伝子組み替えでもなんでもやってほしい

これまでよりエグさが半減して軽くなった印象
テーマパークも本当にありそうだし、ささいな会話が妙にリア
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.6

犯罪者の有効利用
レクター博士よりはまとも

やっぱ映画だからなんでもありだよな…
え?実話⁇

男はつらいよ 寅次郎純情詩集(1976年製作の映画)

3.7

男はつらいよで寅さんが人の死に直面するのは、おそらく2作目

フラグが立ちまくりなので、展開が読めてしまうが、そういう映画ではないので

ルーム(2015年製作の映画)

3.7

子供から見る世界と大人から見る世界

特殊な環境で5歳を迎えてしまった少年とその母の話

部屋から出ていくまではあまり気乗りしないけれど、出てみるとなんだかんだ楽しめる
ストーリーの動きは少ないけど、
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

4.0

映像は暗いし、話も暗い
RADWIMPSの曲が印象的に使われている

超えてはならない一線を超えた少年2人
そして予想の斜め上の一線を超えていく教師の話
もう少年法の問題より、報復の問題
巻き添えを気
>>続きを読む

ザ・ドア 交差する世界(2009年製作の映画)

3.2

設定がガバガバなのは良いとして、起こっていることに面白みがない

浮気はダメってことだね

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

ムロツヨシと佐藤二郎はずるい
笑わないわけがない

実写ならではのネタもあったけど、笑えないネタの方が多かった
アクションは普通

当たり前のことだけど、やっぱりアニメの方が良い

>|