古屋のユニコーン

古屋のユニコーン

TVで放映していた映画を見たり、話題の映画を劇場に観に行って楽しんでます。
感想がうまく思い浮かばないので、文章力をもっとつけたいです。

男はつらいよ 私の寅さん(1973年製作の映画)

3.6

「今回は早かったな」というタコ社長の言葉
毎回違うパターンですごいな

今回は寅さんの同級生の妹がマドンナ

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

3.3

こんな時代もあったのかなぁという感じ
独特の雰囲気

ある歌手に心酔してるようだけど、あまり共感はできなかった
というかよくわからなかった

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

3.6

舞台劇がそのまま立体的になったような映画
被告人も裁判官も弁護士も証人も登場しない
12人の陪審員がひたすら会議室で議論する
その議論は、素人の議論なのであまり難しくないが、茶番に見える
みんな優柔不
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.7

やっぱり王道のスパイアクション!
はじめは何も起こらないなぁと思いましたが、杞憂でした

ジュリアとの結婚
上海でのワイヤーアクションは、すごかった

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.5

あまりキャラクターに魅力を感じなかったけど、面白いアイデアの映画だと思った

感情たちの葛藤を視覚的に見ることができる
思い出が消えていくのは、喜びでさえ悲しい

ネバーランド(2004年製作の映画)

3.8

あんな美人の未亡人の家に通いつめていたら、関係を疑われるのは無理のない話だと思う……

ピーターパンが作られる背景にこんな話があったとは知らなかった
あの家族がいなければ、ピーターパンはなかったかもし
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973年製作の映画)

3.7

演出が光る第11作
寅さんと似たもの同士のマドンナが登場
ただしどこか決定的に異なることがある
博の名推理

かわいそうな寅さん

イントゥ・ザ・ブルー(2005年製作の映画)

3.4

海の透明度が高くて、きれい
そんな中で、お宝をめぐる戦いが…

リア充

トゥルー・グリット(2010年製作の映画)

3.8

西部劇の良いところは、なんといっても見終わった後の清々しさ
いや、セリフとかだけ聞いてると後味悪いけど、エンディングの曲が流れ出したらきっと清々しくなるはず!

少女を中心に話が進むのだけど、この少女
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.6

お兄ちゃんを解放する儀式(笑)

成功者の話
受験に落ちた身としてはただただ嫉妬する
ギャルとして人生を楽しみ、慶応に入るなんて、うまくいきすぎだろ……

麻雀放浪記(1984年製作の映画)

3.6

麻雀の話というよりも、戦後の人間ドラマが中心?
邦画で外人と日本人が殴りあうのを始めて見た気がする

オッサン…オッサン…オッサン……が印象的

パニッシャー(2004年製作の映画)

3.6

パニッシャーはマーベル・シネマティック・ユニバースのドラマシリーズに参加することになる
この映画は、そのパニッシャー誕生の物語

予想以上に面白かった
バットマンほど暗くないが、人の死に方は他のマーベ
>>続きを読む

2012(2009年製作の映画)

3.7

いろんな方面に配慮をしつつ、皮肉を込め、不謹慎な要素、無理な説明を詰め込んだような映画

個人的には好き
こういうハチャメチャな映画もあって良い
世界が大変なことになっているが、主に焦点を当てているの
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972年製作の映画)

3.6

東大の助教授が出てくるけど、撮影してるのは一橋…?

見ていて微笑ましい

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

3.3

恩を仇で返す
なぜか日本人の方が武士道をないがしろにする
ヒュー・ジャックマンが日本を動き回ってるのは、見ていて面白かった
日本の風景とアクションが浮いて見えるけど

自虐の詩(2007年製作の映画)

3.6

面白い
あの血の量は死んでると思うんだけど、まぁいいか
こんなに何度もちゃぶ台返しを見たことはない

ファンタジア(1940年製作の映画)

3.8

子どものときにこっそり何かをやるときのドキドキ感が映像化されたような感じ
後のアニメのミッキーよりも雰囲気が好き

ダンボ(1941年製作の映画)

3.8

ダンボが酒を飲んだ後の場面がトラウマ

サーカスのテントが壊れるところとかコウノトリとか汽車とか印象的な場面が多かった

ピノキオ(1940年製作の映画)

3.8

名作
独特の怖さがある映画って子供のときに見ると忘れられなくなる

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.6

意外な展開はあるけど、他の映画で慣れてしまったためか、あまり目新しさは感じなかった
映像的な面白さはある
ケアロボットとはいっても主人公の改造でかなりアクションしている
今作では心のケアが中心
ケアロ
>>続きを読む

シャッフル(2007年製作の映画)

3.5

設定は好きな映画だった

ただ説明は淡白なので、わかりづらい
ラストはそうきたかという感じ

アポロ13(1995年製作の映画)

3.6

アポロ13、ゴルゴ13の親戚のような名前

親指で月隠すやつ、宇宙兄弟でも見たな〜

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.3

爽快感を期待したのが間違いだった
『スーサイド・スクワッド』でもそうだったけど、なんで戦いの場面がいつも夜なんだろう。

これからシリーズ化すると思うと心配

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

3.9

見ているだけで楽しいレゴの世界

キャラクターがどれも魅力的
「everything is awesome 」は口ずさみたくなるような曲

後半はまさかの展開⁉︎

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

3.7

人が死ぬわ死ぬわ
出てくる人の3分2以上が死んだ気がする

黒人が白人を倒す
今だからできる映画なのかも

>|