KEIさんの映画レビュー・感想・評価

KEI

KEI

観た映画の記

映画(84)
ドラマ(0)

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

ホラー映画としては、あんまり怖くないけど、少年たちの友情物語としては素晴らしい出来だと思った。
(ペニーワイズ出てこなくていいんじゃない?)

続編が楽しみ

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.1

音楽もいいし、舞台がパリってのもいいし、
よかった。
もっとお堅い映画だと思って観るの避けてたけど、普通に明るい映画だった。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.8

セリフが多いから吹き替えの方が観やすいかなって思ったけどどうなんでしょう

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.1

2つのエンディングがあり、自分は未練たらたらな主人公エンドの方がリアルで好きです。

ミスト(2007年製作の映画)

4.1

伝説の胸糞映画といっても過言ではない。
ストーリー自体はしっかりしていてドキドキが止まらない。

この映画に入り込むほど、

観賞後の気分はドン底に落とされる。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

トニーとシャーリーの友情がいいよね。
シャーリーの笑顔が見れたときはこっちまで嬉しくなった。
また、
映画を観ていると、差別の酷さに腹が立った。
映画自体は最高。

LIFE!(2013年製作の映画)

4.1


吹き替えで観るのはやめておきなさい。

旅したくなる。世界を見たくなる映画

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.4

ウルヴァリンとして、1人の男として、守るべきもの守り抜こうとする生き様に感動。

R15でよかった。この作品は残酷であったからこそ輝いた一面もあると思う、

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.7

狂気を感じる映画。

みたらわかる、時計仕掛けの意味が。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.9

途中、コメディー映画のような銃撃戦があり、思わず笑った。

なんだあれは

緊張感は半端ないほどあったから映画館で観たかったー

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

後半から警察が敵のような感じでストーリーが進行するが、警察官は何一つ悪いことはしてません。納得いかん
臨機応変に対応しない主人公が悪いし、法律破ってるし

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.1

息つく暇もないほどの緊張感。
時計の音が鳴りづけ、常に音が響いていた。

IMAXにて鑑賞したが、これはヤバイ。

すべての時間がつながる瞬間に鳥肌がたった。

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.7

うーん、
マーベル映画の中では普通かなー
エンドゲーム がなかったら観なかった可能性もある

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.1

ワクワクした。
エンドゲーム 以降の世界をうまく展開させていて非常に面白かった。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.8

ちがう選択肢を選んでも良かったんじゃない?って思ったけど、人生なんてそんなもんだから、他人が否定すものではない

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.1

最後の最後にインパクトを持ってきてくれた。
古き良きハリウッドと実話を織り交ぜたいい映画

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.3

うそだろ!
これで終わり?って正直なってしまった。
アクションは良かったけど、脚本がイマイチかもしれない。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

予告編で映像を流しすぎているように思えた。そのため、予告で満足してしまった感はある。

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

アラジン役の人がアラジンで、ジャスミン役の人がジャスミン
ほんとアニメのまんまで凄い

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.7

青春映画的な要素も含んだコメディーって感じだった。
期待していた以上に面白かった。

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.9

予想以上の面白さだった。
正直、終盤の詰め込みすぎ感があるけど良くまとまっていて終始ワクワクしながら鑑賞できやした。
アリータが強くてかわいい

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

好きな人と観に行ったので正直集中できなかったけど、
面白かったし、プリンセスの私服姿がめっちゃ可愛かった。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

歌手ってことを忘れるくらいレディーガガの演技が上手いなって思った。歌の上手さで歌手であることを再認識させられる。
ボヘミアンもそうだったけど、人気があまりにも大きくなりすぎるとその人本来の良さとか人間
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

音楽よし映像よしで美しい映画だった。何気にアクションシーンがあってドキドキした!
子供っぽい感想しか書けてないけど、魔法が解けるシーンでは、この時計はこんな人だったんだ!っとわくわくできた。
イスみた
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

登場キャラクターが増えたのは良いが、その分そのキャラの過去を振り返るシーンも多く、あっちこっち行ってる感じが少しだけ分かりにくかった。
この映画でホグワーツ城とあの有名な曲が流れたときはとても鳥肌がた
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

フレディマーキュリーの純粋に音楽を愛する心がめっちゃカッコいい。
ライブエイドの感動はほんとにやばい。
鑑賞後はライブ帰りのような余韻が残るほどに熱い魂の映画

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

4.2

正直なところ、コメディー映画でこんなに笑ったのは初めてかもしれないってくらい面白い映画だった。お互いの勘違いの仕方がアンジャッシュっぽかった。

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.2

ストーリー的にはベタなヒーロー映画といった感じな気もした。が、ヴェノムとのやりとりに終始面白さがあり、可愛らしさもあった。

>|