NeCoさんの映画レビュー・感想・評価

NeCo

NeCo

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ネカフェで見たので、吹き替え版しかなかった(T-T)

ラストシーンを最初に持ってくる系の映画
徐々に解き明かされていく彼の素性に興奮が止まらない

家族にすら舐められるような気の弱い男が、強盗が家に
>>続きを読む

民族の祭典(1938年製作の映画)

3.1

プロパガンダの一種であっても尚美しさを失わない作品

聖火を繋ぐシーン、本来はこういうものだよなと
自然の中をその身ひとつで肉体美を輝かせながらひた走る
その熱意を、生命の流動を、繋ぐ
現代の形骸化さ
>>続きを読む

ハッチング―孵化―(2022年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

レイトショーにて鑑賞

初手の美しい音楽と共に華奢な少女がバレエをするシーン、触れたら壊れてしまうような儚さを感じて掴みとして巧い

ことあるごとに写真に収めたり、動画を回したりするSNSに取り憑かれ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

珈琲でも煙草でもない、ロングタンブラーに入ったミルク、片目だけバチバチの付け睫毛、独特な髪型に載せる上品なハット、打って変わって下品な行動
初手は未知に対する嫌悪感と恐怖に渦巻けど、見終わる頃には彼の
>>続きを読む

エルム街の悪夢(2010年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

独特の爪の器具を擦る音、耳触りが無駄に良いくせに当人たちにはトラウマとして刷り込まれそうな絶妙な具合を攻めてて良いな〜

フレディは悲劇のキラーかと思ってたんですが、動機も過程も彼の性癖のせいで子供た
>>続きを読む

チャイルド・プレイ 誕生の秘密(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

成程、人形の殺人鬼という発想が現実離れしているのは言うまでもなかったが、警察の発砲によって死んだ犯罪者が紆余曲折を経て、人形に転生したことがはじまりだったんだな〜

アリスちゃんが可愛らしかったけど、
>>続きを読む

リオ・ロボ(1970年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

西部劇らしさを求めて観るなら大正解

ガンアクションが軽快、ラブストーリーも織り込まれてるし、アル中の男が実は凄腕ガンマンだったり、一度は憧れるような描写がてんこ盛り

当時では前衛的だった女性の服装
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

大迫力の音楽から始まるパフォーマンス、全てにおいて映画館の存在意義の台頭だった
サブスク落ちしてから観るなんて邪道とすら思う

ここで皆さんを劇場に赴かせざるを得ないような熱い言葉を述べれたら良いんだ
>>続きを読む

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

レイトが似合うなという印象、自分も小さな劇場にてレイトで鑑賞しました

これについては交通事故で頭にチタンを埋め込まれたことにより、車との子供を妊娠することになるというネタバレを踏んでいなかったらかな
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

金曜ロードで死の秘宝Part 1を流し見してたら面白くなってしまったので、円盤でPart 2を見ました

通常一本の映画で得られる感動を伏線回収を交えて10分に一回くらい持ってくるの狡いだろ

ハリー
>>続きを読む

真昼の決闘(1952年製作の映画)

3.3

西部劇の代表作
派手なガンアクションではないけど、街並みの風情や蹄鉄の音、ハーモニカの音色とかに渋さを節々に感じられる素敵な映画

主人公は引退した保安官、彼が現役時代に逮捕した男が釈放され、復讐にや
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

全然関係ないけど、冒頭の会話le big macのクダリ、フランス圏だと男性名詞なんだな〜
作中に出てくる、プライドが何だ、傷つくだけの厄介なものだ、捨てちまえって台詞がカッコ良かった

なによりヴィ
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.3

高校一年生の頃、現代社会という授業で見た覚えがある
今覚えばかなり重いテーマでそれなりの描写もあるこの映画をよく流したなとも思う

僅か数十年遡るだけで、公共の場で露骨に同性愛嫌悪を表すことや、障がい
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ずっと気になってて、ようやく見れました
1日で約50年も歳をとってしまうという、時の流れが異様に早いビーチで繰り広げられる脱出劇

妊娠出産も分単位、認知症の進行も数時間単位、少年が中年になるまでに一
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.7

映画の世界にどっぷり浸りたいときに見るやつ とってもお気に入り 大切な作品

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.8

テレビで放送されたのを見た記憶
心洗わせたような覚えがある、見直す

ナイト&デイ(2010年製作の映画)

4.8

小学生の時に初めて見て、今までずっと大好きな映画

ムカデ人間2(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

幼い頃に性虐待を受けたことによってソシオパスとなった男が映画ムカデ人間に憧れて12人の人間を拉致、口と肛門を縫い合わせて食事から排泄まで連結させたまま行わせるとかいう狂気的な作品

主人公が本当に異質
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ネトフリにハンニバルがあったので先に見てたのだけど、やはりこれを見てこそ繋がる部分が多くあるなと

ビルとの対峙、まだ初々しいクラリスの危うくも勇気ある行動が繊細に描写されていたように思います
次作で
>>続きを読む

ホステル2(2007年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ベス役の人がめちゃくちゃ美人だった
男の人からしたらそこらの拷問より格別に辛いシーンあったんじゃないでしょうか

最後がちょっと爽快な感じで終わる、絶望まみれのスプラッタにしては珍しいスタイルがホステ
>>続きを読む

ソウ ザ・ファイナル 3D(2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ジルを殺した機械が初回に最も印象付けられたであろうアマンダに取り付けられた機械と同じだったり、ソウ無印の生存者ドクターゴードンが協力者だったこと、巡り巡って彼が最終的な裁きを下すことで一連のゲームに終>>続きを読む

ソウ6(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

特定の人物をテストするために関係のない周囲の人間を巻き込むなんて、と思う節はあったんですけど、よく考えると関係ないと豪語できるほどでもないんだよなと
人選と伏線回収が巧み

友人は冒頭の自身が差し出し
>>続きを読む

ソウ5(2008年製作の映画)

3.0

ソウシリーズ見る前は殺戮ゲームでグロ描写を楽しむという印象だったけど、しっかり繋がってるし伏線回収が怒涛です
他の方も仰ってる通り、本作はシリーズの中ではグロさ控えめかなと思いました

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2019.10.13に映画館で視聴していたものを、再度視聴

「Don't Smile!」

自分如きの浅学な語彙で語って良いものなのかわからないけども、記録として残したいので少し書きます

コメディ
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター ココ(2020年製作の映画)

3.2

ポケモン映画はメッセージ性もあるので、大人でも十分楽しめると思う
ゲームだと鬱陶しいホシガリスがひたすらに可愛くて、ポケセンでぬいぐるみ買って帰っちゃいました

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

5.0

2022.04.22

友人に勧められて観ました

変化や刺激は日常に求めないタイプだけども、なんだか憧れてしまうし無作為に追い求めてしまいたくなるような登場人物たち
どうにでもなれという気持ちを現実
>>続きを読む

ソウ4(2007年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2022.05.13

ソウは無印と6が面白いってよく聞くんですけど、個人的には4も楽しめました

ジグゾウのゲームスタンスを理解してジョンの病的な白さにある種の神々しさのようなものを感じ始めた頃、一
>>続きを読む

ソウ3(2006年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

2022.05.13

受動的なグロさはゲームとして見れるんだけど、本人に生きたいという意思がある中で強いられる自傷は見るに堪えないなと思ったので、グロ表現の中でも得意と苦手はあるなと思いました

>>続きを読む