ryoshinoさんの映画レビュー・感想・評価

ryoshino

ryoshino

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

-

日本のハードボイルド映画としてちゃんとたのしめるからこのシリーズは好き

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

-

演出に比して非常に筋の通ったストーリー展開だったと思う。男は母親に似た人を好きになるみたいな話あるけど、まさかの女優同一人物は笑った。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

何者でもなくなってしまったKの取った行動がグッとくる。今はもうなくなってしまった何かを感じさせる描写が好きで、シナトラが流れるシーンがよいです。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.1

おれはいまでも自分だけが悲劇のヒロインだと思ってるからみんな助けてくれていいのよ。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

2回みた。音楽への愛の表し方が本当に多彩で、共感しかしませんよ。救われるほんと。ベイビーがラスト大人になるところまで、全部たまらないです。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

映画的な「救い」があるものだと思って見ていたからびっくりした。実際そんなことなくて、パトリックは分からないかもしれないけどここで生きていくにはあまりにも辛い、本当にその通りだ。ああ余韻

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.7

なんて繊細なんだ。目は口ほどに物を言うとはよく言ったもので、目が全てを語っている。別人が演じているはずなのに三者ともにそうなのがすごい。パンフレットを読むと、監督の意図通りに自分に響いていたなと思う。>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.6

イ・ランという歌手のインタビューから初めてヘル朝鮮という言葉があることを知った。あまりにも生きづらいヘル朝鮮から出てくるエンターテイメントの力ということなのだろうか?基本的には引き算の映画が好きだと思>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.4

攻めてる。情報の渦、足し算のセンスの良さがドラッギーで心地よかった。原作を初めて読んだ当時はこいつは俺だ!!みたいな心持ちで森見登美彦に挑んでいた気がするけれど、20代も後半となって、先輩が言っている>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

4.1

オマージュの嵐。のび太の精神年齢が高い。スノーボールがどうだと科学的知識がひけらかされるのはF氏が携わっていた当時のようで楽しい。

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

4.1

決して人間的に共感も尊敬もできない異国の馬鹿なやつらの音楽が無茶苦茶自分に響いたという事実

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

そうはならなかった未来を夢想しながらも、前へ進む、人生は選択である…。ほろ苦くて好きなラストだった…。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.2

自分の心のことが分からない、周りの人が何を考えていて周りのモノがどんな成り立ちになっているかも考えたことがなかった。だから分解してみよう!というの、すごくしっくりきた。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

4.4

これは大人数で見に行って真似したくなる。今、やりたいことをやらなくちゃ。ユーモアを添えて。

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.2

バットビューティフルという小説があってそれに似てるなと思ったらパンフで言及されてた。僕がモダンジャズに求めるのはこういうロマンティシズムで、それが映像化されていてよかった。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.9

食らった。生活を大事にしようね映画界の王や。のんさんの特にセリフ以外の発声がよすぎた。

>|