horryさんの映画レビュー・感想・評価

horry

horry

映画(231)
ドラマ(3)

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

4.0

申し分のない作品。でも、日本人の立場から「いい映画だった」と言うことには躊躇いがある。こういう映画が日韓合同で制作されてほしいと思うけど、単純すぎるかな…

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.0

骨太だった。
見応えあるし、すごかったけど、長いなあと思った。

ミウの歌(2007年製作の映画)

5.0

完璧。
音楽が本当に素晴らしい。同じ曲が自宅のパーティのシーンと、サイアム広場でのライブシーンにあるのだけど、ストーリーの進み方によって、訴え方がまったく違う。
レンタルがなく、DVDを買わなきゃ見ら
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

ものすごく面白かった。スピード感と、魅力的なキャラクターが素晴らしい。
タイの教育現場における不平等、貧困層と格差の問題を背景にしている。個人的には「バディ」関係にあるのが、女子と男子の組み合わせであ
>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.0

もう一回見たいと思う映画ではないなあ。映像は強力だった。

スプリング・フィーバー(2009年製作の映画)

5.0

映画館で見られた。画面が暗く、粒子が荒い作りだから、映画館で見たいと願っていたので嬉しい。

しんどい時に側に誰かいてほしい、いてあげたい、という気持ちが起こって、その親密な感情にセックスが絡む。
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.0

面白かった。舞台はずいぶん違うけれど、『スノー・ピアサー』との共通点も多い。強く、たくましい少女が大きな敵と真正面から戦っていく姿や、血縁のない子どもを託されて引き受けるという設定は、グッとくる。ティ>>続きを読む

春を告げる町(2019年製作の映画)

3.0

福島県広野町をおったドキュメンタリー。映像がとても美しい。
「復興」とは何なのかということを考えることはもちろん、控えめに挟まれる「棄民」というエピソードが深い印象を残す。
「火」をめぐる様々なシーン
>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

5.0

ずっと見たかった作品。本当に素晴らしかった。

『ペパーミント・キャンディー』に続く、ソル・ギョング主演だけど、まったく違う印象の役。別人のようだった。とてつもない演技をみせたムン・ソリも、同じ。
>>続きを読む

ジェンダー・マリアージュ ~全米を揺るがした同性婚裁判~(2013年製作の映画)

4.0

実はあまり期待しないで観たのだけど、ぼろ泣きしてました。
同性婚の権利獲得の裁判を、準備からずっと追ったドキュメンタリーで、華やかさとは無縁。
長い戦いをどんな人たちが、どんな思いで向き合ってきたのか
>>続きを読む

オーマイゴッド 〜神への訴状〜(2012年製作の映画)

4.0

とてもよいテーマで、インド映画っぽいぶっ飛び感も面白い。
神様、素晴らしい。

宗教の話をこんなふうにエンターテイメント化して映画にできるのはスゴいわ。

花は咲くか(2017年製作の映画)

3.0

実写BL
天野裕成と本宮康風のおじさん二人のおかげで、見られる感じに。

ひだまりが聴こえる(2017年製作の映画)

2.0

実写BL。
原作もゆっくり進むんだけど、これはなんか、文科省推薦映画みたいだな…っと思ってしまった。

ダブルミンツ(2017年製作の映画)

3.0

実写BL。
JUNEの時代を思い出させる展開だけど、脇毛の俳優さんがしっかり、かつ奇妙な空気を出していて、そこが作品に深みを与えていると思います。

宇田川町で待っててよ。(2015年製作の映画)

3.0

実写BL。構成はスムーズなんだけれど、八代が惜しかったのた、百瀬はもっとボサーっとしたガタイのデカいタイプなので、原作とのギャップが大きい。

セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY(2015年製作の映画)

2.0

実写BL。これは2本に分ける意味がなかったんじゃないかな…。

どうしても触れたくない(2014年製作の映画)

3.0

実写BL。ようやく、映画らしい作品。
が、嶋役が……外川と小野田はよい。

純情(2010年製作の映画)

1.0

実写BL。
ばっしー、耐えられないほどのセリフ棒読みだった。

愛の言霊〜世界の果てまで〜(2010年製作の映画)

3.0

実写BL。
察しのいいお姉さん、かわいそう。予想以上に面白かった。エロシーンはいまいち。

愛の言霊(2007年製作の映画)

2.0

バカップル話。実写BL。
二人の間になる女子、切ない。

タクミくんシリーズ あの、晴れた青空(2011年製作の映画)

2.0

タクミくんシリーズ第5弾
浜尾くん、ずいぶん顔が大人っぽくなった。

タクミくんシリーズ Pure 〜ピュア〜(2010年製作の映画)

2.0

タクミくんシリーズ第4弾
スピンオフで、カップリングは別。
三州✕真行寺の不安定さで、ギイ✕タクミが安定してみえる

タクミくんシリーズ 美貌のディテイル(2010年製作の映画)

2.0

タクミくんシリーズ第3弾
タクミがめそめそし過ぎて鬱陶しい
三州くんがいい。
キスシーンからが長くて結構、エロい。

そして春風にささやいて(2007年製作の映画)

1.0

実写BL・タクミくんシリーズ第一弾。
2007年でこれかぁ…セリフ棒読み、つらい。

裏窓(1954年製作の映画)

4.0

面白いですね、やっぱり。教科書のような作品。小さな部屋とそこから見える景色だけで展開されてるのがすごい。
グレイス・ケリーがとてもかわいいのだけど、おバカな女の子扱いではないことや、役にたたない刑事、
>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

2.0

「青春グラフティ」とのことだけど、「もう、アホ男子は仕方ないな…」という諦めと笑いを楽しめるかどうか。

『アメリカン・アニマルズ』のようなひねりもなく、退屈でした。

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

2.0

大変な時代を、家長として生き抜いてきた人生。何度も命を落としそうになりながらも、自分を犠牲にして家族を守ろうとする。

たしかに感動的で、特に、生き別れになった妹との再会シーンでは泣いてしまった。のだ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.0

とても評判がよいのだけど、『JOKER』だダメだった理由と同様、私は無理でした。



映像も編集も素晴らしい。まったく飽きずに最後まで見られる。引き込まれるテンポと美しさがある。
でも、カルト・コミ
>>続きを読む

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.0

胸が悪くなるシーンが多いけど、楽しめました。
テンポはあまりよくないかなあ。なかなか話の展開が見えないので、ダレてしまってるような気がしました。
ダークで重い雰囲気に挟み込まれるユーモアが、いい。

>|