今日も輝けハート星さんの映画レビュー・感想・評価

今日も輝けハート星

今日も輝けハート星

"There's somethin out there waiting for us.....& it ain't no man!"

映画(987)
ドラマ(91)

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

とにかくめっちゃ疲れた…。

クソな状況ばっかり発生する上に、全くもって何も解決されることも無くておもしろいとかって感情は一切生まれんかったけどものすごいインパクトある、最後まで引き込まれる作品ではあ
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.5

なんかいかにも釣り目的みたいなクッサい邦題つけられておりますけどまあそれなりに悪くはないかなって感じの出来。

全てのスキルにおいて万能なSealsではあるけど流石に地上戦じゃなくて潜水をメインにした
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんか中途半端な雰囲気になってしまったなーとか思いながら観終わったんやけど製作陣のインタビュー観たら色々と納得できたわ。

とりあえず今回は新しいファンの獲得ってところに重点を置いたことが中途半端さを
>>続きを読む

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

2.5

グレン人気にあやかってとりあえずスティーブユアンでゾンビっぽいやつ作ってみようか的な感じ?

B級にしてはなかなかいい線ではあるけどまあ予想を超えることもなく、とにかくスティーブユアンをメインで使いた
>>続きを読む

ロボコップ(1987年製作の映画)

4.0

これ子どもの頃にめっちゃ観てたんだが、久しぶりに改めて観るとこんなグロい映画やったんやな🧟‍♀️

当時の印象は警察がロボットとかカッコよすぎだろヒャッハー🤩ぐらいな感じで大好きだったんやけど。
めっ
>>続きを読む

チップス 白バイ野郎 ジョン&パンチ再起動!?(2017年製作の映画)

3.0

ちょい昔のドラマが元ネタだけあって絶妙な古臭さ具合。

設定にどうしても目新しさがないためなのか、やたら下ネタ多いしちょこちょこグロめな表現に仕上げてインパクト持たせようとしてある感は強い。

時間の
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

なんかいろんなキャラクターの葛藤的な部分ばっかり描かれすぎてストーリーの面で展開とか見せ場があんま無かったかなー🤔
まあ3作目ありきでの2作目ってところを考えると仕方ないかなとは思えるけど。

2時間
>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ジョンバーンサル目当てで観たような感じで主役の人のことはほとんど知らなかったんやけど、刑務所に入ってから変貌していく様は凄かった。

どんどん深みにはまってもう後戻りできんところまで悪に染まってしまう
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.0

何回も観たことあるのにいつもどんな話しだったか覚えていないという不思議な映画。

敵が多すぎて誰が何をやりたいのかがいまひとつわかりにくいのよねー。

せっかくの豪華共演なだけにとにかくストーリーが中
>>続きを読む

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

4.0

金塊なんて作中で一回も出てきてないけどな。
なかなか最悪レベルの邦題やん。

マコノヒーはハゲてデブになっても声と喋り方のクールさはそのままで結局カッコよかった。

事件の端々に関しては事実やけど、あ
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

2.5

このおじさんの存在とかやったこと自体はおもしろいんやけど映画としてはあんまおもんないすね😪
まあ話し盛りすぎてもよくはないと思うし仕方ないんだろうけど。

パキスタンで本格的に活動するまでの展開にほぼ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「付き合って4ヶ月だ」
「違うわ、5ヶ月よ」
っていうやりとりでピンと来たらかなりの映画通ってことなんじゃないでしょうかね。

直接的な描写無しでここまで不気味な雰囲気を作り上げることができるってほん
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

5.0

面白すぎてしあわせな気持ちになった🧚🏻‍♀️

ケビンハートのおしゃべり一生聞いてられるわ🤣

毎日6時間のトレーニングを20年続けることができるかどうか一瞬考えたけどやっぱそれはムリでしょうね🏋🏻‍
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

5.0

デンゼルワシントンにトレーニング指導されたらめっちゃがんばれそう🏋🏻‍♂️

ホームセンターでの戦いに関してはあと一歩でホラー映画に化けてしまいそうなレベル。
日常的な道具が武器になるとなぜか銃よりも
>>続きを読む

悪魔のしたたり/ブラッドサッキング・フリークス(1974年製作の映画)

2.0

脳みそチューチューを映像化しようというそのセンスがすごい笑

なかなかチープな感じやけど作られた年代を考えるとかなりよくできております。

2001人の狂宴(2005年製作の映画)

3.0

これはもうジャンル的にコメディでもいいんじゃないってぐらいのおふざけっぷり🤠

殺し方けっこうグロかったりするんやけど全体の雰囲気が終始コミカルでエグさをそこまで感じない。
90分以下の時間でまとめら
>>続きを読む

MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン-(2005年製作の映画)

2.0

SFのジャンルに区分されてるだけあって確かに全くホラーって感じではなかったかな。

グチャグチャなったり血飛び散ったりするシーンは多いんやけどネクロボーグってやつの造形があまりにも機械感強すぎて、所謂
>>続きを読む

ローマハーレム帝国 ネクスト・カリギュラ(1986年製作の映画)

1.0

タイトルは完全に有名なほうのカリギュラに乗っかっただけで内容的にはなんの関係もない。まあよくある邦題の付け方ではある。いちおう時代設定はローマ時代っぽいけど。

全体通じて印象的な部分が一切無くてもは
>>続きを読む

ポゼッション(1981年製作の映画)

1.0

ごめんなさい。
まったく意味がわからんかった。

キャット・ピープル(1981年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

豹人間的な種族のお話だったわけやけど。
近親相姦でしか子孫を残せないというなかなかイカツイ設定。
人間とエッチすると完全な豹に変身してしまって人間に戻るためには人を殺すしかないと。

ナターシャが豹に
>>続きを読む

イルザ アラブ女収容所 悪魔のハーレム(1976年製作の映画)

2.5

なんとなく前作よりもインパクトに欠けるかなー。

こういう超絶B級ムービーでもなかなか続編が一作目を超えることは難しいんやな。
明らかに前作よりもセットとか豪華でお金もかかってそうだったけど。

お金
>>続きを読む

ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター(2002年製作の映画)

2.5

ものすごい大スターになったけど結局落ちぶれた上に家庭も崩壊、しかも最終的には身近な人間に殺されてしまうというこんなにもはちゃめちゃな人生を歩んだ人物が実際に居たんやなーっていうのは驚き。

ただなんと
>>続きを読む

オー・ブラザー!(2000年製作の映画)

4.0

刑務作業から脱走して故郷へ向けて旅をするなかでいろんな人たちと出会ったり別れたりしながら話が展開していく🚙

道中で関わる人を通じてアメリカのおかしな部分を絶妙にイジってくるところがおもしろい。
イン
>>続きを読む

カルテル・ランド(2015年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリーと言いながら都合よく編集したり演出したりすることもあるだけに100パーセント観たままの印象で受け止めることはできんけど少なくともこの地域のカオスっぷりはよく分かった。

どっちかが悪で
>>続きを読む

ジーパーズ・クリーパーズ(2001年製作の映画)

2.0

もうちょい何かを工夫したらものすごい面白くなりそうな雰囲気はあったんやけど全体になんか雑‼︎😅

せっかくサイキックおばちゃんが色々教えてくれるのにお姉ちゃん食ってかかりすぎな👩

会話とかいろんなシ
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

2.5

なんか全然お金かかってなさそうな映画だったなー。
けっこうアクション系なんかなと思ったんだがほぼほぼ戦い要素は無かった…。

思ってたやつとちげーって感じが強すぎてなんかわけわからんままエンディング迎
>>続きを読む

ある戦慄(1967年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

チンピラ二人組がとにかくクソなわけやけど、車内の人たちもそれぞれ色んな問題があって単なるいい人たちがひたすらイジメられるわけではないところが面白い。

それぞれの乗客たちの背景をコンパクトに説明しつつ
>>続きを読む

薔薇の名前(1986年製作の映画)

4.0

セットとか衣装がものすごいクオリティ高くて中世の雰囲気を感じられた。

現代とはまったく違った色んな宗教的な要素のせいで謎解きとか推理が思うように進まん感じにモヤモヤしつつも、ショーンコネリーの余裕あ
>>続きを読む

ミシシッピー・バーニング(1988年製作の映画)

5.0

アメリカの闇の部分が最大級に感じられる作品。

観ても不快な気持ちにしかならんけど、こういうことが実際にあったということを知っておいて損はないかなって感じ。

名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵(2016年製作の映画)

3.0

懐かしいなーってのと
昔と比べると画がめっさキレイになったなー。

ジェットコースター事件のあのカギ爪的なフックがイカつすぎなんだが…。

ロックアップ(1989年製作の映画)

5.0

スタローン映画でまだ観てないやつにこんなおもしろいのがあったとは‼︎

スリーパーズでもそうだったけど刑務所映画ではアメフトシーンにめっちゃ力入れないとだめなルールでもあるのかってぐらい本気のぶつかり
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.0

実話ベースの映画はまあ大概これぐらいはおもしろくなるなっていう感じのおもしろさ。

こういうオモシロ人間が定期的に現れるアメリカはやっぱすげぇなってことと、こんな人を歴史の中から発掘してきて映画にしよ
>>続きを読む

スターリングラード(1993年製作の映画)

5.0

これは間違いなくアカデミー賞レベルの名作だった。
ただドイツ側視点の第二次大戦映画ってことで、隠れた名作って感じの扱いになってしまっているような…。

最後までなんの希望もなくて、ここまでひたすらに戦
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

内容を理解するのにエネルギー割きすぎてまったくハラハラできんかった💦

なんかよくわからんままに時間が過ぎていったなー。結局誰が1番得したのかなー。

個人的にはもうちょっと単純明快なのが好きかなとい
>>続きを読む

ナイトホークス(1981年製作の映画)

3.0

ヒゲ面のスタローンて意外と珍しいのでは。

ゴリゴリのアクション映画ではなくて割と淡々としたストーリー展開。

連続爆破テロを起こすようなテロリストが最終的にケーブルカーをジャックするって雑すぎじゃね
>>続きを読む

>|