くらげさんの映画レビュー・感想・評価

くらげ

くらげ

映画(34)
ドラマ(3)
  • 34Marks
  • 36Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

-

途中まで。
私はあまり得意ではない作画だったのとなんとも言えないんーって気持ちになったので途中でやめた。
自分の調子が良い時にまた見直す。

インセプション(2010年製作の映画)

4.3

話の作りがとても面白い。
夢の中に引き込まれていく。
きちんと最初から最後まで観ていないと何がなんだか、どこの夢の話なのか分からなくなるので、じっとみるべき作品。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

4.4

よかった。とてもよかった。
自分の心を閉じ込めるのは自分自身。傷付いた自分を更に傷つけないように防衛として閉じ込める。青春っていいなぁと思った。

舟を編む(2013年製作の映画)

4.3

再見。
言葉を言葉で説明することの難しさ、そしてそれを作っている人たちの思いが伝わってくる映画。
主人公の松田龍平さんの空気感が好き。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

再見。
何度見ても完成度が高いと思う映画。結果として報われない結末のため、やるせない気持ちになるがジッと見てしまう。

松田龍平さん好きは見るべき。怠そうな役が似合いすぎている。かっこいいのにそれが鼻
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

4.3

(口が悪い書き方をするが)2人のマッチョハゲを拝める良い映画。
次回作のためか人間関係をはっきりしてないないところがあって少しもやもやしたが、次回作に期待する。

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.0

再見。
何回見ても面白い。泥棒に対するやりすぎなくらいの攻撃は観ていてスッキリする。

ディオールと私(2014年製作の映画)

3.0

美しい、の言葉に尽きる映画。
ディオール・オートクチュールの舞台ができるまでには沢山の人が一瞬のための美しさを作り出している

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

天才の子をどのように育てるか、普通とは何か、自分の犯した罪をどう償うか、考えさせられる映画。

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

4.0

映画があるということで再見。
ドラゴンと心を交わす主人公の過程が良き。ドラゴンの表情、動きもリアルで可愛い。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

1を観た上で2を観るとアナ雪の世界が分かってよかった。
オラフの存在が物語を柔らかくしている。オラフの寸劇が最高に面白い。オラフがエルサの物真似をした時は、腹がよじれるほど笑った。