Sさんの映画レビュー・感想・評価

S

S

寄生獣(2014年製作の映画)

3.4

これが結構実写成功の映画に名を連ねられると思うんです個人的に。かなり実写映画の中では好きな方。

東出くん、杏ちゃん云々の話が出る前からずっと、あまりよろしくないことを言うけれどメイン張って役者をする
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.4

世界観可愛いに尽きる……!!!数年前に舞台版を見た時に感動したんだけだ、映画もすんごく良いなぁ~!ありがとう金ロー!

オースティンランド 恋するテーマパーク(2013年製作の映画)

3.4

王族モノか!?と思いきや!全く違う、オースティンの世界を堪能できるっていう素敵すぎるテーマパークの話だった!!

なによりも世界観がすごく魅力的だし、服や内装、最高に可愛い!

申し込んだ金額コースや
>>続きを読む

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

3.7

さすがエディ・マーフィだわ~笑った笑った。シュールすぎる。歩いたところに薔薇が撒かれるやつ私も誰かに一回やってほしいwwでもトイレは自分で拭きたいし、体も自分で洗いたいな…。

婚約者出てくるところの
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

3.8

メリル・ストリープの振り切り方本当にすごい www半年後に地球が滅亡する……!という、実話に基づく『かもしれない』話。

とか言ってさ、とか思ってたからラストに向けての展開になんか熱くなってしまった。
>>続きを読む

ゾンビ津波(2019年製作の映画)

2.6

まずゾンビの前に津波にやられるだろって思ったら濡れもしてないスーパーウルトラ津波回避(ゾンビは来る)しててお腹抱えて笑った

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.1

細田守、好きな監督であるはずなのに年々微妙になっていく感じが悲しい……映像と音楽は最高!「美女と野獣」オマージュシーンは綺麗だけどそれまでがなぁなぁすぎて悔しい 評価する人がいたらごめんだけど、これは>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

3.4

撮影期間「12年間」6歳〜18歳までの過程を、6歳の役者が実際に18歳になるまで毎年少しずつシーンを撮り続ける。これだけで頭がおかしいってわかる。成長記録的な映画を撮ろう!まじで役者を成長させながら!>>続きを読む

子供はわかってあげない(2020年製作の映画)

3.8

一度も会ったことがない記憶にない父親を探してみたら、なんとその正体が……。

声出して笑うとかそういうのはないんだけど、思わずクスッと笑ってしまうのが沖田監督の映画なんですよね。シュールなシーンやセリ
>>続きを読む

世の中にたえて桜のなかりせば(2022年製作の映画)

3.3

人が上を見上げられるように、桜は下を向いて咲く。良かった〜「終活」を若い女子高生をテーマに描いていくってなかなか新鮮。人の優しさで出来てる話。

タイトルに在原業平を持ってくる天才さよ………(?)

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.6

「生きねば」をかなり実感する。私は好きなんですよ。ジブリ映画では初めて実際の人物を描いている作品。時代ごとに価値観って異なってきて、だからこそのラストなんだろうと思います。この物語を見た後に流れるエン>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

劇的な出会いはいらない。大事なのは、何年か経って、後々になって、出会って良かったと思える相手と巡り会えたかどうか。

「君に届け」で10年前に黒沼爽子と風早颯太の最高ティーンラブを演じた多部未華子と三
>>続きを読む

ロイヤルティーン:ウワサのプリンス(2022年製作の映画)

3.0

ラストシーンの「最後の何??」具合から続編があると期待。

恋をした相手は王子様だった!っていう王道のティーンムービーだけど、他のと少し違って若いシングルマザー問題やらSNSでの問題やらも取り入れられ
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

3.4

ポケモン総復習if。カスミとタケシがいないのは寂しいけれど、でも大好きなポケモンのストーリーってこうだったよね!って思った。

特に、内容ではなくて申し訳ないんだけど序盤で始まるオープニング。ド世代な
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

3.6

もう見るのやめようかなって途中まで思ってたのに、最後はボロ泣き……。そして思わず二度目を見たいと翌日また再生してしまった。

話の序盤、どうしても登場人物たちの話し方とか、セリフ回しとか、いろんなこと
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.0

求めていた最高の青春フィルム。"学生"の今だからこそ解る儚くて大切な一瞬をギュッと詰め込んでくれてる。

映画部員が作る底辺キラキラ映画が嫌いだから、アンチテーゼとして自主制作で時代劇を撮る話なのに、
>>続きを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

3.6

高校と同時に童貞も卒業したい‼️な三馬鹿が頑張る下ネタしかない痛快愉快アメリカ学生ドタバタ事情って感じなのに、最後切ないし映画自体の評価凄い高いの笑うww最高👍

そしてエマ・ストーンこれがデビュー作
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.9

"これぞ青春映画"すぎて私の中で最高の位置付け。誰しもがこういう瞬間・会話を高校生の時にしているよね?全校応援招集され観戦をする野球を全く知らない女子2人、野球部エースが好きな女子、元野球部男子。この>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.4

17歳JK小松菜奈と中年バ先店長大泉洋の恋愛映画~⁉️⁉️って、それだけで「歳の差がありすぎるのはちょっとな……」って見てなかった。悔しい。この理由で見ていない人は、見てほしい。夢を追う映画なんだなぁ>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

とても面白いです本当に。麻薬、密売、ネグレクト、黒人、LGBT、差別、いろんな社会の目の瞑りたくなるような部分を詰め込んだ映画。映像の綺麗さがまた鬱々とした雰囲気をよくかもしだしていて良かった。

>>続きを読む

パープル・ハート(2022年製作の映画)

3.7

エンドロールが最高の癒しでキュン…🫰🏻お互いの目的のための偽装結婚だったのに本物の愛が芽生えて……みたいな、展開はさらさらと読めていってしまう感じだけどその過程が良かったな。

薬物中毒、移民差別問題
>>続きを読む

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

3.4

とにかく世界が可愛い。というのも旧セーラームーンやおジャ魔女どれみのような配色。空・道路・家・服、街を彩るすべての色がカラフルで、空だから青じゃなきゃみたいなそういう世界ではないポップさが最高に懐かし>>続きを読む

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

3.5

人の心の奥深くは覗けそうで覗けない。だけど柔らかくして引き寄せることは出来るんだよなぁって思えるあたたかい話だった。と、いう感想で終えたかった。

自殺してしまったあの人は、誰が見ても明るくてそんな悩
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.5

ゆゆこ先生の世界観をよくここまで映像に落とし込めたなって感動しました。かなり原作をリスペクトしようという気概を感じられてみてて気持ちかったな〜✨

ヒーローになりたい男の子が、学校でいじめられている後
>>続きを読む

ストロボ・エッジ(2015年製作の映画)

2.8

キセキ懐かし~ってずっと思いながら映画見てたのに、エンドロールみたら「愛唄」でした、本当に申し訳ございません。安堂くん、良い人すぎる!!も~絶対に幸せになってほしい!!

久しぶりに「少女漫画の実写を
>>続きを読む

源氏物語 千年の謎(2011年製作の映画)

2.5

源氏物語を二時間でまとめるのは無理だよなぁと覚悟をしながら見たものの、始まってすぐに藤原道長が紫式部をアレして、「え、????」となり、そういうえ????が抜けず、そのままラストまで駆け抜ていってしま>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.7

はーーー面白かったぁ………😮‍💨離婚に至るまでの話。なのにタイトルなぜ「結婚物語」?って思ってたけど、途中から離婚も含めて結婚生活なのだと理解。ジワジワ良さがくる……。

離婚を決めても良い所はずっと
>>続きを読む

ケース39(2009年製作の映画)

2.9

子役のジョデルちゃんが可愛いのなんのって……!!可愛いからこそとっても不気味。でも内容はホラーとしてはぬるいし、ラストもなんか微妙だし……個人的にこの手の作品はどうしてもエスターがあるから霞んでしまっ>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

誰もがジョーカーになる可能性を持っているのだな、と思えてしまった。笑いが好き。笑うしかない。悲しい。こんな辛いことがあるんだなぁ。笑っているシーンを見て、笑えない観客の私たち。とんでもなく虚しくて心苦>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.3

THE 是枝監督が撮る映画。と言う感じ。リアルすぎる家族との会話。夏の帰省あるある。毎年必ずやってきて、今もその中に身を置いているのに、どこか懐かしさを感じさせる日本の夏の風景。

エモーショナルに日
>>続きを読む

我らの罪を赦したまえ(2022年製作の映画)

3.2

障がい者たちを安楽死といって虐殺させていくT4作戦。ドイツ国民でさえもこうして間引かれていた事実を初めて知った。人の命を、間引くってなんなのか。

あの授業中の「殺すんだ」が衝撃的だったな。人が生きて
>>続きを読む

ロイヤル・セブンティーン(2003年製作の映画)

3.4

我、英国貴族や紳士を演じるコリン・ファース大好き侍と申す。

絵に描いたようなハッピーエンドが最高。ティーンムービーはこうじゃなきゃ💖会ったことのない父親の元を尋ねると、英国貴族家系の政治家だった。そ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.3

不気味で精神的にくる。カルトチックな映画が好きな方にはおすすめ。グロ映画見慣れてれば流せるレベルのグロしかない。でも映画自体がある意味でグロい。精神グロ。

「気が狂う」という言葉を映像で表すとこの映
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.9

アカデミー始め世界の賞を総なめした大作。スラム出身の主人公がクイズ番組に出演し、どうして難問を正解し続け億万長者になれたのかの謎を人生に沿って解いていく話。びっくりするのがこれ大恋愛映画なんですよ……>>続きを読む

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

3.6

「メールでやり取り」でさえも現代では「古い」「懐かしい」って感覚になるのが、そこまで古い映画ではないのにこんな印象になるんだとまずびっくり。携帯がないからパソコンを開いていちいちメールボックス確認する>>続きを読む

EMMA エマ(2020年製作の映画)

3.5

これまでに何度も映像化されている恋愛小説の最新版。他人の恋の背中を押すことは好きなのに自分のものとなると途端に不器用なところがものすごく可愛くて良かった。少しお堅い内容なのも時代感があって好きだ。>>続きを読む

>|