kuppaさんの映画レビュー・感想・評価

kuppa

kuppa

評価基準ブレブレ

グッド・タイム(2017年製作の映画)

2.2

あらすじ通り弟を助けようとする兄の話だったけど、兄がひたすら頑張るシーンがメインで弟の出番は少なかった。
主人公がちょっと好きになれなくてハマれなかった…
シーンごとの昼と夜の使い分けはすごい

アンタッチャブルズ(2012年製作の映画)

4.5

冒頭10分ですごい好みの映画だ!って興奮した
アホなノリのコメディ映画だと思って見たら、ところどころの映像がオシャレでびっくりする
育ちの違う黒人と白人のバディが喧嘩しながら捜査するストーリーは典型的
>>続きを読む

くすぐり(2016年製作の映画)

2.5

ドキュメンタリー風映画と思えるほど出来はいい
そんな無許可で映画にまでしちゃうメディアにはびっくりするし、取材対象のくすぐり大会主催者もかなりヤバい
ヤバい人間とヤバい人間の戦い

15歳、アルマの恋愛妄想(2011年製作の映画)

4.0

何故だかすごく好き
北欧らしいオシャレな空気感がまた良い

サブマリン(2010年製作の映画)

2.0

何がしたいのかよくわからない映画としてぼーっと見たらまあまあ楽しめる
好きな人は相当好きそうな映画

俺はまだ本気出してないだけ(2013年製作の映画)

2.9

ゆるいテンポで特に何もなく終わるけど、なんか好き
役者が全員良いのもある
山田孝之の金髪と黒髪が最高に良い

星を追う子ども(2011年製作の映画)

1.3

ジブリ真似して長編ファンタジー映画の練習しましたっていう作り

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.2

原作は名前が覚えれなかったのでそこあたりはわかりやすくてよかった
ただ原作の、最初のめちゃくちゃな怖さと穢れが続かないように見せる終わりがあんまり伝わってこなかったのが残念
CGがチープなとこは笑えま
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.5

盛り上がりはない静かな映画
女の甘いところよりカッコいいところが多くて、女子校でモテるタイプ同士の恋愛に近かった
こういう映画はどこで終わるかハラハラするけど、なかなか好きな終わり方だった

ベルファスト71(2014年製作の映画)

2.8

そこまでハラハラせず、わりと予想通りの話だったけど、主人公を兄の立場において弟を彷彿とさせる子供たちと関わらせるのが良かった。
わりと言葉少なめで重い空気や静かな音楽でみせるタイプの映画だった。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

バカになって観れるのが良いな〜〜
今回の悪役のポピーさん、可愛い女性で大好きです
もう少しステイツマン活躍すると思ってたから、スピンオフがすごい楽しみ

戦場からのラブレター(2014年製作の映画)

4.1

記憶を思い出している時の映し方が上手で感情移入を促してくる
すごい丁寧な映画だった

新しき世界(2013年製作の映画)

4.8

ヤクザのかっこいいとこ盛りだくさん映画
とにかくかっこいい
こういうタイプ、あらすじから辛そうであまり見ないが、もっとはやくに見ておけばよかった

バトルシップ(2012年製作の映画)

4.5

初めてみたときは宇宙との交信に可視光の信号放った瞬間萎えて見るのやめてしまったんですが、きちんと最後までみると本当に熱い。
バカになってみるともうめちゃくちゃ面白くて大好きです。

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

いい感じの音楽でごまかされそうになるけど、メイジー結局今後どうなるの?という心配が残ってしまう
ラストはメイジーの今後が不安になって困惑するが、それでもわりと好きな映画だった
売家で暮らす若い二人とメ
>>続きを読む

10年越しの約束(2014年製作の映画)

4.7

ただのめちゃくちゃ良いロマンス映画
男女でもここまでかわいくてベタな恋愛映画あんまりみない

ジャンパー(2008年製作の映画)

2.5

瞬間移動できる設定やその映像がめちゃくちゃワクワクする
ストーリー展開やテンポがなんとも…
遺跡や図書館の本がわりとボロボロにされるのにはちょっと不安になった

リミットレス(2011年製作の映画)

2.8

「頭が活性化される薬」としては頭脳戦がもうすこし欲しかったが、ドラマを見たあとだったからそう思ったのかも
ラストもう少し何かを期待してしまった

エイプリル・ソルジャーズ ナチス・北欧大侵略(2015年製作の映画)

2.0

自転車部隊とはいうが、そんなに自転車が活躍するわけではなかった。
淡々と始まり淡々と終わるので、何を描きたかったのかよくわからない映画だった。

ジャドヴィル包囲戦 6日間の戦い(2016年製作の映画)

4.5

実戦経験ゼロの中隊が奇襲される内容で感情移入しやすい(といってもやっぱり銃の扱いなどは非常にうまいんですが)
普段そこまで戦争映画は見ない身でも実話と思えないほど見応えがあった。
国際政治に疎くてもわ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.8

戦闘シーンがすごく良い。
アメリカ側から描かれる戦争映画なのに日本兵の描写も悪くないし、好きな戦争映画の1つ。
特にアンドリュー・ガーフィールドがものすごくハマり役。
訓練中一緒に走ってくれる上官がわ
>>続きを読む

ハッピーボイス・キラー(2014年製作の映画)

4.2

犬と猫への愛がある映画だ…
レイノルズがたくさん喋っててすごい。
しかしやっぱり一番良いのはラストシーン、ハッピーミュージカル映画を見たのか?という気分になれる。すごい。

ぼくたちのチーム(2016年製作の映画)

4.5

LGBTの話は入ってくるが、これは青春コメディドラマ映画。
明るい黄色の色彩がオシャレだし、その通りわかりやすいハッピーエンドなのが本当にいい。

親友のカミングアウト(2015年製作の映画)

3.1

それぞれわかりやすいキャラクター設定で、話も明るくサクッと観れる。
アダムとクリス以外の二人が冗談しか言わないので辟易したが、最終的にはいつものようにゲイネタの冗談を言い合えるようになっていて本当によ
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.0

WW1にワンダーウーマンときいてワクワクしたが、やっぱりアメコミテイストだった。ダレるところもあったがストーリー全体はまあまあ面白かった。
ダイアナとスティーブの二人の出会いがすごい綺麗。女性監督で良
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.4

数学の色分け問題や信号の色、ネイサン役のエイサ・バターフィールドの瞳の色を関連させて写していくのがすごい綺麗だった

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.7

アスペルガーのシモンが兄のために彼女探しをする話だけど全く重くない。
全体的にオシャレで、それでいて見ていて気分が良くなる。
シモンのしでかす事に素直に笑うイェニファーがすごくいい女性だし、シモンはシ
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.5

原作小説が好きだったので、ラノベがハリウッドにうまくハマるのか、主人公が将校始まりでうまくいくのか…と期待度が高くなかったが、本当に良かった。
だれないテンポが何より良かったし、原作と違う展開になって
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.3

すごい!次々に設定を変えて映画化してるなと思ったけど、15歳という年齢のせいかこのスパイディは地に足がついた話になっていて面白かった。
悪役も脇役もみんな個性的で一人一人が目立っているのはかなり良かっ
>>続きを読む