skgcさんの映画レビュー・感想・評価

skgc

skgc

映画(790)
ドラマ(0)

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.6

青年たちの興味自体もなかなか稀有だけど、結末の奇跡さにもほどがあるね

ファミリー(2004年製作の映画)

3.1

最後の余韻自体は良かったけど…
あの流れのまま最後まで行くとは思ってなかったから、どことなくさみしい感じ。
一応バッドエンドではないんだろうけど、ハッピーエンドでもないし。
やっぱり韓国映画のチンピラ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.6

無遠慮と厚かましさと容赦なさがすごすぎて、KNOCK KNOCKとかファニーゲーム的な展開に進んでいくのかと思ってたけど、その予想は裏切られたかな。
ひやひやするし、ジェニファーローレンスがんばってる
>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

-

一回じゃ多分理解できない
けど、立て続けに二回見るのは無理!
映像美と、暗に示して来る感じの雰囲気はすごい好きなのに難しすぎて理解できない!

体脂肪計タニタの社員食堂(2013年製作の映画)

3.3

ぼーっと見るのにちょうどいいし、元気な優香かわいかった。
できもしないけど、減塩料理とか作ってたべてみたくなる

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.7

普通に史実の偉人ものかと思ってたらダンケルク見たおかげもあってかめちゃめちゃ感動したし、チャーチルの人間臭い正義感みたいな信念みたいなものにじわじわやられて3回くらい泣いた。
後半シーンで何回か声出し
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.9

こんなにコメディ強かったっけ?ってシリーズ見返したくなるくらいギャグが盛り込まれてて最初びっくりした〜
あんまり頭のよろしくないソーがやらかしたり失敗するところもクスッと笑えるし、猪突猛進に戦い進んで
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

ストーリー展開はあんまり好みじゃないけど、強すぎるキャラ色を贅沢に盛り込んでるのが楽しい
フラッシュはめっちゃいいキャラだしエズラミラーはまってたね
やっぱりバットマンがなんだかんだ一番の器用貧乏で功
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

悲しいのに幸せ、って余韻が残る映画がやっぱ一番思い出に残るな!
嫌いな登場人物が誰もいない。
最近、高齢で頑固で堅物なおじいちゃん映画多いけど、そこそこ似てる設定でもなんだかんだおもしろくて満足できる
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

マーベル特有のヒーロー節はあるけど、全体的に引き締まっててかっこいい。劇中歌とか、エンドロールとかも。
展開の仕方がうまいから、今後のシリーズがより楽しみになったし、はやくアベンジャーズ観たくなる!
>>続きを読む

ターボキッド(2015年製作の映画)

3.6

登場人物たちはド真面目だけど、おふざけが目立つ愉快グロ映画!
ちゃんとドラマも描こうとするあたり欲張りだけど、やりすぎだと感じつつもおもしろいと思わせる展開は見てて退屈しない!
人体のモロさに気持ちよ
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.6

設定がおもしろいー!
と思ったけど研究室にたどり着いたあとからちょっと失速
人間であるないに関わらず、やっぱ心通わすシーンはなんとなくじーんとくるし、そのまま信じ通していたくなるね
その点ではいつ少女
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.9

今までにない応援したくなるスパイダーマン
かっこつけたがりが多い中で、失敗したりドジ踏んだりしてるピーターは愛嬌のかたまり!
マーベルシリーズでもっと活躍していってほしいなー!

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6

小さい子どもが見たら怖い要素だらけだろうな。
動きが怖いし不気味だし、怪しさ満杯なのに突き進んじゃう子どもたちの無謀さと勇気にドキドキしてしんどい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.1

2時間の中にいろんなものがパンパンに詰め込まれててめっちゃ楽しい
大喝采のシーンでつい一緒に拍手しそうになるくらい夢中で見てた

鳥肌立つし、ワクワクするし、この臨場感とか音響感を映画館で感じれてほん
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

行動が行動を呼んで、良い思惑も悪い思惑も全部影響しあってたね。
当事者たちですら、なんとなく蚊帳の外にいる感じもあったし、物事の真ん中に立ち戻ろうとするやり方が強烈すぎて、違う結果生んでたりとか、見て
>>続きを読む

チェイサー(2017年製作の映画)

3.9

まっっじでドキドキした
ハラハラした

挿入もオチも丁度良すぎる
なのにそれまでの経過はハラハラされすぎてしんどい

90分で丁度良すぎるハラハラ具合。畳み掛け具合は呆気なかったけど、でも、良い。
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

-


使い古されつつも、まあ楽しめるあの展開ね
途中、面白くなりそうな予感もあったんだけどな

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.5

アクションこれでもかってくらい欲張りな演出で見てて疲れたわ。おもしろすぎ。
コメディもドラマもぶち込んであって、映画のカテゴリがマルチすぎ。
配信オンリーなのが残念すぎる。上映したほうがいいし、レンタ
>>続きを読む

[リミット](2010年製作の映画)

-

観てる分にはハラハラするだけだけど、現実に起きてそうな問題だけに結末後の余韻がなんとも

ブラインド・デート(2014年製作の映画)

4.2

何も期待せず見てみたら、全てが予想以上やった!ラブストーリー要素も、コメディ要素も程良い!
アホらしい展開でもあるけど、映画全体の空気感と違和感ないから最後まで観れる。
ちょっと落ち込んでる時でも、観
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

-

ジャケットの女優さんがバンバン出てくるのかと思ってたよ。
こういう空気感の映画、いつも見た後微妙な余韻になる。

ヴィクとフロ、熊に会う(2013年製作の映画)

3.0

難解
後半すこし加速しておもしろかったけど、結局最後まで真相わからず
ヴィクにとっては、不幸じゃなかったのかな
フロレンス役の人って、いつもああいう奔放な役だね

ラストのワンカットの表情もまた難解
>>続きを読む

チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?(2011年製作の映画)

3.7

入れ替わりネタ最近見飽きたけど、コメディと共感と感動の比率がちょうどよくて、めっちゃおもろい。
映画のシーンと一緒につい、よっしゃ!!って喜んでしまって後から恥ずかしくなった。
けど、そこまで夢中に見
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

-

名刺のこだわり!
無意味であるのはわかりつつも、こんな風にこだわってみたいし、こんな名刺受け取ってみたいわ

魚と寝る女(2000年製作の映画)

3.4

えっ
簡単なようでむずかしすぎる
意味がわからないけど、全体像はなんとなく掴める
キムギドク監督の作品はセリフ少ないのが多いね。後から考えて想像するのがだんだん楽しくなってきた

(2005年製作の映画)

3.9

恐ろしいストーリーなのになんか美しかった気もする。
純愛の振り幅が大きすぎて怖いね

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

3.9

風景画全般見惚れるし、闘病シーンのジレンマの現実感がすごい。意識は残酷なほどしっかりしてるのに、その他すべて不自由になってしまうって、1日の体感時間が果てしなく長く感じるだろうな。でも、不自由が極まる>>続きを読む

キッチン・ストーリー(2003年製作の映画)

3.6

不思議な雰囲気
物静かで起伏少ないけど、ほっこりできる。
中盤以降、かわいい しかない
ラストの曲が愉快でいいね。

ザ・セル(2000年製作の映画)

4.0

明日もっかい見る
映像センスとサイコパスの描写力にハマった

>|