skgcさんの映画レビュー・感想・評価

skgc

skgc

映画(826)
ドラマ(0)

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

デッドプールらしい展開で、デッドプールらしくヒーローしてて、一貫性が良いね

帝一の國(2017年製作の映画)

3.9

あー、これはおもろい
日本らしい面白さとシュールさが詰まってて、ふざけ具合もちょうどいい。
クドカンとか三谷さんとかのコメディ色って見慣れすぎて結構お腹いっぱいだったから、久々に面白い邦画に出会えた気
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

クサいくらいハートフルなヒューマンドラマかと思ってたら、結構シビアな内容とか複雑な事情も絡んでて、予想外の展開で楽しめたな。あらすじちゃんと読まずにジャケ借りしたおかげもあるのかな。

エスター(2009年製作の映画)

3.6

初見じゃなかなか気づかないけど、化ける技術が大したもんすぎて教えてほしい

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.5

感情表現はたまに爆発してたけど、ストーリー展開は淡々としてた。現実感があるっていうのかな。
認めてあげたいし、認めざるを得ないんだけど、せめて変化の度合いは徐々にしてほしい、って家族の複雑な思いもすご
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.6

CGなのかクレイアニメなのかストップモーションなのか、無機質ぽいけど、生命力も満ち満ちてるなと思ったし、不思議なアニメだった〜。
話題になるのも分かる。癖になる。もう一回みれる。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.7

ハリウッドCGはケタが違うね。
迫力とボリューム感でアベンジャーズに勝るものはないんじゃないかってくらい、力の入り具合が分かる。
けど、キャラ増えすぎてそれぞれのフォーカス薄まっちゃったし、キャラの絡
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.2

ハードコアヘンリーと同じくゴープロ使った躍動感と臨場感満載のアクションシーンがウリで見どころなのはとても伝わってくるけど、ハードコアヘンリーは音楽かけてノリと勢いで軽快なアクションを売ってたのに対し、>>続きを読む

肉体の森(2010年製作の映画)

2.7

とにかくエロシーンは多かった。
前半はちゃちな雰囲気もあってちょっと笑えたんだけど、形勢が逆転し始める雰囲気が徐々に醸し出されるのはおもしろかった。エロなしであの展開なら結構良作なサスペンスだと思うん
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.9

見応え

アーヴィング役のふてぶてしさがハマりすぎてた

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

女の子の目が中盤からどんどん変わっていくのすごかったー
慣れない空間のストレスもあっていろいろ爆発したんだとも思うけど、素質は十分だったんだなーと思うとおもしろい。
派手なわけじゃないのに、異質で目立
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

-

非がないのに強かにならざるを得ないのが切ない
真っ向から戦って死んでしまうのも悲しいけど

オーディション(2000年製作の映画)

3.6

石橋凌がメロメロになってたりボロボロになってたりする姿、珍しくておもしろかった。

しいなえいひ すごい
すっごい雰囲気のある薄幸美人だった
あの役をものにできる女優さん、ってだけで興味わくのに、あん
>>続きを読む

セットアップ: ウソつきは恋のはじまり(2018年製作の映画)

3.5

かわいい。しあわせ。
上司も好きだから切ない展開だけど。
鈍足で進んでるかと思ったら、進むときは超速だからびっくりした。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

すっっごい親近感。
ローカル感というか下町感というか、小さいテリトリーの中でも大きく生きようとすることはできるんだなと思ったし、登場人物みんな厄介だし一癖も二癖もあるけど嫌いになれないし
結末のどうこ
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.3

思ってたよりグロくないけど、スカッとする感じはあったし、呆気ない死に際が多かったね。
最後の切れ味は良かった。寄生獣みたいになってたね。

動機の平凡さと黒幕のショボさはちょっとあったけど、シリーズ終
>>続きを読む

光と禿(2016年製作の映画)

-

スギムさんはスギムさん名義で出てるんだね。
役もなんもない、そのままでした。
ストーリーも設定もおもしろくなくはないけど、邦画らしい日常感がよかったかな。
女の子の視力の悪い演技は、そんな違和感なかっ
>>続きを読む

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.3

そういう話かー!
思ったより脚本と演出がこんでておもしろかったかな。
ドミニクモナハン小柄なおっちゃんで、ホビット感思い出しちゃってついかわいく見えた。

ラストは腑には落ちるんだけど、ドミニクモナハ
>>続きを読む

ザ・ブルード/怒りのメタファー(1979年製作の映画)

-

古い!けどネタの考え方が今風じゃないところが面白く見れる要素なのかな。
エンタメ要素はそんなないけど、奇抜さと思い切りはある気がした。
荒い特殊メイクだけど、それはそれで怖さとか不気味さもあって苦にな
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.8

ファンタジー色つよい。
小話が出てくるけど、童話のようであって、怪物のおかげで寓話っぽくなるのがいいね。
少年が葛藤しながら現状を抜け出して成長しようとしていく話筋が、パンズラビリンスとかぶったかな。
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.7

よくある話かなと思ってたけど、予想してたよりずっとよかった。
案外、おつな展開だった。大人たちの小細工ばっかなのかなーと思ってたけど、最終的になんとなくおとぎ話的な不思議な雰囲気に落ち着いたし、疑問も
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

VR世界描写の比率がちょっと多すぎと思ったけど、アクションとかコメディとかの要素も他映画の小ネタもとにかく盛りだくさんで、盛りだくさんすぎて、見終わった時、何が一番良かったのかわからんくなった!
デジ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

今までとは違うタイプの、黒人主体なストーリー。
伏線回収も上手いし、音で不穏感出すのもやり過ぎ感なかった!
エンディング2パターンあるのもどちらも楽しめるし、コトが始まり出すと容赦ない感じがサスペンス
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

ちゃんと本編見たら、ジャケットのジャックニコルソンの表情の感情とか状況とかが強烈に思い出されすぎて、ジャケ写見るたび胃もたれしそう。
古いのに、今時の映画と比べると目新しいような気もして、ふつうに面白
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.8

ダークファンタジーの代名詞という感じ。
現実なのか空想なのか、考えだすと侘しいけど微笑ましく見れる。グロ描写とシビアな展開多めだけど。
逃避じゃなかったらいいね。

>|