HarnaKonisさんの映画レビュー・感想・評価

HarnaKonis

HarnaKonis

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

-

2017(151)
雄大な自然と直ぐそこにある戦争と死、その中で生きる人間の愛と生命の物語
隣家の妹の新体操とダンスと酒の飲み方が最高で正教会のシーンもアガった

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

-

2017(149)
ただのペラペラ恋愛や親子愛に頼らないドラマ、多くを語らずとも見えてくるキャラクター、最後の最後まで楽しませる韓国映画の(ベタなんだけど)全てにおいて容赦ない姿勢が凄い

バッド・バイオロジー 狂ったヤツラども(2008年製作の映画)

-

2017(147)
女の家に進入する時毎回床板か壁をぶち破るんだけど一回バスタオルにくっついてるパターンがあってそれは怖いなと思った

美の祭典(1938年製作の映画)

-

2017(146)
美に対する仰角の構図が『民族の祭典』より更に際立つ

民族の祭典(1938年製作の映画)

-

2017(145)
『ドイツ映画零年』を改めて捲ると、美に対する仰角の撮影はリーフェンシュタールにとって絵的にも精神的にも正しい構図だという事が書いてある、正にそれなのだと思う

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

-

2017(142)
ラストはちょっと微妙だけど、おっちゃん達がだんだん酔っ払ってくるのが面白い

何故R氏は発作的に人を殺したか?(1969年製作の映画)

-

2017(141)
いろいろ本で読んだけどやっぱり観ないとダメね
ニュージャーマンシネマとファスビンダーのやるせなさが素晴らしい

ガーデン(1995年製作の映画)

-

2017(139)
東欧ならではのグロテスク、メルヘン、ユーモア、生々しい性愛と美意識
神の存在を感じる庭

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

-

2017(138)
私もホアキン・フェニックスと夜の遊園地に行きたいし、ディナーに誘われて年季の入った詩集をプレゼントされたい

ミュータント・フリークス(1993年製作の映画)

-

2017(134)
ノリがカートゥーンアニメ感ある

カナザワ映画祭 into 小倉昭和館にて

Mr.オセロマン/2つの顔を持つ男(1972年製作の映画)

-

2017(133)
バイクの入手法がメチャクチャで良い、とりあえずパトカーを壊しまくる(こう書くと映画のテーマが全く伝わらない!)けどやはり特殊メイクや演技は面白い

カナザワ映画 into 小倉昭和
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

2017(132)
とにかくブルー
深く吸い込まれる様な肌が美しい、3人のシャロンがちゃんとシャロン

逆徒(2017年製作の映画)

-

2017(130)
いい意味で強引な音楽の付け方や音の効果でどんどん面白くなる
花火は銃器で車は生きている不良のホラー映画

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

2017(127)
冒頭のジョンスペで完璧感あったよね
銃撃さえも音にのって爽快
ベイビーの八重歯、ナードの勝利
デボラはtwinpeaksのシェリー

ゾンビ処刑人(2009年製作の映画)

-

2017(126)
ウケる
バイブのとこ良い
ジョーイの部屋ゴキブリがいすぎ

トラック野郎 御意見無用(1975年製作の映画)

-

2017(125)
ついに観てしまった
良いシーンがありすぎ、素晴らしい
桃次郎の服装常にかっちょいいし脚が長い
お京さん幸せになってほしい

ヘルレイザー/リターン・オブ・ナイトメア(2002年製作の映画)

-

2017(123)
前作に続きまたか〜と思ってたけどオチは意外と良い
ウナギを吐く

ジーパーズ・クリーパーズ(2001年製作の映画)

-

2017(122)
音が怖い、姉ちゃんかわいい、来てる来てる感と来るぞ来るぞ感が怖い、猫のばあちゃんも怖い

ザ・フォッグ(1980年製作の映画)

-

2017(121)
相変わらず曲がいい
霧が超光ってるし、スローなようでいてスルスルと忍び寄るので焦る

マングラー(1995年製作の映画)

-

2017(120)
プレス機もガートレーも怖いけどカメラ屋のおっさんも怖い

>|