HarnaKonisさんの映画レビュー・感想・評価

HarnaKonis

HarnaKonis

太陽(2016年製作の映画)

-

2017(199)
神木くんてほんとにカッコよくなったよね〜

SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者(2012年製作の映画)

-

2017(197)
栃木は日光のヒップホップグループ
"征夷大将軍"
MC NO SIGHT
MC NO SOUND
MC NO VOICEそしてDJ 眠り猫

方舟の女たち(2016年製作の映画)

-

2017(196)
それぞれの話が絶妙に絡み合う
お金をバラまくシーンかなりアガる
松井理子さんの女刑事がイイ、眼鏡ちゃんも可愛い

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

-

2017(194)
「振り返れば夢がいっぱい」
高橋和也と木村多江と、でんでん

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

-

2017(193)
主演の2人に負けないくらいでんでんとユースケサンタマリアの印象が強い
ヤンイクチュンは優しい

バタアシ金魚(1990年製作の映画)

-

2017(191)
「泣くなっ」ボン!ボン!ブシューッ(コーラ)

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

-

2017(187)
オレンジは温かい心の色、夕日の色
ブランカの力強い歌声とピーターの笑顔、セバスチャンの眼差し

三人の騎士(1944年製作の映画)

-

2017(186)
ラテンアメリカ的ファンタジア
ドナルドの映写機へのフィルムの掛け方がクール

ラテン・アメリカの旅(1944年製作の映画)

-

2017(185)
スケッチしたイメージから作品になっていくところが良い
ブラジルの最終パートの筆さばき

バンビ(1942年製作の映画)

-

2017(184)
ダンボに並び何度も観たが改めて鑑賞
物凄い風景描写だ
これまでのディズニー長編にほぼみられなかった"父の存在"が序盤から物語に少しずつ影響していく
バトルとフォーリンラブの見せ方は
>>続きを読む

アニマル・ハウス(1978年製作の映画)

-

2017(182)
「俺の正体を教えてやろう」ボフンッ「ニキビなのだ」
滅茶苦茶やりまくるデルタの輩、ぶっ放すラストも最高

トラック野郎 爆走一番星(1975年製作の映画)

-

2017(181)
安定の面白さの中に年の瀬の哀愁がささる
星のセーター、ジャケット、かっこよすぎ

火葬人(1968年製作の映画)

-

2017(179)
シーンの繋がり方が夢をみているように奇妙かつ滑らかで秀逸
クロースアップされるパーツとイメージのコラージュ、ナチス台頭後の社会を彷彿とさせる主人公の行動が悲しい
チェコ映画独特の(
>>続きを読む

コクウ(2017年製作の映画)

-

2017(178)
女優さん可愛いね〜
川瀬陽太さまがもう怖くてスケベで

ダンボ(1941年製作の映画)

-

2017(177)
大好きで何度も観たが改めて鑑賞
例のトリップシーンは無論最高なんだけど普段からマイルドクレイジーなショーだし音楽が全体的に素晴らしい
雨のシーンが割と多いのが印象的で、影の使い方の
>>続きを読む

鬼談百景(2015年製作の映画)

-

2017(175)
怖い
ただエンディング曲がフェリーニの『悪魔の首飾り』(『世にも怪奇な物語』第3話)のニーノ・ロータの曲に激似

ピノキオ(1940年製作の映画)

-

2017(172)
何と言ってもあの遊園地、怖すぎる
喧嘩小屋にタバコロード、ビリヤードしながらふかしてるのはもはやタバコではないのでは
ジョンがルパンでかっこいい

白雪姫(1937年製作の映画)

-

2017(171)
豚の心臓に魔術に地下牢、死の瞬間など、見せるまたは見せない恐怖演出に唸る
雨のタイミングや巡る季節にも唸る

シンデレラ(1950年製作の映画)

-

2017(169)
泡の描写から誘われていく幻覚(幻想世界)のイメージはダンボと共通している
目を見せてと言ってドレスの色を決めるところとか流石

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

-

2017(165)
雨で涙が消される世界、サーチライトとスチームに電飾とハリソン・フォードの強引さが光る

>|