桃尻さんの映画レビュー・感想・評価

桃尻

桃尻

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

-

2021(112)
トイレに虎がいると言われて確認しに行ったブラッドリー・クーパーが、おい本当だ虎がいるぞ!って言う時の顔が良かった

悪魔を見た(2010年製作の映画)

-

2021(109)
復讐のビョンホンと狂気のチェ・ミンシク
展開、アクション、首のシーンもどっしり重たくって良かったです

デビルズリジェクト〜マーダーライドショー2〜(2005年製作の映画)

-

2021(107)
1作目とは打って変わってアメリカン・ニューシネマな砂埃をブンブン立ててくる
ダニー・トレホが一番良い

スネーク・アウタ・コンプトン(2018年製作の映画)

-

2021(106)
途中までこのまま全然デカくならないんじゃないかと思って心配した

パペット・マスター(2018年製作の映画)

-

2021(105)
人形ゴアシーンを各部屋で見せてくれるところが良かった

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

-

2021(104)
ジャズの即興演奏などの特徴が人生のその時その時を生きる楽しさや難しさと重なり、何気ない日々に美しさを見出せることがどんなに大切かを教えてくれる

シャークネード エクストリーム・ミッション(2015年製作の映画)

-

2021(103)
大体のところはいいけどフィンの妻が無事なところだけ納得いかない、義手がヴィブラニウム製とかでない限り

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

-

2021(102)
息子が息子を演じていて熱くなった
MGの服かっこいいな
マカヴォイは純粋に凄いと思った

濡れた壷(1976年製作の映画)

-

2021(100)
縄ではなく家族のしがらみに縛られる谷ナオミさま
マネキンのシークエンスと目線の夕立ち

バグダッドの盗賊(1940年製作の映画)

-

2021(98)
目を見えなくする魔術の影の演出
忘却の青い薔薇

シャークネード カテゴリー2(2014年製作の映画)

-

2021(97)
チェーンソー至上主義なのと
水面近くのサメの背を踏んで飛び越えていくとこがクラッシュバンディクーみたいで良かった

JSA(2000年製作の映画)

-

2021(95)
3人が出会うシーンや手紙のやりとり、観光客の帽子のシーンなど38度線エリアの緊迫感の中に温かい空気が流れる瞬間みたいなのに心を動かされる
ガンホの声は渋くて良いですね、ビョンホンの人
>>続きを読む

ふしぎの国のアリス(1951年製作の映画)

5.0

2021(94)
好きなディズニー作品トップ3に入る作品で何度も観ましたが改めて鑑賞
鳥が囀り川が流れて水面に波紋が広がる夢への導入が既に完璧
キノコと粉砂糖の黄金の昼下がり
バイブル

悪人伝(2018年製作の映画)

-

2021(93)
ドンソク兄貴のドアアタック&ドアパンチが最高だ〜

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

-

2021(91)
ロック様のウィンクが何回放たれるか数えよう!ステイサムも張り切っているよ!車が飛べるのは常識だよ!

邪願霊(1988年製作の映画)

-

2021(90)
ちゃんと面白いしちゃんと怖かった
爆発炎上や腕ぐりシーンのカット、ヒントをくれるタイミング、おばけのシーンなど演出の技が光っている

恋人たちは濡れた(1973年製作の映画)

-

2021(88)
「子宮のようにあったかいオンナだ」
猫を抱く人妻、夜景に乗る喘ぎ声、ボコられがちな主人公とギターと自転車と正露丸

反則王(2000年製作の映画)

-

2021(87)
いい意味で色々すっ飛ばしてくるキム・ジウンとガンホの気合い
プリントの暖かい風合いが似合うゼロ年代韓国映画の空気がある

ジム・ヘンソンのウィッチズ/大魔女をやっつけろ!(1989年製作の映画)

-

2021(81)
アンジェリカ・ヒューストンが美しい
ネズミや魔法を上手いことやっているところが良い

鉄砲玉の美学(1973年製作の映画)

5.0

2021(80)
渡瀬恒彦の激しく移り変わる表情が良すぎる(特に体を洗って貰う時の顔ときたら!)
東映の荒々しさとATGの詩情の融合が見事
鉄砲玉も血を流す

ゼイリブ(1988年製作の映画)

-

2021(79)
サングラスかけろ長喧嘩も設定もラストシーンも最高!
サングラスかけろ!

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

-

2021(78)
仰々しい照明と電飾が禍々しく美しい
妻の発言で引き起こされたトムの現実における悪夢は彼女が悪夢を見ている間に起こっていて、それぞれの悪夢が影響し合っているようにも見える
各々の心底に
>>続きを読む

>|