HarnaKonisさんの映画レビュー・感想・評価

HarnaKonis

HarnaKonis

映画(1403)
ドラマ(0)

ホース・マネー(2014年製作の映画)

-

2018(76)
音楽が流れ、人々のポートレートのようなショットが連なる所

EU Film Days2018にて

サクラメント 死の楽園(2013年製作の映画)

-

2018(76)
大事なところであれ、このカメラ誰が撮ってる?てなった部分がありました

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

2018(75)
"まとも"とは何なのか、差別と孤独を描いていくんだけど話的には意外とあっさり恋に落ちるシンプルなお伽話
アクアグリーンの色世界で恋をしたイライザのカチューシャや服靴口紅が赤くなってい
>>続きを読む

ストリート・オブ・ノー・リターン(1989年製作の映画)

-

2018(74)
組織の怪力男の絶命の仕方が絶妙
というか全体的に絶妙なテンションでとてもいい

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

-

2018(73)
今回も会話や行動の気味悪い面白さは大いに発揮されていたけど、話が枝分かれしすぎて正にカオス状態であった
「助けて」という声に人々はどのように反応するか、テーマや記号の反復が楽しかった

メッセージ(2016年製作の映画)

-

2018(69)
途中でおや、これはそういうことなのかとわかった時ほほ〜と感心した

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

-

2018(67)
アニメ映画版の音楽が好きだったのでどんな風になっているのかな〜とか思っていたけど、そういうオリジナルがどうのこうのというよりこの作品に関してはこれでアリだなと思った

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

2018(64)
ディクソンの見つめる先とオレンジジュースをくれたレッドの後ろ姿

彷徨える河(2015年製作の映画)

-

2018(61)
コロンビアのジャングルで時を超える
遡上する河と時空、密林の蛇たち

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

-

2018(60)
「興味がなくなった頃に付き合えるさ、普通の娘だって気づくよ」
夢を見るのって大事である

ORGAN/オルガン(1996年製作の映画)

-

2018(59)
ずっと前借りた『ムービー・パンクス』という本で知って以来いつか観れるかなと思っていたら観れた

海底47m(2017年製作の映画)

-

2018(58)
海底と宇宙は怖いよね
窒素酔いという言葉を覚えた

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

-

2018(57)
死が最も身近な出来事だと呟き、国内外で闘い続けるシリアの男たちの瞳が忘れられない

トラック野郎 度胸一番星(1977年製作の映画)

-

2018(56)
いつもの展開を待っていたら今回は変化球、いつもとちと違う展開でお迎えされた
桃次郎がルパン的な動きを見せる

人生タクシー(2015年製作の映画)

-

2018(55)
上映許可のおりなかったこの映画の中で上映許可のおりる映画とは何かが語られるがそれだけじゃない、監督がこれまで経験してきた色々なものが見える

200本のたばこ(1998年製作の映画)

-

2018(53)
私もパーティ行きたい
「タバコって他人に対するバリアなんだぜ、みんな煙幕を張って人間関係をゴマかしてる」

カリフォルニア・ドールズ(1981年製作の映画)

-

2018(52)
やっと観られてよかった
ハリーの語る格言とカーステレオの音楽でアメリカン・ニューシネマのムードを纏ったロードムービーは、破滅ではなく成功をつかむ完璧なショーへと到達する
愛のある3人
>>続きを読む

仁義なき戦い 代理戦争(1973年製作の映画)

-

2018(51)
しぶとい奴はしぶとく若い者は早くして死ぬつらい

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

-

2018(50)
まさに男と女
特に夫婦の部屋を出た後のお髭カップルの会話とかドキッとした

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

2018(49)
ラテンアメリカの世界観が元々好きなのでカトリックならではのごちゃっとした感じ、家族が多かったり厳しい感じとか良かった
走る道に響く歌声、蝋燭の灯とマリーゴールドの暖かさがじんわりくる

ラビッド(1977年製作の映画)

-

2018(47)
彼氏が事故の割に軽傷すぎ
サンタが撃たれるのつらい

トラック野郎 天下御免(1976年製作の映画)

-

2018(46)
今回はより一層顔で運転する桃次郎
ジョナサンが既婚者で子供がいるというのがこういう話の時より効いてくる
「ジュテム」

blank13(2017年製作の映画)

-

2018(45)
コンパクトなのにしっかり詰まっている、それでいて軽やかな感じが良かった
川瀬陽太&村淳両氏が得に良いお味でした
ハイライト

霊的ボリシェヴィキ(2017年製作の映画)

-

2018(44)
霊気が強まっている時は確率に異常が生じるとか、気づいたらもうこんなに暗くなっているとかの大袈裟なネタが良かった
韓英惠さんはやはり素敵でそして上手

>|