たーさんの映画レビュー・感想・評価

たー

たー

映画(55)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

2.5

なかなか難しい映画。史実を期待していたので残念。ファタジーとしても解りづらくないか?映像は美しい。

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.4

ロバートデニーロの演技が凄い。過去と現在が重なり合い、歴史というか重厚感を出している。

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.5

今のところ人生で最高の映画。マーロンブランド、アルパチーノの演技が素晴らしい。ただのマフィア映画ではない。

LIMIT OF LOVE 海猿(2005年製作の映画)

3.0

新作公開記念。海猿はシリーズどれも最後は絶対絶命の感じがしてハラハラする。

BRAVE HEARTS 海猿(2012年製作の映画)

3.2

普通に楽しめる映画。ハラハラドキドキ出来る。

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.7

おばあちゃんの言葉が良かった。食事シーンが素晴らしい。感動。

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.0

バケモノの子公開記念で。サマーウォーズなどと一緒に。青春もの。音楽も良かった。

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.0

バケモノの子の公開記念でテレビ地上波で。お母さんが魅力的。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.3

暇つぶしに借りた店員おすすめのDVD。シリアスな奥の深いドラマ。見応えあり。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.2

テレビ地上波を録画。官僚による法律に則った危機管理の目線で描かれており、面白い。

海街diary(2015年製作の映画)

3.2

綺麗な映画。爽やか。食事シーンが良かった。

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.5

確か始めて日英協会試写会で観た映画。イギリス王室内の愛憎劇が面白かった。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.0

日英協会の試写会。長い。暗く悲しい映画の印象。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.0

日英協会の試写会。ストーリーはあまり印象に残っていない。

硫黄島からの手紙(2006年製作の映画)

3.5

米国側からの視線より、祖先の苦労を感じ、シリアスで悲しい。戦争のむごさを実感。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.2

妻に勧められて。面白い。劇場かDVDかは定かでない。

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.2

公開記念のサマーウォーズをテレビで観て感動して劇場へ観に。良かったけどサマーウォーズの方が良かった。

あなたへ(2012年製作の映画)

3.0

高倉健追悼で観た映画。人生の終盤の生き方を考えさせられる映画。

ゼロの焦点(2009年製作の映画)

3.1

木村多江が印象に残っている。雪が舞う寒い悲しい映画の印象。

小さいおうち(2013年製作の映画)

3.2

当時を再現したセットが良かった。松たか子と黒木華の演技が良かった。

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年製作の映画)

3.0

メリル・ストリープの演技が圧巻。認知症に悩まされた晩年などサッチャー首相の人生がこれほど波瀾万丈とは知らなかった。日英協会試写会?

ダイアナ(2013年製作の映画)

3.0

あまり内容が印象に残っていない。日英協会でなく八丁座の記憶がある。

北のカナリアたち(2012年製作の映画)

3.0

北海道の分校の生徒の人生の物語だった気がする。あまりよく覚えていない。

武士の献立(2013年製作の映画)

3.1

両主役の演技が上手く、リアリティもあり良い映画。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.5

少し長く感じたが、当時の生活様式を忠実に再現している気がして良かった。

一枚のハガキ(2010年製作の映画)

3.0

新藤兼人監督の特集期間で観た。大竹しのぶの演技が印象に残ってる映画。

>|