htmgさんの映画レビュー・感想・評価

htmg

htmg

2017年〜

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

うまくいかなくてそれでも生活は続く…系の話といったらそれまでだけれど、登場人物、こんな人いるな〜とか撮り方や俳優の演技がすこぶるよくて、リアルさに嫌味がなくてそれぞれの心情が痛いほど理解できる、、>>続きを読む

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

3.8

生き方が好き。完璧主義で計画を立てるのが好きなところも自分と似ていて興味深く見ることができた。彼は美しい生活を、過剰な表現を使えば"命がけで"実行し、真心を込めて努力し続ける性質(あえていえば才能!)>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

最初から最後まで娯楽作品に徹してるのが良いけどやっぱり人がバンバン死ぬ(すぐミンチにする…)
ふわふわしているコリンファースは新鮮でかわいかった🦋

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

とても優しい映画だった

一見賢く大人びた彼女だけれどフランクがメアリーを連れ帰りに来たときわっと泣きながら「悲しくて、寂しかった」とぎゅっと抱きしめ合うところ、涙がでてしまう そうだよね "悲しくて
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

某人のレビューにすべてがかかれてあって何も言いたくないのですが、すずさんの目、体から見た世界を見ながら本当にあったことをちゃんと本当にあったこととして実感する、すごい映画だと思った

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

ミュージカルや台詞回しが嫌味なくて自由で映像も美しくてディズニーも悪くないと思った チップがかわいい ユアンマクレガー演じるルミエールも陽気で人使いがうまくてすき 聡明で勇敢で優しいベルはエマワトソン>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.7

これは紛れもなく愛のはなしだけれども感情移入せずとも良かった。というか、必要とせずとも見ていられる、キャロルとルイーズの表情に見惚れて台詞を聞き逃すことが何度かあったくらいには。1950年代のNY、曇>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.7

ゴッホについて考えるとやっぱり哀しくてどうしょうもないけれど彼の見つめていた絵の中だった人たちも糸杉も雲も空も風も、画面の中で瑞々しく動いているのがほんとうに素晴らしかった。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ピエロ倒す(物理)
深く考えようとするとものすごい闇を感じる部分があるけどちょいちょい挟まれる青春みたいなシーンがキラキラしていてよかった 少年少女がかわいい 彼らの親たち、大人たちも怯えて暮らしてい
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

虚しさだけが残った。ハモサビーチの夕焼けはただただ美しかったけれど。

花とアリス(2004年製作の映画)

3.2

この監督独特の現実なのに現実から浮遊したふわふわして淡くって時にやさしい毒針で刺さったような残酷な感じ 蒼井優がかわいい ずるい 良い意味で映像美とフェチズムがころころキラキラ流れている ”綿菓子みた>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.6

良い意味でのおたくのための映画だった。
憧れの偉人たちが想像そのまま生きている時代1920年代のパリ、宇宙からみたパリの光、雨の中のパリの美しさよ。マリオンコティアールとレアセドゥ、違った健康的な色気
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

1920時代アメリカを基にした街並み、服装、時代背景が感じられる映像はよかった。脚本はハリーポッターシリーズを見ていないと所々厳しくやや不親切。ほんとうにあの子を殺す必要はあったのか、今後続編があるみ>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.8

予定調和かと思えばそうでない部分もあり思っていたより楽しめた。
すごく雑な言い方、解釈をすれば時をかける少女のハッピーエンド現代版という印象
瀧くんがタイムループ?する間の表現がよかった。ただ、ただで
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

SFにしてはわたしには唐突にしてちょっと非論理的に感じる部分が大きすぎたので星3つ。原作が気になる。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

音楽と、エディレッドメインの演技が素晴らしい。佇まいや歩き方表情が何もかもほんとうにずっと本人を見ているきもちだった。若い頃はあんな感じだったのかなとも思う。
惑星の収縮運動を膨張する宇宙全体の歴史、
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

俯いた瞳、その黒い肌が照らし返す光の色、波の音、物語に起伏はあまりないけれど漂う余韻のようなときどき心象のようなものが映る撮り方がよかった。

黒人、ゲイ差別やいじめに触れられた作品だからアメリカで評
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

なんの前知識も入れずにみにいって想像していたものと全然違った、良い意味で。
家族とは社会の最小単位だ、と誰かが言っていたけれど、生きものとして生きることの本質やその喜びにただ純粋に従っていているのに即
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.6

どうしようもない環境やままならない現実の中でコナーが一貫して未来の方を見ようとしているのが良い、とくにギグのシーンのロックは最高だった。”お前は過去の人、俺は未来の男”
赤毛の小さなプロデューサーもう
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.2

たった1人の消失によってあらゆる種類の人間同士に関係が生じ交錯し合って様々な感情が生まれる。
それぞれの視点が丁寧に誠実に描かれていて高校という舞台装置がこんなに上手く使われた映画は他にないんじゃない
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後は地球を救うためと称した世界規模のテロに加担した人間が全員綺麗な?花火として打ち上がって死ぬ(BGM『威風堂々』)ところも含めてブラックユーモアが英国的で笑う。
ハリー・ハート(コリン・ファース)
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.2

私の家にはドアがない 私の家には屋根がない 私の家には窓もない 家は救いの港じゃない__

家族だから、境界がない
もはや理解し得ないのに血が繋がっているから、それでも愛しているから
無防備なまま近づ
>>続きを読む

>|