Rの法則さんの映画レビュー・感想・評価

Rの法則

Rの法則

主に忘備録として使います
最終的に淀川長治さんみたいになりたいですね。

  • 85Marks
  • 5Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

3.5

娯楽作です。
上戸彩が、要らなかった。。。

阿部寛は彫りの深さで、古代ローマ人と言われても納得のビジュアル。
阿部寛を主役にキャスティングできた事で、ほとんど出来上がっているような映画です。

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

-

『12人の優しい日本人』を観てからこちらを観ました。
元ネタの方も面白かった。アメリカならではというか、途中、人種差別の発言などもあってリアルだった。
弁護士や裁判の矛盾は撤廃されたものの、真犯人が一
>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

4.0

槍魔栗三助さんの髪型で出演すんの嫌だろうなあ〜笑
設定も面白くて、西田敏行演じる更科六兵衛さんが本当にいて欲しいとおもった。
とりあえず今からインド料理食べて車に轢かれてきます。

HANA-BI(1997年製作の映画)

4.1

生と死をテーマに、絵画のような映画でした。
西と堀部の二人が、それぞれ刑事を辞めた後の生き方はどちらも悲しい。
両方死んだように生きていて、暴力と笑いと絵でそれが伝わってきます。
冒頭の駐車場に書かれ
>>続きを読む

アキレスと亀(2008年製作の映画)

4.5

芸術に携わる者の一端として、観てる間ずーっと悲しくてやりきれなかった。
評価批評する側は偉そうにわかったフリをして物を言い、それに踊らされるように生きていく真知寿。
なんか自分もいつかこうなるんじゃな
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.8

新猿の惑星シリーズ2作目。
前作で森へと消えていった猿たちの10年後のおはなし。
シーザー人間すぎるわ。所作とか態度とか。ふつうに喋ってるし。
コバの気持ちも分かるんだけどね。
みんな仲良くして欲しか
>>続きを読む

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.6

吹き替え版だと『No!』が『やめろ!』になってて笑った。
自分がチンパンジーの研究をしてなくて本当に良かったと思いました。

みんな〜やってるか!(1994年製作の映画)

3.1

いい長尺のテレビコントを観た気分。
自分が物心ついた時には既に金髪で、アンビリバボーで所さんの頭を叩く人という印象しかなかったので、こういう発想、こういうボケ、こういう脳をしてる人なんだというのが知れ
>>続きを読む

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

3.9

本当に凶暴だった〜。
北野武初監督作品。暴力と笑いと虚無感だけで作られているような映画でした。
みんな若い。
長尺のカットが多々あり、セリフも極端に削られている。それがこの世界観を出しているのかもしれ
>>続きを読む

色即ぜねれいしょん(2008年製作の映画)

3.4

原作を読んで気になったのでレンタルした。
高校生の頃の、必死に背伸びして大人に見せようとする感じの絶妙なダサさ、甘酸っぱさみたいなのをよく描けていました。
ああいう素敵な青春時代でありたかったですね。
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.9

おい、ちょっと待てコラ
何レビュー見とんじゃコラ
お前らみたいなチンピラの三下に見られたくらいで、戦争にでもなったら誰が責任取るんじゃボケェ!

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.9

ドイツ映画ちゃんと観たの初めてだけど面白かった。
こんな騙される?というくらい騙されます。
途中完全に小島よしおのシーンがありましたね。
自分がインターネット詳しくなくて本当に良かったなと思いました。

あの夏、いちばん静かな海。(1991年製作の映画)

4.5

コレ映画館で観てたら多分泣いてたと思う。
今回は主人公二人が聾唖者役であることも影響して、台詞が徹底して排除された作りの映画。
映像、波の音、音楽、表情…
言葉はなくても色んなもので感情は伝わるんだと
>>続きを読む

完全なる飼育(1999年製作の映画)

3.9

シリーズものらしいですが続編は特に観る気はありません。
理由は今作で充分に満足したから。
女子高生を拉致監禁した竹中直人。しかし彼の言動や少女への扱いは非常に紳士的で、『完全な愛』が欲しいと呟く。
>>続きを読む

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.8

全部観終わってタイトルの意味が分かるという…出来過ぎだ。
のん、メイク濃すぎない方が絶対良いね。
もう1回見返して伏線を見つけたい映画です。

ソナチネ(1993年製作の映画)

4.2

『BROTHER』を観てから北野映画にハマり出して観てみました。
北野映画は淡々と人が死ぬ。
ソナチネでもそうです。
ただ、他の作品と比べて笑える部分が多かった気がします。
その殆どのシーンに寺島進が
>>続きを読む

理由(1995年製作の映画)

4.3

褒め言葉として、後味悪い映画。
殺人鬼役の演技力が凄すぎる。急に激昂する感じとか。
頭も良いし。
結局自分目を信じても、それが真実かどうかは別の話で、これから物事をよく考えないとな、と思いました。

ルパン(2004年製作の映画)

3.3

ルパン三世に馴染みのある日本人からしたら、アルセーヌ・ルパンのイメージはないかもしれません。
日本語吹き替えにすると次元大介役の小林清志さん、峰不二子役の増山江威子さん、クラリス役の島本須美さんが声を
>>続きを読む

BROTHER(2000年製作の映画)

4.6

寺島進がバスケをしているシーンが面白すぎる。
北野映画、これからたくさん見ようと思いました。
真木蔵人イケメン過ぎ…
音楽 久石譲、良すぎて…
アウトレイジでやっていた事をBROTHERでそのままやっ
>>続きを読む

K-9:はみだしコンビ大復活!(2002年製作の映画)

3.7

コメディ。面白かった。
警察犬と警察官。
引退後に事件に巻き込まれ年金の支給を差し止められる。
年金をもらう為、事件の真相を紐解いていく。
どんだけ洗濯してる言うねん!笑

セーラー服と機関銃(1981年製作の映画)

3.2

設定が結構メチャクチャでした。
少女マンガみたいな設定で、今では大御所俳優の若い頃が観れてよかった。

のぼうの城(2012年製作の映画)

4.1

長いけど面白かった。
大戦だと埋もれてしまうような人、成田長親(のぼう様)。
あの城で籠城したからこそこんな後世に残るドラマが生まれたと思います。
言葉も昔の言葉なんで、日本語字幕を付けて鑑賞をお勧め
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

4.0

原作読みました、ドラマ版も全話観ました。
板尾監督作品も全て観ています。

板尾さん、商業映画も撮れるのか。という印象。
120分の枠の中に、ドラマ版ではたっぷり時間を使えた、『物悲しさ』を感じさせる
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.4

ザ、ジャパニーズゾンビ映画。
見知った街中であんな風に暴れられたらたまったもんじゃない。
グロテスク描写がありますが、まだ耐えられる範疇じゃないかな、と思います。
原作も読んでいますが、他の実写映画よ
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003年製作の映画)

3.9

面白さにメーター全振りの作品。
スウィートボーイズのあのインディジョーズみたいな人が焦らな過ぎ。
最後のほうの歌も好き。

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年製作の映画)

3.9

個人的には泣きまではしないかな。
いい話なんですけどね。泣く人いても全然おかしくないよ。
面白いし、感動するし、五木ひろし。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.6

父親が吉田拓郎の大ファンで、今作を観る前からこの曲は何度も聴かされていました。
初めて観たのは11歳くらいで、なんか凄い話じゃーくらいにしか思いませんでしたが、今になって改めて観て観ると、泣かせに来と
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

4.3

泣かせにきている映画です。
これとオトナ帝国は、見終わったあと、小学校1年の時分に6年生にボコボコにされた後、くらい泣いていることでしょう。ビッショビショに。

ギャグ要素はもちろんあるのですが今作は
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!(2006年製作の映画)

3.5

多分、商業映画として成立させるために、ラストのサンバやアミーゴスズキなどを登場させたのでしょう。
中盤まで、所々「寄生獣」を彷彿とさせるような話になっています。
自分以外の人間は偽物なんじゃないか、と
>>続きを読む

>|