ヒライさんの映画レビュー・感想・評価

ヒライ

ヒライ

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

4.1

すごく重たい。
アクションシーンも迫力あったけど、ストーリー重視な感じだった気がする。

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.0

ストーリーはわりと重ため。
アクションシーンに圧倒されっぱなしの2時間ちょい。

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.0

三部構成の中で、ヤクザの立場の変遷に合わせて登場人物の心情や地位が変わっていく様が切なかった。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.8

言い回しが全体的に独特な印象。
色んな場面が2人の関係の伏線になっていた。
脚色はされているが、妙にリアルな感じが、心に刺さった。
2人の視点からテンポ良く話が進んでいくため、最初から最後まで引き込ま
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.9

新感染2作目。
色んな要素てんこ盛り+アクション全開
頭からっぽにして楽しめるエンタメ映画だった。
韓国映画のレベル高い。
ホラー要素は弱め。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.0

結末はなんとなく分かってたけど、
作画のクオリティ高くて感動した。
小学生からマダムまで幅広い層のお客さんがいたような気がする。

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.7

主人公の気持ちに共感できるかどうかで、評価が変わってきそう。
人間の闇の部分を凝縮したような映画。
心の中では思っても行動には移さないよね!って部分がリアルに描写されていた。
「その場しのぎの間に合わ
>>続きを読む

ブタがいた教室(2008年製作の映画)

3.4

実際、こういった授業するのは勇気がいりそう。
賛否割れそうな内容。

北村匠海に似てる人いるなーと思ったら、まさかの本人だった!

弱虫ペダル(2020年製作の映画)

3.6

前情報一切なしで鑑賞。
演出とか演技の感じが、(原作知らないけど)すごい原作に寄せてるんだろうなと思った。
THE 青春映画!

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.7

ドラマにハマっていた勢いのまま鑑賞。
ドラマ版のノリと雰囲気そのままで、ドラマのファンとしては大満足。
続編がもしあれば、また映画館に足を運んでしまいそう。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.8

主役が誰か分からないレベルで、ジェイソンステイサムとドウェインジョンソンが目立ってた!
新作にこの2人が出ないのは、ちょっと残念。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

展開が早くハラハラする場面が多い。
ブラックユーモア的なコメディシーン多め。
風刺的な描写多め。

ニオイの匂わせ。
一番怖いのは狂った人間。

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.7

舞台は病院。登場人物には銃持ったピエロ。
設定がサイコホラー感漂わせてるけど、かなりサスペンス要素全開の映画。

程よい緊迫感と終盤にかけての伏線回収。
そこに登場人物の心情描写も上手い具合に組み合わ
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.4

頭空っぽで観るのに最適な映画。
映像が綺麗。
話は単純明解。

ノック・ノック(2015年製作の映画)

2.8

一番怖いのは人間。ところどころブラックユーモア効いてて面白い。
観ててストレス溜まりまくるけど,男の人にはいい教訓になるかも。わからんけど。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.6

程よくゆるく観れる。
コメディと推理要素がちょうどいい配分。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.6

ファンタジー要素強め。
音楽と映像美のクオリティが流石のディズニー。
アクションとコメディ多めで男の人でも楽しめる作品だと思った。
感動して泣くような物語ではなかった。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.7

映画好きな人ほど、ハマりそうな映画。
映像の雰囲気とか音楽が80年代の感じ。

世界観にどっぷり浸かれる人とそうでない人とで分かれそうな作品。
社会に対してネガティブな感情を抱いている人ほど心動かされ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

松岡茉優の演技力が圧巻だった。
自分の脳内では口達者なのに、現実ではコミュ障な感じの演技が特に。
客観的に見てイタイなって思うような主人公の言動も、どことなく共感できてしまう。

天気の子(2019年製作の映画)

3.6

音楽、映像、演出が洗練されていて綺麗。
主人公が高校生ということもあって、一つ一つの行動や描写が若くて青い。
若くて青い登場人物に感情移入できるかどうかが評価の分かれ道だと思う。

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.0

視覚障害のある元警官が連続少女誘拐事件の解決を目指すというお話。
設定からして絶対面白いと思ったけど、その期待を裏切らない面白さだった。
サイコサスペンスものとして質の高い作品。
若干のツッコミどころ
>>続きを読む

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

3.5

実話とは思えないくらい、話がぶっ飛んでる。
思いつきで犯罪重ねていく感じは、なんとなくリアル。
「冷たい熱帯魚」になんとなく似てる。
誘拐・殺人・監禁と犯罪シーンのオンパレード。
しかしブラックコメデ
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.0

2年ぶり2回目の鑑賞。

目を背けたくなるくらいのリアルさ。
教育の闇の部分に焦点が当てられている。
親が子をぶつシーンは演技が上手いあまりに見てられなかった。
子供と向き合う立場にある人なら、必ず心
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.3

ワイルドスピード7作目。
これまでシリーズの主演を張ってきたポールウォーカー最期の作品。
ラストのシーンとかそれを考えながら観ると、じーんときてしまう。
see you againが一段と良い曲に聴こ
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.6

めちゃめちゃファンってわけでもないからかもしれないけど、言われてるほど悪いと思わなかった。
スタンドのCGもアクションシーンもスタイリッシュで良かった。
原作ひととおり知ってるくらいの自分は楽しめた。

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

4.2

前作のメガマックスに引き続き、ファミリー勢揃いで敵に挑む構図。
はちゃめちゃ過ぎて、そんなん無理やろと思いながらも、最後にはカッケーってなる映画。
スキンのマッチョに憧れる。
ずっとアクセル全開な映画
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.2

ワイルドスピード5作目。
序盤のカーチェイスから飛ばしまくり。
そしてめちゃくちゃテンポが良い。
びびるくらい、展開が早い。
観ててワクワクが止まらない。
ドウェインジョンソン好きになる映画。

ブレインデッド(1992年製作の映画)

2.5

ツッコミ所多過ぎて、コメディ映画かと思った。
グロいB級映画が好きな人は楽しめるかも。
もはやB級通り越してC級くらいのクオリティではあるけど。。笑
外国のホラー映画って、芝刈り機で人を刈りがちな気が
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.5

車好きの為の映画のように思えた。
ワイスピシリーズのストーリーを追うだけなら、あらすじ読めばいいかなと感じた。
車好きだったらスコアもっと高いのかも。

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.3

知的障害があり精神年齢が7歳の中年男サム。
7歳になろうとする娘と二人、幸せに暮らしていたが、養育能力がないとの判断から引き離されてしまう。。

主演の演技が本物かと錯覚するくらい上手い。
それだけで
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

4.2

アクション全振りのような映画。(褒め言葉)
迫力あるアクションシーンの連続。
頭からっぽで観れる。(褒め言葉)
ワイルドスピードシリーズ一回も観たことなかったけど、かなり楽しめた。
主役2人の、男の憧
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.2

舞台は第二次世界大戦前の日本。
新たな戦艦の製造権を巡った、日本海軍内部における対立が描かれている。

時代背景や登場人物の人間関係が分かりやすく描写されている。
役者陣の演技力とCGのレベルの高さも
>>続きを読む

>|