ふーたらさんの映画レビュー・感想・評価

ふーたら

ふーたら

映画(261)
ドラマ(0)

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.9

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」で、バッサバッサ、ゾンビをなぎ倒すカッコイイ、マ・ドンソクを観てから、ずっとファンになっていました。

で、気付い
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

3.2

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

この手のドキュメンタリーって、観てて辛いね。
目を背けちゃいけないんでしょうが。

ちなみに、このマシュー・ハイネマン監督の作品ですが、2019年に「
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.3

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

結構、面白かった。ような気がする。

2018年に劇場で観た映画の中で76位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で、複数回鑑賞
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.2

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

地元の名画座、小倉昭和館で「ヒトラーに屈しなかった国王」と2本立てで、もともとこっちの方を目当てで鑑賞。
「女神の見えざる手」や「モリーズ・ゲーム」で
>>続きを読む

ヒトラーに屈しなかった国王(2016年製作の映画)

3.0

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

地元の名画座、小倉昭和館で「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」と2本立てで鑑賞。
鑑賞当時の記録として、3.0点なので、そこそこ面白かっ
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.4

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

この手の在日人情ものって涙腺を刺激しがちなんだよね。
役者陣が良かった。

2018年に劇場で観た映画の中で59位(148本中)です。
本数は新作、お
>>続きを読む

MIFUNE:THE LAST SAMURAI(2015年製作の映画)

3.5

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

日本のレジェンド「三船敏郎」を知る1本。

2018年に劇場で観た映画の中で42位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で、複数
>>続きを読む

残された者-北の極地-(2018年製作の映画)

3.4

墜落して、1人生き残った几帳面な主人公が、魚を釣って、SOSの文字を地面に掘って、救助信号を発信すると言う、日々のルーチンを守って生活をしていたところ、やっと救助に来てくれたヘリも目の前で墜落、ほぼ危>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

スゲーよ。この映画。怖ーよ。
学の無い私は、この事件を知らずに観ちゃいました。
でも、結果的には無心で観れて良かったよ。コレ。

あの「セッション」と
>>続きを読む

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬(2018年製作の映画)

3.9

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

スゲーよ。この映画。
正確に言うと、写真家・鋤田正義さんがスゲーんだけどね。

って言うか、中学や高校の時に胸躍らせてた、ロックスターの写真って、ほと
>>続きを読む

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

3.2

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

なんか、イマイチ盛り上がりに欠けた感じだったような。

2018年に劇場で観た映画の中で94位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

3.5

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

午前十時の映画祭にて。

2018年に劇場で観た映画の中で42位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で、複数回鑑賞も1本で計算
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.2

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

「超高速!参勤交代」等の本木克英監督で、池井戸潤さん原作ものです。
良い意味で期待通りって感じの1本。

2018年に劇場で観た映画の中で94位(14
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.2

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

期待していたよりは、全然面白かったんですけど。

2018年に劇場で観た映画の中で94位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

完全にツボにはまった、メチャクチャ泣ける1本。

主役のオギー君は、なんと、あの「ルーム」のジャック君なんですよね。
そう思うと、それだけで目頭が熱く
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.4

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

地元、北九州市の文化大使でもある羽住英一郎監督の大迫力の1本。

まあ、お話し的には、凄腕メカニックの東出昌大さんの兄と、筋肉バキバキの天才ドライバー
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

2.3

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

舘ひろしさんは、変わらずの格好良さ。
なので、「終わった人」感がイマイチ伝わらないのよね。

都市銀行から、関連子会社の役員に天下って、嫁は黒木瞳さん
>>続きを読む

こころに剣士を(2015年製作の映画)

3.4

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

北九州映画サークル協議会の上映会で鑑賞。

いや~、良い映画でしたよ。
本当は、もっと時代背景などを勉強して観れば、もっと良かったかもね。

2018
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

安定の是枝裕和監督の映画。
第71回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを獲得した1本。

それだけ話題になっただけに、外野が色々と騒ぎ立てていた
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

3.7

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

午前十時の映画祭にて。

2018年に劇場で観た映画の中で25位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で、複数回鑑賞も1本で計算
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.3

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

キレイな映像で、ズッシリとくる内容。
良い映画でした。

2018年に劇場で観た映画の中で76位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑
>>続きを読む

ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命(2016年製作の映画)

3.0

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

私には、ピンと来なかったかな?

2018年に劇場で観た映画の中で118位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で、複数回鑑賞も
>>続きを読む

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

3.4

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

未だに根深い問題ってことが分かる1本。

2018年に劇場で観た映画の中で59位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で、複数回
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.3

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

笑いと涙と友情と。良い映画でした。

2018年に劇場で観た映画の中で76位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で、複数回鑑賞
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

大好きなヒーローもの。
デヴィッド・リーチ監督って、アトミック・ブロンドと、ワイスピのスーパーコンボも監督してるんだって、さらに、ジョン・ウィックシリ
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.6

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

緊張感のある、面白い1本でした。
ダニエル・デイ=ルイスって、まだ60歳ちょっとじゃね。
アカデミー主演男優賞を3回も受賞してて、これが引退作って。ま
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.1

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

いつもながら、ミシェル・ウィリアムズはいい味を出しています。
こんないい女優さんの報酬が10日間で800ドルなんだって。(Wikiより)
安定のクリス
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.9

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

いまいち、お話しのついていけなかった。

2018年に劇場で観た映画の中で128位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で、複数
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

3.2

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

この映画観るの何回目だろ。
でも、毎回中盤からの記憶が全く無い感じ。多分寝落ち?
私の、にわかシネフィルとしてのリテラシーが問われる1本。

2018
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

かなり面白かった。
役所広司さんもスゲーけど、松坂桃李さんも負けてないね。
後半の松坂桃李さんには、シビレました。

2018年に劇場で観た映画の中で
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.4

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

それぞれの巨獣の大きさが、ちょっと微妙な気もしましたが、面白かったです。
ドウェイン・ジョンソンの映画って、内容的にどうのこうの言わせない説得力がある
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

4.1

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

「イップマン」シリーズって、色々あるけど、ウィルソン・イップ監督でドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリーズが正統と信じています。
この前に、「イッ
>>続きを読む

狂い咲きサンダーロード(1980年製作の映画)

4.0

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

石井聰亙監督の伝説的映画。
今観ても色褪せない。

泉谷しげるさんの曲も、PANTA&HALの曲も最高で、爆音で、十分に堪能しました。

2018年に
>>続きを読む

ゾンビ-日本初公開復元版-(1979年製作の映画)

3.2

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

伝説のジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」。
今観ると、ちゃちな気もしますが、今回は爆音ってことで、十分に堪能しました。

2018年に劇場で観た映画
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.4

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

面白かった。と思う。

2018年に劇場で観た映画の中で59位(148本中)です。
本数は新作、および準新作の劇場鑑賞本数で、複数回鑑賞も1本で計算し
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.5

今更ながら、2018年の鑑賞作品の整理として。

いかん、お話しを全く思い出せない。
全然頭に入んなかったよ。ごめんなさい。

2018年に劇場で観た映画の中で142位(148本中)です。
本数は新作
>>続きを読む

>|